ここのところ、「模型を作りたい」病が発病し、まあ、発病などというと大げさですが、鉄道模型を作りたいという気持ちの波が押し寄せ、これは私の場合、定期的に襲ってきて、そしていつの間にか引いていくというものなのですが(そうやって、あれをやったり、これをやったりしているから、どれもまとまった形にならない)、ともあれ、木の板と、棒を買ってきて、軽便風の機関庫の製作を初めてみました。

 考えてみれば、この遊びも、もう50年から続けていることになります。それは模型の本作りという仕事には結びつきましたけれど、作品のようなものは、ほとんどできてていません。その悩みを模型店の店主に打ち明けたら、「趣味なのだから、それで良いじゃないですか」と答えられ、そうなのかもしれませんね。そして、皆、そうなのかもしれない。

 この模型作りについても、少しまとまった記事を作りたいという気持ちは、頭をもたげています。そんな気持ちで写真をまずフェイスブックにアップしたら、友人から、「プラモデル作っているんだねー」という電話が。
違います~。これはスクラッチビルドといって、すべてを素材から作ってゆく、高尚な模型なのだと。ま、写真で見るかぎりでは、何もそんな感じには見えませんが。

きかんこ4_convert_20180305225740


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1868-89999a43