FC2ブログ

大井川鐡道2月27日発のプレスリリースです。
3月末に夜桜を楽しむSL列車が運行されます。(画像クリックで拡大します)

0227AFB夜桜SL列車(最終)-1_convert_20190227191535
スポンサーサイト





大井川鐡道が3月9日・10日に実施する「2019SLフェスタin千頭」についての詳細が発表されました。
今年も盛り沢山です。(一部の問い合わせ先については、情報を割愛してあります。画像クリックで拡大します)

0224AB_convert_20190224101846.jpg
0224BB_convert_20190224102014.jpg

 報告が遅くなりましたが、2月15日に、私としては1年4か月ぶりの単行本として、交通新聞社から「大人の鉄道趣味入門」を上梓させて頂きました。

 どのようなことが書かれているのかというと、今はシニア層と呼ばれるようになった人で、昔、様々な鉄道趣味を楽しんだけれども、その後ご無沙汰してしまった人、そんな人に、もう一度、鉄道写真や、鉄道模型や、鉄道旅行や、コレクションを始めるための指南をさせて頂いているというものです。

 記事を実際に書いていて、自分もずいぶん色々なことをやったなあ、色々な所に行ったなあ、そうしてそういうことを振り返る歳になってしまったのだなあ、ということを感じ続けていました。

 同じようなシニア向けの指南書には五木寛之さんの本もあって、その本には「今、シフトダウンの時」というキャッチが使われていましたけれど、自分が記事を書いていて、「それ、少し恰好良すぎるんじゃないかなあ?」と。だって、まだしたいことが沢山残っていますもの。だから、私の感覚としては、「今こそシフトアップの時」なのですね。本当に、これからです。

 発売後には、楽天ブックスのランキングで、この本が旅行部門の第一位になっていました。もっとも3日後には64位になっていしたが。

 もし、書店で見かけたら、手に取ってご覧下さい。

0214AF.jpeg



 大井川鐡道2月12日発のプレスリリースです。4月6日に井川線で「星空列車」が運転されます。乗客は奥大井湖上駅で下車して、星空の観察を楽しみます。(画像クリックで拡大します。報道機関の問い合わせ先は割愛しています)

0212AF2019_4_6_星空列車(静岡DC)_(最終)-1_convert_20190212183446
0219BB2019_4_6 星空列車(静岡DC) (最終)-2





2月20日発の大井川鐵道のプレスリリースです。
バレンタインデーに向けて、チョコレートを発売します。
(画像クリックで拡大します。報道機関向けの問い合わせ先は割愛してあります)

0210AB.jpg
0210BBデコチョコ×大井川鐵道(最終)-2_convert_20190210004525



明治神宮にて。今日見かけた絵馬です。

0206AFB_convert_20190206232310.jpg



先日、ちょっとした研修があり、神田明神に行ってきました。
そこで見かけた絵馬を2点ほど。
0202DF.jpg

51221426_1347352348741415_710900160745439232_n.jpg

絵馬って、何しろたくさん掲げられていることもあって、特別に注視することはないのだけれども、こうしてみると、結構芸術性の高いものなのですね。人々の願いは、世相につれて少しずつ変わってゆくようであり、いつまでも変わらないようであり。

これからは、もう少し、色々な絵馬を見てみようと思いました。



 長く不通区間があった大井川鐵道の井川線が3月に全線復旧を果たします。
 これを記念するツアーが3月の30日と31日に開催されます。

 以下、頂きましたプレスリリースを拡散します(画像クリックで拡大します。報道機関向けの問い合わせ先は割愛してあります)。
 これも楽しそう。たまには報道する立場ではなく、のんびり楽しんでみたいものです。ただ、静岡駅発8時というのが、私の自宅のある横浜からだと辛いかなあ。

0202BB_convert_20190202132509その2
0202CB_edited-1_convert_20190202134321.jpg



 
 1月29日は、趣味の先輩を訪ねての日帰り出張でした。取材先を辞して、名古屋駅に帰り着いたのが17時直前。少し早いけれども、「ムガルパレス」で夕食とすることにしました。これまでは久屋大通の店に行っていたのですが、スマホで検索すると名駅にも支店があります。なんで、今まで気が付かなかったのだろう?ここなら、新幹線の改札口から歩いてすぐです。

 写真はアルゴビ。ジャガイモとカリフラワーのカレーです。このアル・ゴビというカレーは、店によって味に差があり、ドライカレー然としたものを出すお店もあるのですが、今回は、カレーソースがたっぷりのオーソドックスなものでした。

 開店してすぐにお店に入ったので、お店の人もびっくり。客席のイスで休憩していた女の子が慌てるようにして店の奥に引っ込みます。なんだか申し訳ないような気もしましたけれど、何しろ寒いので、あまり外で時間を潰す気にもなれなかったのです。

 それでも、名駅に支店があることに気が付いたのは収穫ではありました。これから名古屋出張があっても、迷わずにここに来ることができます。とはいえ、そうしてしまうと、ひつまぶしであるとか、味噌煮込みうどんが食べられなくなるわけで、それもまた、痛し痒しな部分もありはします。そういえば、晩年の筑紫哲也さんが、「(人生に)残された食事は、美味しいものを食べたい」と、どこかに書いていました。私にしても、もう筑紫さんがそう書いた年齢を超えている気がします、って、もしかしたら、この話題をブログに書くのも2度目かもしれません。

 やれやれ、忙しいことで。

c194_convert_20190202005221