FC2ブログ

0827おうみ_convert_20180827210653









 






 先日、豊橋の駅弁の写真をアップしましたけれど、これもその時に撮った1カットです。近江八幡の参道に面して建っていた木造3階建ての建物。フォトレタッチソフトで、モノクロ風にしてみました。
 昔は旅館だったのでしょうか(いや、この時も現役だったかもしれない。窓はきれいだし、きっとそうだ)。
 伺った話では、ここでも人口の減少が急で、不動産を持っている人も、高齢化で土地を離れ(子供、孫と一緒に住むのかな)、やがて昔住んでいた建物が老朽化すると、維持ができなくなって、建物を壊してしまうことが多いらしい。そうして、街の姿がどんどん、味気のないものとなってゆく。この建物も、維持は大変なのでしょう。
 街を案内してくれた方からは「池口さんも、ここに住んで下さい」と言われました。「仕事がありません」と答えたら、「ありますよ」との答え。もちろん、何かの当てがあってそう言われたのではないでしょうけれど、探せば何かあるのだとは思います。そういえば、東京を離れたあるサックス奏者が、小海線の岩村田に引っ越したら、「でも、仕事はありました」と言っていたっけ。
 こんな大きな家に住めたら、鉄道模型の大レイアウトが作れるかな?でも、それを始めると、生活が「またおんなじ」になってしまうのだろうなあ。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1912-a0507427