FC2ブログ

★読売新聞などにJR常磐線で20年度末から有人自動運転の記事。大きな見出し付きで報じられていたので、画期的な運転かと思ったら、ATO(自動列車運転装置)の導入ということなのですね。それであれば、東京メトロなどで、まだ営団地下鉄を名乗っていた時代から導入されています。もちろん、現代のATOは、当時のものよりも精度の高いものなのでしょうが、やっぱり、新聞記者に鉄道の専門的な知識までを求めてはいけないのかもしれません。これはATOではなくATC(自動列車制御装置)の話なのですが、国鉄の末期に埼京線に乗ったところ、運転士が駅間でのブレーキ操作を行わず、ATCによる機械任せでの運転をしていたのに、出くわしたことがありました。ATCは、機械が列車の速度超過を検知すると、自動的にブレーキ操作が行なわれ、指定速度への減速を行うシステムなのですが、人間の手によらず、機械がかけるブレーキは、ブレーキがかかる時に大きなショックがあり、乗り心地が悪かったのを覚えています。恐らくは、あのような運転であれば、車両も傷むことでしょう。現在のJRと晩年の国鉄では乗務員のモラルもずいぶんと違うことでしょうが、新しいシステムの導入が、低いモラルを横行させるようなことに繋がりませんように。まさか、ないことでしょうが。

★今日は、クラブツーリズムの「小田急沿線を歩く第8回」の下見に行ってきました。このツアー小田急の沿線を16回かけて新宿から小田原まで歩くというもので、今月実施のものが、その8回めとなります。参加者は皆、私より歳上で、60代、70代の方が主力なのですが、皆、強い強い。一日に10~13キロくらい歩いていても、ケロリとしています。今回は町田市の国際版画美術館(写真下)にも立ち寄ろうかと計画しています。今日、見学した中では、広重の「東海道五十三次」の作品解説を日本橋から京都まで、スライドショーの形で紹介するものなど、興味深いものがたくさんありました。

1008B.jpg

★そして下の写真は、朝の新横浜駅前で、昨夜の雨でできた水たまりの水を飲んでいる鳩。朝一番ならではの光景というところでしょうか。ツイッタ―にもアップしましたけれど、もう一度。

1008A.jpg

スポンサーサイト



 
 少し恰好の良すぎるタイトルをつけてしまいましたけれど、ここのところ、さまざまな仕事に追われていて、なかなかまとまったことを書くことができずにいます。まあ、これも才能の貧困ゆえなのかもしれませんが。
 そこで、短い文章を数本書いて、毎日の記録としてみることにしました。これから少し、このパターンでも書いていこうと思います。

★まずは、フェイスブックの友人に教えて頂いた、「田んぼの中の無人駅でコーヒースタンドを開いた」という記事を紹介します。友人の話では、このスタンドを開いた方は、いつもチャレンジングなことにトライしているのだとか。
 「活性化」という言葉を、とにかく頻繁に見かける時代ですが、その多くは最初から大きな魚を狙い過ぎている気もします。そこへいくと、この話は、お金を儲けることとは別の視点で仕事をしていることが解ります。儲けたければ無人駅などでなく、人の多い所でやれば良いのですから。それから、「誰もが何か面白いことをやりたがっている」ということも、記事を読んでいて強く感じました。

★ネットでプロ野球の話をするのは好きでないのですが、私は地元のベイスターズのファンです。昨晩の試合に負け、今年の公式戦が終了しました。ただ、特に今年は、どのチームも夏過ぎから、選手が疲れきっていて、見ていて切なくなるばかりでした。中継でも、打ち込まれてうなだれている投手の顔ばかり見せられた気がします。少し、試合数が多すぎるのではないでしょうか。公式戦を、あと10試合でよいから少なくして欲しい。リーグ戦各2試合減です。それほど大きな影響はないのでは。でも、選手の負担を減らすことも考えないと、ペナントレースがどんどつまらない(選手がベストパフォーマンスを発揮できない)ものになってしまうような気もし始めています。ともあれ、お疲れさまでした。今年のベイスターズのパフォーマンスには満足しています。

★一昨日は、渋谷でスタジオの立ち合いをし、夜に帰宅後は、執筆を依頼した原稿のチェックと、リライトなど。ああ、これまるで性格の違う仕事だなあ。こういうの気持ちの切り替えが大変なんです。で、昨日のお昼までに修正した原稿を、編集部に送りました。担当の人も頑張ってくれて、午後には修正版のPDFが出来上がり、データを入稿。印刷所もすぐに対応してくれて、まあ、これはあまり詳細を書けないのですが、恐ろしいスピードで、大直しをしたページが組み上がってしまいました。一致団結した時のスピードの凄さよ!でも、お互い頑張り過ぎて体を壊さないように注意しましょうね。

★明日(正確には今日)は、徒歩ツアーの下見で、町田を歩きます。これはクラブツーリズムで講師役を務めさせて頂いている小田急沿線を歩くのコース確認のため。毎回1日におよそ10キロを歩きますので、結構な運動になります。でも、参加者の方は、みな私より元気なくらい。私も頑張らなくては。