FC2ブログ

お手伝いさせて頂きましたメディアックス刊の「甦る蒸気機関車」が自宅に到着しました(昨日来たのだけれど,遊んでいました)。
今回は,若干のコピーライトと,インタビューをさせて頂きましたが,興味深かったのが,元・水戸機関区の機関士さんの話。「ある機関助士」という岩波映画制作の鉄道映画の内容に話が及び,映画では,常磐線の上り列車の遅れは取手までに回復しないと,運転頻繁区間になるので回復が難しくなる,と語られているのですが,本当は「多少の誇張もあって,取手以南は確かに頻繁運転だけれども,平行ダイヤになるのだから,スジは寝かせられるので,回復運転は,“前が空いていれば”,むしろ楽だった」のだと。そんなお話を伺うことができました。
 いつまで経っても勉強ですね。知ったつもりになってしまうのが,一番いけないと,これもいつもの教訓です。

Scan_20160701.jpg
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1606-d2c11e67