FC2ブログ

 10月13日のテレビ東京「アド街」では、東京の三ノ輪を採りあげていました。
 三ノ輪は、私も好きな場所で、番組は途中まで見ていたのですが、実際にはあの街も、昔に比べて少し寂しくなっている。テレビの旅番組は、そういうことは採りあげませんから(それは旅番組の役割を考えれば当然のことなのですが)、実際の街の様子を少しだけでも知っていると、テレビの「良い所だ、楽しい所だ」という論評が、物足りなく感じられることもある。

 下の写真の左手に写っている煎餅屋さんは、もちろん昔はやっていましたが、今はシャッターを閉めっぱなしになっています。三ノ輪の駅前には、他にも最近になって閉まった店があり、老舗のはずなのに、と、寂しい思いをしたことを覚えています。

 日本中がコンビニとチェーン店ばかりになって、その街の老舗が消えてしまうのは、やっぱりつまらないことです。チェーン店ももちろん、あって良いのだけれど、これだけそこらじゅうに溢れてしまうのも、つまらない。だから本当は、お客さんが老舗を守らなければいけないのでしょうね。その方法を見つけなければいけない。
 
 ああ、なんだか、「つまらない」と「いけない」ばかりの文章を書いてしまいました。それこそ、これではいけない。

 心に留めておけば、きっと何かが見つかるはずです。

1013三ノ輪_convert_20181013223704


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1930-c2db2bb2