FC2ブログ

 京浜急行で踏切事故が発生しました。私は、朝から取材で外出しており、仕事の先輩が携帯に電話をかけて教えてくれたのですが、何しろ外にいましたので、何も知らずにいました。

 今、解っていることは、事故で亡くなった方がいて、多くの方がケガをしたということです。
 鉄道の出版社に在籍していた頃から、事故が起こると、やり切れれない思いに陥っていました。事故は、誰も起こしたくて起こすものではない。当たり前のことです。けれども、マスコミは必ず悪者捜しをする。大きなメディアであるとか、地位が高いとされている人ほど、大正義を振りかざし、自分の立場は何を言おうと安全なので、弱い者を犯人にしたがる傾向があるように感じていました。それが何ともやり切れなかったのです。

 今回は踏切事故ですから、鉄道会社に非はない。こう書くと突っ込まれますが、踏切事故とは、鉄道会社側には不可抗力的な所があります。もちろん、事故を未然に防ぐために、線路を立体化して踏切を無くし、残された踏切にも、様々な保安装置をつけているわけですが、なかなか事故を撲滅することはできずにいます。

 直接的な過失はトラックの運転手にあったわけですが、その方は亡くなり、また運送会社も、これからの様々な事務手続き、補償、そのほかが大変なことでしょう。もし自分が会社の代表者であったなら、途方に暮れてしまうかもしれません。運転手さんにも家族がいたことでしょう。

 そのようなことも、忘れずにいなければならないと思います。単に鉄道会社を悪者にして、正義を振りかざしてすぐに他の話題に写るマスコミのいやらしさ。いつもそれを見せつけられてきたから、事故が起こるたびに、いやな気持になっていました。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/2061-6cd063b2