今日の横浜は、朝からどんよりとした天気でしたが、夕方前から陽が差し始めたので、急いで出かけました。とはいっても、鉄道写真を撮れる時間でもないので、家から比較的近い、みなとみらいへ向かいます。
 大晦日だというのに、みなとみらいの一帯も、あまり人は出ていませんでした。ひと昔前であれば、大晦日など、横浜の町は夜通し遊びたい若者が溢れていたのですが。
 もちろん、なるべくのんびり写真を撮りたい私にとって、それは悪いことではないので、ファインダーの中に現れる人を気にすることもなく、何カットか撮影。写真は、どっしりとした構えの建物の前を、みなとみらいの運河を縫うように走る遊覧船の姿なのですが、よく言えばミスマッチ、悪く言えば何が何だか解らない写真になってしまいました。まあ、こんな偶然に出あえるのも、夕景、夜景の撮影の楽しみの一つです。
 それでは、皆さま、良いお年を。

みなとみらい4_convert_20171231222134
みなとみらいの運河をゆく不思議なフォルムの船(画像クリックで拡大します)


スポンサーサイト

こちらは、前回アップさせて頂いた大井川鐡道新金谷駅駅舎の撮影をした後に撮った、やはり新金谷車両区に留置されていたC12形です。蒸気機関車らしい質感を出してみたかったので、モノクロ写真風に仕上げてみました。

C12形02_convert_20171231000914
新金谷に留置されているC12形(クリックで拡大します)

さすがに、使用感とでも言うのでしょうか、新製された時期の姿とはまったく異なる貫禄を感じる姿となっていますが、こんな味わいが美しく見えるのも、また蒸気機関車なのですね。まだカラーフィルムのクオリティが低い時代には、蒸気機関車だけは、モノクロで撮った方が美しく感じられて仕方なかったのですが、いま、こうして見てもモノクロの蒸気機関車は魅力的です。すると、あの時に感じたモノクロの美しさは、単にカラーフィルムのクオリティの問題だけではなかったのかもしれません。

 26日、27日の2日間、大井川鐡道に取材に出かけました。OBの方に昔のお話を伺い、これが形になるのは、早くても半年先くらいになるのでしょうが、色々と学ばさせて頂き、そして楽しい2日間でした。写真は同社の新金谷駅。この駅舎の2階は同社の本社となっていて、なかなか風格が備わっています。こんな木造建築も少なくなっていますし。

新金谷駅_convert_20171229234943
大井川鐡道新金谷駅(クリックで拡大します)

 私が初めてこの鉄道を訪ねたのは、今から45年くらい前のことですから、もうずいぶんと昔のこと。まさか、将来自分が仕事でここにくることなど想像もできなかった、と、そんなことを総務の方に話したのですが、思えば、この総務担当の方にも、もう25年以上付き合って頂いていることになります。幸せなことだと思います。

今日(25日)は明日の取材に備えて床屋さんへ。出かけたついでに横浜の桜木町駅、みなとみらい地区まで足を延ばしてみました。新たに入手したコンパクトデジタルカメラでの撮影が、目下、楽しくて仕方ないので、寄り道です。

 写真は、みなとみらい地区の入り口あたり。昔、このあたりには縦横に貨物輸送用の線路が敷かれていたのだけれど、それがどこだったのか、思い出すことが難しい風景になってしまいました。(クリックで画像が拡大します)

みなとみらい_convert_20171225165438



こちらは、昨日アップしました大川駅の写真を撮る前に立ち寄った、浅野駅での一コマです。
 撮影者の狙いとしては、ホームの後ろに見える鉄塔の無骨なイメージを強調するべく、解像度の高いカメラで撮影しています(画像をクリックすると拡大します)。
 近づいてくる列車の前面から柱の影が消えるのを待っていたのですが、とうとう消えることがなかったので、ギブアップして、このタイミングでシャッターを切りました。これ以上近づいてしまうと、被写体ブレの懸念があったもので。このあたりの匙加減の難しさ、と言いますか、迷わされるところが、鉄道を被写体にした時の難しいところです。

0SDIM0902_convert_20171221121236.jpg



ここのところ、今度は鬱とかそういうことではなく、年末進行に追われて、ブログがさぼりっぱなしになってしまいました。すみません。
先日の小旅行は、改めて書くとして、今日(20日)は、新しく入手した中古のコンパクトデジタルカメラの試し撮りを兼ねて、午後から鶴見線に行ってきました。
 写真は大川駅。大川支線の終点です。昔はこの駅の留置線には、いつ来ても近隣の製粉工場に関わっているのだろうホッパ貨車が止まっていたものですが、それも昔話となってしまいました。かつての線路跡には、今は雑草が生い茂っています。列車の運転本数も、今より遥かに多かった。もう、あのような時代が来ることはないのでしょうか。

大川駅_convert_20171220225847


昨日は、午後に東海道本線早川~根府川間に撮影行ったのですが、国道沿いではあちこちで、蜜柑の直売(と言っても、袋に入れた蜜柑を棚に並べ、「代金は↓」と、書いてあるだけですが)をやっていました。実はこの前の冬は蜜柑を買わなかったので、今年は蜜柑を買おうと思っていたところ。6個入り100円の袋を購入。100円玉を木箱に投入します。
 さて、帰宅後、果たして100円で6個の味は如何に?と袋を開けたところ、少なくとも甘味は、スーパーなどに出ているものと変わりありませんでした。見た目は冴えない連中だけどね、その意味で他人とは思えん。
 また、行かねば。早川~根府川。

mikann_convert_20171212161136.jpg
今、小田原にいます。この2週間は部屋に篭りきりで、「江ノ島でいいから、旅に出たい」と思い続けていました。こうして出かけてみると、旅を自分の人生の大きな楽しみにして本当に良かったと思う。今日は、もう少しだけ西に行きます。