FC2ブログ
 
 それでは、今まで食べた駅弁の中で、いちばん美味しかったのは何だろうと振り返ってみると、私の場合、これは間違いなく野辺地駅の「鳥めし」だったと思います。「鳥めし」。鶏と卵のそぼろがご飯の上に乗った、日本中に同じスタイルのものがある駅弁です。それでは何故これがいちばんだったのかというと、私が買った時が出来たてで,ご飯がまだ暖かかったから。それは、年末の休みを利用して、南部縦貫鉄道を見に行った時のことですから、寒い季節のこと。それだけに、出来たての駅弁が美味しく、強い印象に残ったのだと思います。今はもう、南部縦貫鉄道はなく、数年前に野辺地の防雪林の取材に出かけた時も、この駅で駅弁を買うことはできませんでした。南部縦貫鉄道に乗り、出来たての駅弁を食べたこと。特に変わったことをしたわけでもない、そんな旅の一コマは、けれども、おそらくは二度と体験することができない、貴重な体験となったのでした。

 炊きたてのご飯を詰めた駅弁といえば、「峠の釜めし」がヒットする前の横川駅の幕の内弁当にも、そんな逸話があったと訊いています。冬の寒い日に、列車が駅に到着する直前になってから、折りにご飯を詰めてからホームに立ったことがあった。それは先代だか、その前だかの女性社長であったかと訊いています。暖かい駅弁を買ったお客さんがとても喜んで、列車が発車した後も、窓を開けて手を振ってくれた。社長さんもそれに手を振り替えしているうちに、涙が止まらなくなったのだとか。

 横川は「峠の釜めし」が押しも押されもしない看板商品ですが、以前は「幕の内弁当」も売られていました。売店のカウンターの上に釜めしが文字通り山積みとなっている脇で、幕の内の数は5個くらい。でも、それでもちゃんと幕の内を手がけていることに、何やら気概のようなものも感じられたのです。

 この幕の内弁当には、ちゃんとファンもいました。その一人が作家の池波正太郎で、「長野に旅行したら必ず食べたいものがある。それは横川駅の駅弁である。ただし,私が食べたいのは釜めしではなく、幕の内弁当の方である」というようなことが書かれていたのを読んだことがあります。何でもないような幕の内弁当に、それだけの価値を見いだす作家もずいぶんな食いしん坊だと思いますが、それだけのクオリティを欠かさない作り手も作り手で、何やら達人同士の果たし合いのような話です。

 これも数年前のことでしょうか。ある雑誌に駅弁の人気投票という記事が載っていました。旅行や鉄道の専門ライターの投票によるというランキングの一位に輝いたのは「峠の釜めし」。同じメーカーのものですから,目くじらを立てることもないのかもしれませんが、横川駅の幕の内弁当は,得票ゼロ。同じ専門の者として、ちょっぴり淋しかったのを覚えています。この幕の内弁当も、今は生産を辞めているようです。

 誰もかもが効率であるとか、利益ばかりを求めるようになると、あるいは文化というものまで失われてしまうことがあるのかもしれません。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://ikeguchi.blog.fc2.com/tb.php/1245-9634d303