横浜市内の鶴見まで打ち合わせに出かけたついでに、京浜急行の鶴見市場駅で途中下車してみました。

f:id:railtravel-navi:20101224150818j:image

ほめられた写真じゃないので、小さめ。でも、もう少し早い時間に行って、カメラもきちんとしたものであれば、もう少しきちんとした写真が撮れそう。iPhoneしか持っていなかったのが残念。残念って、胸のポケットに入れていた受話器で撮影しているカメラマンも、褒められたものではないけれど。

駅前に出ます。


f:id:railtravel-navi:20101224150310j:image


鉄道模型専門店。はやぶさ健在。このお店には、子供の頃から何回来ただろう。まあ、それほどの数ではないけれど。

子供の頃から、ずいぶんと、このお店のおばさんに叱られた。模型の作り方などで。昔の小売店というのは、それがお客さんでも、子供でも、叱る時は叱った。今は?量販店のおねーさんは、そもそも商品知識がないから、叱ることも、おだてることもできない。それもご時世。

お店の中を覗くと、今でもHOの車両が並んでいる。きっと、また買い物に来よう。子供の頃には、ここに並んでいる車両が欲しくて欲しくて。でも、高くてとても買える値段ではなかった。あの頃は。

懐かしいのは、京浜急行の駅案内の看板が掲げられていること。これは昔のタイプ。電光式で、夜はこれが光るのですね。今使われている案内看板は、ただの看板になってしまったけれど、昔は国道沿いの、駅の入口などに、この看板が立っていて、夜は光っていたわけです。私は京浜急行が好きだったから、この看板でさえ、自慢したい気持ちになる存在でした。

そして↓が、鶴見市場で一番有名な場所。毎年必ずテレビに登場します

f:id:railtravel-navi:20101224145804j:image

駅のすぐ近く。さて、何でしょう?コンビニの写真を撮ったわけではありません。

ここが、「箱根駅伝」の鶴見中継所です。写真の場所は上り車線ですが、下りであれば、毎年1月2日の9時頃に、ここが写されるわけです。私は、1年のうちで1月2日がいちばん好き。開放感があって。

また、鶴見中継所がテレビに登場する日が、もうすぐやって来ます。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

*池口英司へのコンタクトはこちら

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/553-87ba0024