10月の3連休は箱根で過ごしたわけですが、その往路には、初めて小田急ロマンスカーを使ってみました。これまでは車利用ということが多かったのですが、今回は土曜日の15時過ぎまで、新宿でクラブツーリズムの講師の仕事をしていたものですから、渡りに船という感じで特急電車の利用です。前日に、現地に先に赴いている友人には、「16~16時半の小田急に乗るから」とメールしてあります。

 講義を終え、参加して頂いた方と、少しおしゃべりをしてから小田急の新宿駅へ。駅には15時30分過ぎに到着しました。すぐに発車する特急があったのですが、これは使用車両が「EXE」でしたから、あえて出発を遅らせて、16時10分発の「はこね39号」の切符を取ります。これは50000形「VSE」。もちろん「EXE」も悪くないのですが、小田急「ロマンスカー」には地元であることもあってあまり乗る機会がないものですから、どうせなら最上位クラスの「VSE」に乗ろうという算段です。もちろん、急行に乗っても、到着時間に変わりがあるわけではなく、30分待つくらいなら、さっさと急行に乗ってしまった方が、現地には早く着くわけです。このあたりは、小田急ロマンスカーが今、どうなっているのかを見ておきたいという好奇心のようなものも働いているわけです。

 3連休の初日とはいえ、少し遅い時間ということもあってか、切符は無事取れました。新宿発車時にはほぼ満員です。
 「はこね」の停車駅は、途中、町田と海老名、小田原です。町田を出ると、車内がガラガラになりましたから、新宿から町田までであれば少しの特別料金(特急料金=370円)を払ってでも、ゆったり座って行きたいと考える人がかなりいるということでしょう。

Ok2.jpg
町田を発車した後の車内

 海老名を発車してから、車内販売のコーヒーを購入。250円なりで、新幹線のコーヒーより少し高いのですが、こちらはクッキー付きです。
OK3.jpg

 ワゴンをちょっと見ますと、小田急ロマンスカーの車内販売では、実に他品種の品物の販売が行われていることが解りました。
OK1.jpg
















 きっと、家族連れなどで、箱根に向かうとき、この車内販売でお弁当や、飲み物などを買うのは、すごく楽しいでしょうね。これだけの品数があるのだし、車内販売のワゴンも、頻繁に回ってきてくれます。
 これが「看板列車」に乗ることの楽しさなのだと感じました。「ロマンスカー」は新宿から箱根湯本まで、1時間20分あまりで到着してしまいます。ですから、車内販売をしても、どれだけの売り上げがあるのか。特にこのご時世でもありますから、その額は大きなものとはならないはずです。それでもロスが出るのを承知で、これだけの品数を扱い、車内販売が続けられている。それは小田急という会社が「ロマンスカー」の価値を、とても大切なものと考え、それが落ちてしまうことがないよう、頑張っているのだと、そう感じました。それは鉄道事業者にとって、自らの「商品」の価値を高める大切な仕事なのだと思います。
 もしかしたら、車内販売を止めてしまった方が、経営の効率は上がるのかもしれない。人のマネジメントだって大変ですから。車内に自動販売機を置いて済ませるという考え方もあるでしょう。けれども、そういった減量の連続が、現在の鉄道の、あまりにもビジネスライクな一面を生み出しているのだと思います。だから、鉄道事業者は、そういったことまで勘案して、サービスのスタイルを決定する必要がある。ヨーロッパの鉄道も、決してすべての列車が高い利用率があるわけではないのですが、食堂車などのサービスが現在も続けられている。鉄道にとって、それは当たり前のことであり、だから文化として根付くわけです。もちろん、彼の地の鉄道にしても、明日がどうなるかは解りませんが。

 コーヒーを楽しめたこともあって、箱根湯本にはあっという間に着いてしまったという感覚になりました。もっと乗っていたいのに、もうお終い?という感じです。
 まあ、久しぶりのロマンスカーはとても楽しかったので、今度はロマンスカーに乗るために、新宿から小田原か箱根湯本まで小旅行をしてみたいなと、今はそんなことを考えています。お金もさほどかかるわけではないし、これは是非、実行したいところです。

OK4.jpg
箱根湯本駅ホームにて

OK5.jpg
箱根湯本で折り返しを待つ50000形「VSE」。まだ夜の6時なのですが、この季節はもう真っ暗です。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1822-d16b5f60