プロが教える旅先情報ガイド「たびねす」向けに執筆した『大阪・京橋の屋台「とよ」で大阪流グルメを楽しもう』が掲載されました。

T1.jpg

個人的には2回目の利用だったのですが、今回も7~8年前に訪れた前回同様、早い時間から大変な混雑ぶりでした。
ご主人のトヨさんは、私より年上ですが、威勢の良いかけ声がしょっちゅう聞こえてくる元気な方で、あのバイタリティは見習わなければならないと、これは本当に痛切に感じさせられました。(自分が)若いうちは、多少の理不尽にも立ち向かっていけたはずなのに、歳を取るとグチばかりで。

あ、食べ物屋さんの話とは関係なかったですね。とにかく、マグロも、ウニも、イクラも、カニも、イカも、ゲソも、全部が美味しい店でありました。こうして列記すると、ずいぶん食べたなあ。
(該当ページには、右のツイッター欄のリンクからジャンプできます)

スポンサーサイト

今回の福井行では,この蕎麦にも感動したのだ。今庄の「おばちゃんの店」の,越前そばのセット。お店の名前だけ訊いていると,なんだか出来合いの総菜を売っている町おこしの屋台みたいなのだが,さにあらず。うむ。時代劇調の言葉使いは,なんだか格式が感じられて,偉そうで良いな,これからも使おう。
で,おろし蕎麦と,厚揚げの焼いたののセットなのだが,こりは美味しいよ。駐車場が満杯になるの,解ります。敦賀の駅蕎麦は美味しかったし,この店に行くことを提案してくれた地元の方お勧めの,福井駅の駅蕎麦も美味しいらしい。敦賀にはヨーロッパ軒のソースカツ丼もあるし,こりゃ,年内にもう一回行っても,食べきれないかもしれん。こうなったら,今庄,福井に通ってやるのだ。

oba.jpg



IMG_03411.jpg

敦賀駅の駅蕎麦。おろし蕎麦410円。改札口の外だけれども、駅舎内にはあるので、まあ駅蕎麦といって良いでしょう。価格もそういう設定だし。で、今まで食べてきた駅蕎麦の中でいちばん美味しかった気がする。福井の人は皆、蕎麦にうるさいらしい。それって、良い話だと思う。
 仕事で福井に行ってきました。今回の話題は、順に追って。

 こちらは水上駅の構内の北側にある転車台(ターンテーブル)で撮影したカット。9月に訪れた取材旅行での一こまです。
 考えてみると、自分が鉄道を被写体に選ぶようになって、一生懸命な思いで地方まで出かけるようになるまで、転車台機関車が向きを変えるシーンなど見なかったような気がします。そういう設備があることは知っていましたが。そうして考えると、こうやって自由に見学ができる施設があるというのは素晴らしいことです。私が中学生だったときには、家から自転車で行ける範囲に横浜駅の東口に近い高島機関区という蒸気機関車の車両基地があり、自由に見学することができました。
 ところがこの設備が電化されて電気機関車が入った後に見学を申し込んだところ、あっさりと断られてしまい、とてもがっかりしたことを覚えています。もちろん蒸気機関車が無くなったことはもう知っていて、今度は電気機関車を見学したかった。とてもがっかりしたのは、その時の職員さんの態度を冷たく感じたからかもしれません。もっとも、その頃の職員さんというのは、職人気質でつっけんどんな人も少なからずいたことは確かなようですが。
 水上駅の転車台には、いま、これを囲むようにして建つ見学用の観客席を作る計画が進行しているそうです。

IMG_0090_edited-1.jpg