大井川鐡道3月22日発のプレスリリースです。
4月21日に、3回めとなる「長距離鈍行」列車が運転されます。
(一部当方で文字の位置を変え、着色しています)
-------------------------------------------------------

                   2018年3月22日

長距離鈍行 第3回目は日豊本線(大分→都城)を妄想乗り鉄
ドカ停も設定 総乗車距離「223.2km」 総乗車時間「11時間29分」の旅について来られますか?

大井川鐵道(静岡県島田市)は2016(平成28)年4月と10月に実施、鉄道ファンの間で話題になった「総乗車距離 223.2km」の長距離鈍行列車を以下の要領で3回目の実施を計画しております。機関車・客車とも貴重な車両を使用して新金谷~千頭を3往復、鉄道ファン、特に「乗り鉄」と呼ばれるみなさんへの提案です。今回は妄想先を大分県・宮崎県の国鉄日豊本線(大分~都城)と設定。車内放送も国鉄日豊本線の駅名をアナウンスし参加者の妄想感を演出します。詳細は以下のとおりです。

1. 運転、申込みについて

運転日
2018(平成30)年4月21日(土)
運転行程
(駅名かっこ内は日豊本線のイメージ駅)

1往復目
新金谷駅発 (大分)9時15分→10時47分千頭駅着(臼杵)
千頭駅発(臼杵)11時13分→12時35分新金谷駅着(佐伯)
2往復目
新金谷駅発 (佐伯)12時57分→15時17分千頭駅着 (日向長井)
千頭駅発 (日向長井)15時36分→17時00分新金谷駅着 (日向市)
3往復目
新金谷駅発 (日向市)17時18分→18時52分千頭駅着(宮崎)
千頭駅発(宮崎)19時25分→20時44分新金谷駅着(都城)

妄想列車
1975(昭和50)年 日豊本線を運転していた大分発→都城行 普通列車527列車をイメージ・妄想します
旅行代金
大人1名 12,000円 小人1名 7,000円 (新金谷~千頭~金谷 2日間有効乗り降り自由ツアー専用乗車券、おやつ、保険料)
募集人員
80名(最少催行人員35名)※予約制
申込方法 結果通知
大井川鐵道㈱公式HPから事前申込フォームで受付。 応募多数の場合は抽選。ご当選の方にのみ4月5日(木)メールにてご連絡いたします
受付期間
2018年3月30日(金)9時00分 ~4月1日(日)23時59分まで
問い合せ
大井川鐵道㈱企画部 (電話 0547-45-3818 受付9時00分~17時10分、平日のみ)

補足
・最終が新金谷駅到着後、大鉄金谷駅まで臨時電車を運転します(新金谷20時50分発)
・全行程ご参加いただいても、途中離脱されても結構ですが、列車はツアー参加者のみのご乗車です
・1回目は純粋に大井川鐵道の長距離鈍行列車に乗ろう、2回目は国鉄予讃本線(多度津~八幡浜)の乗車を妄想して行いました
・223.2キロの具体的なイメージを持つために・・・ 金谷駅から東京方面に移動すると京浜東北線 王子~東十条間(東京都)、名古屋方面に移動すると東海道本線 近江長岡~醒ヶ井間(滋賀県)となります

2. こだわりの列車~国鉄時代の鈍行列車にこだわります

車両編成 機関車
1949(昭和24)年、大井川本線電化時から在籍する古豪E101を使用予定。車両両端のデッキは昭和時代の電気機関車の特長。汽笛はホイッスルタイプです
客車
旧国鉄の旧型客車4両。千頭方面から①スハフ42 186 ②オハ35 22 ③オハ35 459 ④オハフ33 469を予定しています
座席
オール・ボックスシートです。4両で84ボックスありますので定員から考え、およそ1人で1ボックスが使用できます。全車自由席
ダイヤ
昭和時代長距離鈍行列車の名物「長時間停車」(通称 ドカ停)があります。今回はなんと45分のドカ停あり。土曜日の昼下がり、のどかな駅でゆったりと流れる時間をお楽しみください
おやつ
2往復目 往路車内ではおやつを配ります。昔ながらの素朴な味わいが人気の知られざるベストセラー「東海軒のサンドイッチ」でもぐもぐタイムをお過ごしください
弁当
特別に静岡駅で販売している駅弁のご購入ができます(オプション販売 昼食:親子めし、夕食:幕の内弁当、要予約、販売元 東海軒)

鉄道サウンドにもご注目を。電気機関車の重々しいモーター音、レールの継ぎ目を通過する際のジョイント音。車内の放送チャイムは国鉄時代によく聞かれた「ハイケンスのセレナーデ」 細かいところにもこだわります
車窓
車内アナウンスは日豊本線ですが、風景は間違いなく大鉄沿線・・・ここは細かいことにこだわらず、昼間から薄暮、夕暮れ、夜と移りゆく様子をご覧ください
その他
・一部の客車内広告スペースに「いい旅チャレンジ20000km」のポスター2種類を掲出
・横サボをご持参いただければ停車中に取り付けて写真撮影をどうぞ


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1882-e561e2fa