私たち「みんなの鉄道」の取材クルーが「SLやまぐち号」に乗車した同じ日に、いすみ鉄道鳥塚社長も、この列車への乗車を企画し、しかし、台風の影響を考えて旅行を中止されたことは、ご自身のブログでも触れておられました。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?day=20170918

 それでは、台風(18号)が来ることが解っていながら、現地に向かった(もちろん、取材の手配がしてあるわけですから、列車が運休とならない限りは、現地に向かわなければいけません)行程を書いてみます。

 前日の夜に新山口に泊まり、朝から取材スタートというのが大まかな行程で、そのため、私たち5名は、前日(17日)の「のぞみ41号」に乗車しました。この列車ですと、私が乗車する新横浜は14時49分発、新山口着が18時57分着となります。新幹線利用ですと、片道およそ4時間の行程となり、やや長いのですが、飛行機を予約しても、台風による欠航の可能性があり、動く可能性の高い新幹線利用となったわけです。

 けれども、天気予報では、この日の午後に九州への上陸がアナウンスされていましたから、どこかで台風と「すれ違う」可能性が高い。まず、すんなりと着くことはないだろうとの予感を抱きながらの乗車となりました。

やま01
こちら、豊橋駅通過直後の画像です。どこかで何かある可能性が高いので、ちょっと悪戯めきましがフェイスブックに実況することにしてみました。もちろん、台風が来る以上、必ず何だかの被害も出ることだろうし、それを面白がるわけにはいきませんが、鉄道がどのような対応を採るのかを探る、ということです。まだ、雨は降っていません。雲は怪しげですが、切れ間から青空も見えます。


やま02
16時50分。京都発車。まだ雨は降ってきません。皆で、「台風はどこに行ったのだろう?」などと話していました。

 新大阪を出たあたりから、雨が降り始めました。台風に向かって居るのだから当然ですが、雨の勢いは瞬く間に強いものとなりました。

やま03
相生駅で列車に抑止がかかります。駅といっても、「のぞみ41号」は、相生駅通過なので、列車も本線上に止まっています。後から後続の列車が追いつき、この列車は副本線の側に停車しました。

 やがて、ようやくにして列車が動き出したのですが、「のぞみ41号」は岡山で運転打ち切りとのこと。それよりも先にゆく人は、岡山で列車を乗り換えて欲しいとのことです。

https://www.facebook.com/eiji.ikeguchi

 岡山駅に着いた時が、土砂降りでした。フェイスブックに寄せられた友人からのコメントでは、台風は高知にいるとのこと。まさに再接近というところでしょうか。「のぞみ41号」の車内アナウンスでも、乗り継ぎ列車の列車名はアナウンスされ、まずはそれで広島まで行くようにということだったのですが、その列車がいつ来るのかが解りません。
 やがてホームが停電。すぐに復旧したのですが、駅員さんがどこからか非常用の照明装置を携えてきて、ホーム上に配置します。こういう時、鉄道の職員は真面目で、本当に頭が下がります。
 
 「のぞみ41号」が岡山で運転打ち切りとなったのは、単に台風の影響だけでなく、新岩国の付近で倒木があったためということでした。私たちが岡山に着いた頃には、架線への送電は再開されたとのことでしたが、最終的な安全確認に時間が要されているとのことです。

下は岡山駅で流されていたニュース映像。結構、大規模な倒木のようで、これであれば、復旧に時間がかかるのもやむを得ません。岡山で「のぞみ41号」の運転が打ち切りとなったので、「レンタカーで新山口まで走りますか?」とディレクターのKさんに訊いたところ「当然、それも考えました」との返事。まずは様子を見ながら、行けるところまで新幹線で行こうという腹づもりのようです。
21751698_1003034393173214_3355045183564989761_n.jpg

 最近は都会で鉄道に乗っていても、しょっつう列車が止まり、その都度、「安全を確認しております」というアナウンスが流されます。知り合いの鉄道ライターが、「安全を確認していますとアナウンスしてから運転士を見ていたけど、何もしなかった。あれ田ポタージュと違うんか?」と言っていたことがありましたが、でも、こういうときは、復旧現場で作業をする人には、本当に頭が下がります。

やま05

 岡山で上の写真の列車に乗り換え、さらに広島でもう一度「こだま」に乗り換えました。案外遅くならなかった。それでも新山口着が22時過ぎとなりましたから、新横浜からは、7時間がかかったことになります。
ホテルにチェックインしてから、再度ロビーに集合し、居酒屋に向かったクルー一同の俊敏だったこと。何しろ速く行かないと閉店になってしまうというわけです。

インターバルを入れての7時間の乗車は、さすがに疲れました。この先がどうなるか解らないという不安も多少混ざっていたからだとは思います。12時に居酒屋が閉店し、部屋に戻ってベッドに入ると、3秒と経たず眠ってしまったようです。







スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1811-141f19d6