FC2ブログ
1021AFB.jpg

★上の写真は長野県を走る上田電鉄の上田~城下間。今から2か月前の撮影です。千曲川に架かるこの橋は、上田電鉄の名所の一つとなっていましたが、先日の台風19号による水害で、崩壊してしまいました。現在、上田電鉄は途中の下之郷駅と終点の別所温泉駅の間でのみ運転が行われているとのことですが、路線の奥の側での区間運転のみでは、ほとんど需要がないかもしれません。一日も早い全線の復興を祈るばかりです。

★いつの頃からか、災害が起こるたびに、鉄道の存亡が取りざたされるようになりました。本当は鉄道こそが、地域の発展のシンボルだったわけですが、乗用車の普及ですっかり鉄道の存在価値が低下してしまいました。鉄道が好きな身としては、これ以上、全国の鉄道が数を減らすことのないよう、これもまた祈るばかりといったところです。

★このような大きな災害が発生すると、一企業の手による復興は困難を極めます。まずは国がこれを手助けし、一日も早い復興を図るべきでしょう。これもいつの頃からか、政治の目は鉄道を見捨て、航空機と自動車ばかりに向けられるようになってしまいました。けれども、この二つの乗り物とも、誰もが気軽に、あるいは高齢者自らが、気軽に利用できるものではありません。ヨーロッパでもローカル線は運転本数を減らしていますが、その多くが1時間に1本程度の運転本数は確保し、地域もそれを基盤として、活動が行われているように感じます。日本という国は、本当に弱者に冷たい国になってしまいました。

★思えば、この上田電鉄にしても、昔はもっと数多くの列車が運転され、各駅にも活気があった。それが凋落してしまったことを、単に車のせいだけにはできないような気がします。


スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/2077-f789f83e