FC2ブログ

夕方から江ノ島に行ってきました。

今回はキスデジタル(初代)を持っての撮影です。たしかこのカメラは有効画素数は600万だったかな。

最近のコンデジに比べれば半分の数値です。


↓まず江ノ島入口

f:id:railtravel-navi:20090523195259j:image


ISO感度は1600相当にしています。やっぱり荒れが目立ちます。そうすると、先日のコンデジの写真だって、そう悪くはないのかもしれない。「普通の人」であれば、十分に満足するのではないでしょうか。

次は海。


↓やはり荒れが目立ってしまう

f:id:railtravel-navi:20090523195915j:image


荒れ荒れの画面を見ていると、新聞の写真みたいで、ストレスが溜まります。

次はISO感度を400にしてみました。


↓これくらいなら「見れる」と思います

f:id:railtravel-navi:20090523200829j:image


こういう「静的」な写真は、やはり画質がものをいうようです。

同じくISO400相当で…


↓江ノ島駅

f:id:railtravel-navi:20090523202504j:image


これはもう、先日の写真とは雲泥の差が感じられます。やはり超高感度での撮影というのは、あちこちに無理があるようです。先日はフォトショップで黒を潰して画面を「締め」ましたけれど、今回の江ノ島駅の写真は、少しハイライトを暗くした程度。シャドウを明るくすると、夜景なのに締まりがなくなるように感じます。もう1枚分岐器の写真。ハイライト、シャドウともに手は加えず、少しコントラストを高くしました。


↓分岐器(つまりポイント)

f:id:railtravel-navi:20090523202650j:image


やはり、デジタルカメラでも撮影の基本的な部分は変わらないようです。それでもコンデジも悪くないと思ったのは、いたずらする気持ちで写真を撮る気持ちになれることでしょう。遊びの感覚。身も蓋もないような言い方をすれば「お腹が空いていればインスタントラーメンだって美味しい」ということでしょうか。ただ、ずっと記録を残しておきたい写真を撮るのであれば、デジイチにしておいた方が、後悔することが少ないとは思います。現状では。

もちろん、デジイチもコンデジも、これからさらに進歩するでしょう。凄い勢いで。

私が今回試したことなど、すぐ無意味になるのでしょうね(←経験から)。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/230-c8498484