1年半くらい使用してきたiPhone6が、突然、不調になりました。
まずは、リンゴループと呼ばれているらしい状況に陥って、その後、リンゴのマークがだけが表示され続ける起動不能の状態に。自分でも修復を試み、けれどもどうやら手に負えないようなので、横浜駅西口のキタムラへ。ここだと、修理が可能なのだそうです。

結論を書いてしまうますと、ショップのスタッフもずいぶん頑張ってくれて、初期化された状態で復旧してくれたのですが、
「また、いつ落ちてしまうかは解らない状態」とのことで、機械を取り替えました。伺うと、iPhoneは1年半から2年も使うと、どこか故障が出てくるものなのだそうです。その脆弱性を見越して、保証に入っていれば無償で修理が可能というシステムが運用されているわけですが、けれども、本末転倒であるような気もします。なんで、これほど、コンピューターの関連機器は、脆弱であることがいつまでもまかり通っているのか、ちょっと不思議な気もします。

そういえば、今日はある電鉄会社の車両の更新工事を取材してきました。
工場内を案内をして頂いた電鉄会社の方からは、中古車両の扱い方なども色々話を伺えたのですが、現代という時代は、下手に車両の更新をするのであれば、新車を導入した方が安上がりとなる場合もあるのだとか。それは現代の電車が、制御装置にコンピューターシステムを導入しているためで、10年も過ぎれば、システムが一新されてしまい、旧来のものが使えなくなってしまうのだそうです。
一昔前までは、私鉄の車両などは、あちこちを修理して修理して、それこそクタクタになるまで使ったものですが、今はそうしたくても、システムが古くなってそれができないということでしょう。

電話も鉄道車両も、事情は同じ、ということになるのでしょうか、便利なのか、便利そうで実はそうでもないのか、いろいろと難しい時代ですね。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1816-a83b1eec