FC2ブログ

 昨日は新宿でカルチャースクールの先生を務めて、3人のお客様とお話。相変わらず、池口さんは集客力がないのだが、声がかかる間は、努めよう。
 帰り道に新宿の模型店「模型ファクトリー」に寄り道。昨日は凄かったぞ。お店がお客さんでごった返していて、しかも半分、は無理にしても、4割は女性のお客様だったのだ。店内のワークショップで、何かを作っていた女性連れもいたぞ。スマホで写真に撮りたかったなあ。
 やはり女性のお客様が、店員さんに「どの紙粘土が良いのか?」という質問をした時の、店員さんの応えも、聞いていて快感があった。ざっというと
 「お客様それぞれで、みな違います。お客様が手にしているその紙粘土は硬化が早いのですが、その代わり、外が早く乾いてしまうので、内側がいつまでも湿ったままの状態で保たれる性質があります。紙粘土は、一度開封したら、使い切らないと日持ちはしにくいものなのですが、その粘土は中が乾ききらない性質を逆用して、延命させることもできます。乾いた外側を取り除いて、内側部分に水を加えることで、ある程度ですが、再利用することができます。」
 本当はもっと仔細だったのだけれど、ざっと言うとこんな感じ。それをソフトに、でも立て板に水で説明する。これはこの店員さん自身が模型が好きでなければできない説明。量販店の女性店員さんには、なかなかいないぞ。
 これだけ女性がいるのだから、そのうち、鉄道模型のジオラマをガンガン作る人だって現れるはずだ。あるいは、「竣工直後の赤城」を作る女性だって出て来るかもしれない。
 このお店には、「墨入れの塗料の違いによる仕上がり具合の違い」(これは本当にじっと見比べないと解らない。で、どちらもやってみたくなる)を説明する展示や、1/35くらいだろうか、現代の女子高生を模したフィギュアなんてものも飾ってあって、この女子高生は、目元と顎の先では、ちゃんと肌色の色合いが違う。単に「フレッシュ」を一色塗りしていれば良いというわけではないのだな。
 ここまでやらなければ、いけないんですよ。模型店は、どうせ売れないなどと、ふて腐れている場合ではないぞ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1895-51b14c51