FC2ブログ

f:id:railtravel-navi:20081029220100j:image 

これまで、このブログは「旅日記」と題していながら、箱根のコテージなどを除けば、「旅していない日記」でありましたので、それを反省し、近場への鉄道旅行を敢行することにしました。近場と言っても魅力あるポイントはたくさんあり、逆に魅力の無さそうなところに魅力を見つけるというのも出かけ甲斐のあるものですが、そうなるとすべての路線が魅力ある目的地となり得る。まあ、そうは言っても、第1回のことですから、それなりの所に出かけたいと考え、都電荒川線に出かけてみることにしました。

 都電荒川線は、現在、東京都電(東京都交通局)で残っている唯一の路面電車です。東京に路面電車が開業したのは古く、明治36年に、私鉄である東京馬車鉄道が、動力を馬から電気に改め、「東京電車鉄道」と改称したのがそのルーツとされています。同じ年には「東京市街鉄道」が、その翌年には「東京電気鉄道」が開業し、東京の路面電車は3社てい立の時代を迎えます。その後、合併、東京市による買収という歴史を経て、最盛期には総延長217kmという規模に発展しました。総延長200km超といってもピンとはきませんが、東京から東海道線に乗って、およそ100kmの地点が熱海です。つまり、最盛期の東京の路面電車は、路面電車の線路だけで東京と熱海を往復できるだけの長さがあった。これだとかえって解りにくいかなあ。

 昭和30年代後半以降は、路面電車は受難の時代を迎えます。道路の真ん中を走る路面電車は、自動車の通行の妨げとなるというのが、その主な理由と聞いています。昭和39年秋の、東京オリンピック開催も一つの契機となりました。オリンピックまでに街をきれいにしたいというのがその理由で、古くから東京の街を知る人は、オリンピックをきっかけにして、東京は姿を変えてしまったと嘆きます。

 その後、路面電車の廃止が相次ぐわけですが、運良く、かつての27系統と32系統が合併する形で残り、荒川線を名乗って今日まで残る形となりました。

 さて、この荒川線を旅するには、どういう行程が良いのか。出発点は早稲田として、三ノ輪橋を終点とすることにしました。何度も乗り降りを繰り返すことになるでしょうから、都電一日乗車券を購入することにしました。これは都電を一日何回乗り降りしても400円ですからお得。都電の車内で購入することもできます。


 横浜から東横線で渋谷に出て、山手線、東京メトロと乗り継いで早稲田に到着。いよいよ都電の旅が始まります(う~ん。まだ旅が始まらない)。

<明日へ続く>



*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/26-1e5bc564