2アーティクル続けてとなりますが、大井川鐡道のプレスリリースです。
3月3日発。夜桜列車運転の情報です。今年は往路の牽引に蒸気機関車が抜擢され、お座敷客車、展望車も連結されます。

--------------------------------------------------------

お花見列車で家山へ

夜桜列車 今年は蒸気機関車が登板します
大井川鐵道(静岡県島田市)は沿線にある桜の名所「家山」へ夜桜を見に行く「夜桜SL列車」を3月31日(金)と4月1日(土)のみ運転します。「夜桜列車」は昨年(2016年)より運転を始めましたが、今年はグレードアップ。蒸気機関車が登板し「夜桜SL列車」としての運転です。
桜シーズンとは言え、夜は花冷えとなりますが、列車内は蒸気機関車から供給される蒸気を使った「蒸気暖房」でじんわり暖か。ふだんは連結しない「お座敷車」「展望車」も連結し、特別感満載の列車です。
2017年、家山の桜へのお出かけは特別列車「夜桜SL列車」でのお出かけはいかがでしょう?詳細は以下のとおりです。

運転概要
運転日
2017(平成29)年3月31日(金)、4月1日(土)
運転時間
新金谷駅発 18時00分
家山駅着 18時28分
家山駅発 20時14分
新金谷駅着 20時44分
※金谷駅~新金谷駅間は接続電車をご利用ください

列車編成
(←家山)蒸気機関車+旧型客車+お座敷車+お座敷車+展望車+電気機関車(新金谷→)
旅行代金
大人1名 5,500円(展望車にご乗車の場合は6,000円) 小人1名 3,800円
(内容:金谷~家山往復乗車券、急行料金、おつまみ、缶ビールまたは甘酒、お子様はジュースとお菓子)
募集人員
各日150名(最少催行人員 70名) ※定員になりしだい締め切ります
申込み先
大鉄観光サービス本社営業所(電話 0547-46-3131)

列車について
・蒸気機関車
写真撮影イベントツアー「ナイトトレイン」以外で旅客列車としてSL列車が走るのはたいへん珍しいことです。夜間、ホームにたたずむSLの凛々しさをご覧ください
・蒸気暖房
春といえども夜はまだ冷えます。冷えた体をあたためるのは熱燗ではなく、蒸気機関車から供給される蒸気暖房。身も心もじんわりとあたためてくれます
・電気機関車
新金谷への帰路は1949(昭和24)年、大井川鐵道本線電化時から在籍するE10形電気機関車が担当。重々しいモーター音は昭和の鉄道サウンド満載
・客車
団体専用として使うことが多いお座敷車と展望車ですが、夜桜列車には特別連結。仲間でわいわい、がやがやのひと時をお過ごしになるもよし、旧型客車でジョイント音に耳をすませながらひとり、心しずかな時間を過ごすのもよし。お好みの客車をご選択ください

目的地・家山
家山は静岡県でも有名な桜の名所のひとつで3月25日(土)から4月9日(日)まで「かわね桜まつり」を行っています。昼間の桜もあざやかですが、ライトアップされた「家山の夜桜」も大変あでやか。家山川緑地公園(家山川堤防)や桜トンネルの夜桜をお楽しみ下さい。なお、旅行日あたりの夜は冷え込むことが予想されます。暖かい服装でお出かけください。



スポンサーサイト

およそ2年半ぶりとなる、大井川鐡道井川線の開通を記念する式典が3月18日に開催されます。
以下、2月28日、同社発のプレスリリースです。(一部の文字記号などを変更してあります)

---------------------------------------------------

おかえり井川線 3月18日(土)地域をあげて開通式典を行います
ただいま井川線 ディーゼル機関車が復刻カラーで登場します

大井川鐵道井川線は2017(平成29)年3月11日(土)、およそ2年半ぶりに千頭~井川間の全線(25.5キロ)が全通し、完全な形での運転を再開いたします。これに合わせ、地域のみなさまと大井川鐵道が組織する「南アルプスあぷとライン周辺地域誘客協議会」は3月18日(土)に開通式典、記念イベントを行います。さらに同日より井川線ディーゼル機関車が過去の塗色で登場するなど鉄道ファン垂涎のイベントも予定しております。詳細は以下のとおりです。

土砂くずれの経緯
2014(平成26)年9月2日、閑蔵駅(静岡市葵区)南およそ600m付近でくずれた土砂が線路を覆っているのを巡回中の係員が発見。当初、土砂は200立方メートルと見られたが、二次災害も想定されたことから復旧工事を慎重に進めなければならず、全線開通は2017(平成29)年3月11日(土)とおよそ2年半の月日を要した。

3月18日(土)井川線(南アルプスあぷとライン)全線復旧開通式典記念イベント

9時30分 千頭駅 出発セレモニー、赤石太鼓の演奏
10時19分~12時06分 千頭→井川 記念列車、千頭駅を出発。SBSテレビ イブアイしずおかでおなじみ 歌手 朝倉さやさんが特別車掌として乗務
13時10分 井川ビジターセンター 記念イベント 井川神楽・井川小唄の披露 朝倉さやさんミニコンサート「おかえり」

催し物は川根本町・静岡市井川にある伝統芸能
赤石太鼓 1981(昭和56)年に始まった川根本町町おこしを目的とする和太鼓演奏
井川神楽・井川小唄 明治末期から大正、昭和と井川地区で受け継がれてきた地域芸能。通常は1月3日の大祭、4月3日の例祭、11月3日の例大祭に開催されるが、今回はおよそ2年半ぶりの井川線全通に合わせ特別に披露

3月18日(土)には井川線も特別イベントを実施
・アプト式電気機関車3重連
アプトいちしろ11時01分→長島ダム 長島ダム11時17分→アプトいちしろ
アプト式電気機関車は3両在籍、通常は単機(1両)もしくは重連(2両)で稼働しますが同日は全線開通お祝いの意味をこめて3両がフル稼働。機関車ごとに違う汽笛の音色(スイス、日本)もお楽しみください

・ディーゼル機関車復刻色導入
千頭10時19分→ 井川12時06分 (記念列車)
井川線のディーゼル機関車「DD20形」は6両ありますが、今回「DD206」に1990年代初頭まで使用していた塗色を導入します
※DD206の稼働時間は日によって異なります

■この他にも千頭駅前軽トラ市、ドキドキ長島ダムツアーなどを行います。
■問い合わせ先 川根本町まちづくり観光協会(出発セレモニーなどについて 電話 0547-59-2746)
大井川鐵道 南アルプスアプトセンター(井川線の運転について 電話 0547-59-2137)