FC2ブログ
本日(月曜日)は、打ち合わせで出かけ、昼食はついでに新横浜の清宏楼へ。
13時前の入店で、案内された隣のテーブルでは、近くのオフィスに勤めているのだろうビジネスマンのグループが、食事後の会話を楽しんでいます。若い人が多いグループなので、話のテンポが良くて、隣のテーブルで聞いていても面白い。

「仏様と天理様では、どちらが偉いのだ?」という難しい論議をしています。
すると、
「北枕は、宗教的にはタブーとされているが、科学的には、良いこともあるらしい」
という話になり、
「レオパレスからレオパレスに引っ越してみ。自分がどちらを向いて生活しているか、解らなくなるから」
とのこと。何でもファブリーズの向きまで同じなのだとか。で、
「この前、IKEAに行ったけれど、飲み物が50円で、ホットドッグがいくらで…」
という話になります。なんでも、目覚まし時計を300円で買ったのだとか。

考えてみると、こういう会話で出てくるネタというのは、自分が喜んだか、憤慨したかという話題が多い。
でもこれって、案外馬鹿に出来ないフィルタリングになっているのじゃないかと思うのですね。
私たちが今、最大の情報源としているのはインターネットでしょうが、この情報供給のパターンは、フィルタリング機能が脆弱で、案外使えない情報ばかりが殺到してくることが少なくない。そこへ行くと、この昼食談義には、、話題になった時点で一定の価値があると考えることができるわけです。

私たち「専門」と呼ばれる種族は、特にフリーの人間って、単独行動が原則ですから、こういうコミュニケーションが案外不足している。そういう傾向がある。もちろん、情報を得る努力はしていますけれど、サンプリングがないと、情報の収集パターンがワンパターンになって、価値が下がっている可能性がある。

すると、もっともっと、とにかく人と話をする機会を作らなければいけないということになります。私は、別にもう一度サラリーマンをやっても構いませんけれどね。収入が良くなるのであれば。それはともかくとして、情報の集め方について、もっとバラエティをもたせなければいけないのだろうなと、そんなこと思わされた昼食となりました。話し合いをするとはいえ、仏様と天理様のどちらが偉いのかは、難しい問題で、簡単には解決できないとは思いますが。

で、こんなことを書いているなら、打ち合わせで指示した原稿の直しを早くやれ。などと言われるようなことがもしあれば、私にとってはそちらの方が問題になったりするわけではあります。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/875-d36f2000