昨日はフェイスブックに以下の文章を書きました。大井川鐵道に取材に出向いた際に撮った写真です。

ooigawa21.jpg

写真は新金谷に留置中のオハニ36だけれども,オハ35系であれ,オハ61系であれ,昭和の鉄道が好きだった者にとっては,この旧型客車というやつは,思い出の中の実にさまざまなところで,脇役として登場してくれる。
 いちばん,鮮烈な思い出は,五能線で乗ったオハ61。それは80年代の初めのことだから,そろそろ客車列車の数が減り始めていて,その日は,当初の予定を変更して客車列車に乗ったのだった。
 その前日に,津軽鉄道の車内で,どこか都会から来た鉄道好きの人と列車談義となった。「五能線には乗りに行かないの?」と訊かれたときは,その気がないことを答えたのだけれど,あの会話の後に五能線に「全線通し」で走る客車列車が残っていることを見つけたのだから前言撤回もやむ無しといったところ。津軽鉄道の車内で「行こうかどうか,迷っています」くらいのことを言っておけば良かったのかな?などと思いながら,窓の外を見ていた。
 岩館駅で,上下の客車列車が交換する。ふと見ると,反対側の列車に,昨日津軽鉄道で会った人がいた。
 向こうもこっちに気がついた。慌てて窓を開けて,離れ行く列車の中から,手を振り合った。なんだか恋人同士みたいだったけれど,嬉しかった。
 さすがにこの人とは,フェイスブックでも再会できていないけれど,こんなことだってあるのだから,客車は豪華な内装ばかりが良いとは限らない。窓の外をぼんやり見る気持ちになれること,それからやっぱり,窓は開いた方が良いのだ,本当は。

------------------

幾つかのコメントがついたのですが,やはり皆,昔の旅は思い出深かったようで,特に誰かとの触れあいがあったことが,忘れられない思い出となっているようでした。
旅に出ることが,人格形成のようなものに役立つことがあるのだとすれば,世界の広さを知り,ときには孤独にさいなまれ,そして人と触れあうことがあるからでしょう。
もちろん,しじゅう旅だけしている人が,全人格を歓迎できるようになるわけではありませんが,そんなことも考えさせられました。

スポンサーサイト

昨日はNHKのラジオ番組に出演してきました。昨日行ったのは収録で、オンエアは,7月10日,12時15分~14時00分。NHK-FMの「トーキング ウィズ 松尾堂」という番組です。
 番組のテーマは「夏,鉄道の旅に出る」というもので、ミューシシャンの向谷実さんと一緒に、いろいろお話させて頂きました。最近に発行させて頂いた本「鉄道ごはん」の話題も出たことから、今の日本の食堂車事情なんてものも話ましたけれど、こういうテーマだと、2時間なんて足りない足りない。本当はもう少し突っ込みたかったなあ。
 写真は左から、司会の加藤紀子さん、同じく司会の松尾貴司さんと、向谷実さん、それに私。しかし私の雰囲気は、なんかよくないなー。ラジオで良かった。
201606NHK.jpg

 松尾さんから「池口さんは,最近どこに取材に出かけられましたか?」と訊かれて、大井川鐵道や、公募社長さんがいらっしゃる第三セクター鉄道、銚子電気鉄道などの名前が自然と出てきました。「小さな所にばかり行っているようですけれど、最近はこのような小さな会社さんが情報を出してくれるんです」と付け加えたところ、向谷さんが「公募社長さんがいらっしゃる第三セクター鉄道の情報発信力は,凄いですよ」とフォローしてくれました。
 このほかにも、音楽がかかっている間(私たちの会話は収録されない)、「向谷さんほどうまく話せないかもしれません」などと、口走ったところ、向谷さんが、「大丈夫だよ」と励ましてくれたり、向谷さんと私は同じ年なのですが、励まされっぱなしでした。

大井川鐡道新金谷駅近くの側線に留置されている14系客車です。「はまなす」での用途廃止の後にこの地にやって来た4両で、昨日にメディアックスの編集さんと一緒に出かけた際に撮影したものです。明るい太陽の下でアップで見ると、さすがに痛みが目につきますが、そこはこれまでにあらゆる車両を手直ししてきた大井川鐡道のこと。これから十分に手間をかけてお色直しをすることでしょう。

ooigawa14.jpg

フェイスブック上で、友人から、原宿駅の改築が発表されたことの是非を問われました。世界に自慢できるであろう駅舎であるのに、それを壊して良いのか?という問いかけです。
 私の仲間でも、このことはすでに話題となっています。自分たちの「飲み屋の話」では、どうなるものでもないのですが、明るいおしゃべりとはなりませんでした。皆が、今の鉄道の世界であれば、ハッピーエンドが望み薄であることを、知っているからかもしれません。
 フェイスブックでのコメントにはこう書きました。コピペですが
「もう建て替え後のパースが発表されていますよね。まあ、これはごく仮のもの、であるのかもしれません。けれどもパースというものは、例えば新幹線の場合など、時間をかけて決定されます。幾つかの案を用意し、地元との協議を重ねた上で、ようやく選択されるというものです。
 パースが発表されたということは、すでに建て替えについて、内部では検討が進められていたというのが実情かもしれません。実は建物の老朽化が進み、それ以上に電話回線が不足し、使い勝手が悪くなっていた。今であればオリンピックを錦の御旗として、建て替えを発表しても大きな反対にはならないだろうという読みです。
 旧駅舎は、保存されるかもしれないし、されないかもしれない。これは私の推測ですが、「誰かが手を挙げれば」保存されるでしょうし、誰も手を挙げなければ消え去る。鉄道会社自身では、何もしない可能性が高いと思います。
 でも、大変に失礼な言い方をすれば、馬鹿だと思います。自分たちが、これだけの文化的な遺産を継承してきているのに、そのことをPRして地域に貢献することをまったくしようとしないこいとが。そういう発言ができるリーダーがいないことが、です。できの悪い役所みたい。
 鉄道会社というのは、「自分で世界をひっくり返してやろう」と考える人ではなく、「与えられた仕事をこなし、着実に出世しよう」と考える人が就職する、つまり集まる組織なのかもしれません。例外も皆無ではないでしょうが。
 また、口の悪い言い方になりますが、そういう「与えられた仕事をこなす人たち」には、先例などにとらわれず、自らの手で新しいビジネスのスタイルを構築したり、文化事業を推進することなどを望む方がナンセンスということになるのかもしれません。
 原宿駅の結末には、鉄道会社の姿、社会に対する姿勢が反映されることでしょう。私は全面的な改築を望みません。内側は最新の機器で固めても、外観はシンボルとして残す。例えば東京駅のような姿になることを望みます」

 以上のコメントも推測をもとに書いていますので、「大外れ」の部分があるのかもしれませんが、どうであれ、私は何もかもを壊してしまい、旧駅舎をこの世から消し去ってしまうことには反対です。
 以前、美術の仕事をしている人と話をしたときに
「歴史的価値があるものを、すべて残そうとすると、やがて地球上がゴミで埋まってしまうのでは?」と聞いたのに対し
「何もかもを現物で残す必要はないでしょう。データにして残すというのも解決策です。どのような形を継承するのかを考えることも、人間の大切な仕事になるはずです」
という答えを頂きました。まず「自分ならどうするか?」から考え始めることも、大切であるように思います。


追記:フェイスブックの私のコメントに対して、友人から以下のブログをご紹介いただきました。
「JRとしても早急な取り壊しはしない方針」などの状況が報告されており、改築に際しての改良案なども記されています。
勉強させていただけること大です。
http://ameblo.jp/mori-arch-econo/

 ブログでの報告が遅くなりましたが、今年度から日本写真家協会(JPS)に入会しました。これは日本の職業写真家によって構成されている団体で、昭和25年に創立された伝統のある組織です。

 会での活動については追々報告させて頂きますが、入会の式では熊切圭介さん、田沼武能さんといった、私たちの世代が学生の頃から憧れていた先輩から、一人一人に「おめでとうございます」の言葉を添えて会員のバッジが渡され、この時は本当に嬉しかった。入会しないかという提案を受けたときには「それで仕事が増えるとは思えないなあ」などと、生意気なことを言っていたのですが、こうして色々な人と、改めて知り合えるのであれば、十二分の入会の価値はあったと感じています。入会に際しては、2名の推薦人が必要なのですが、推薦をお願いした先輩カメラマンからは「入会しても、得することってないよ」などと言われはしたものの、そうでもないな、と。
何が得なのかは自分次第だし、何よりもまず人と知り合えることこそが、いちばんの幸せだと思います。

以上、報告でした。


大井川鐵道9日発のプレスリリースです。
大井川鐵道で展開されている「きかんしゃトーマス」の世界に、バスのキャラクターが登場します。

-----------------------

大井川鐵道(静岡県島田市)より、「きかんしゃトーマス号、きかんしゃジェームス号運転 2016(正式名称:Day out with Thomas)」の新キャラクター「バスのバーティー」に関する詳細情報が決定いたしましたのでお知らせ いたします。 2014 年に開始し、今年で 3 年目を迎える大井川鐵道きかんしゃトーマスイベント。今年登場する「バスのバー ティー」は初の自動車キャラクター。トーマスの支線のそばの道路を走っているバスで、トーマスと大の仲良し のキャラクターです。「バスのバーティー」が登場することで、ますますにぎやかになる大井川鐵道のトーマス 世界。トーマス号やジェームス号とどんな会話をするのかもとても楽しみです。詳細は以下のとおりです。

1. バスのバーティーの運転概要
運転区間 大井川鐵道 新金谷駅前 ⇔ 川根本町千頭
運転日
2016(平成 28)年 7 月 2 日(土)~10 月 10 日(月) <きかんしゃトーマス号、きかんしゃジェームス号の運転日と同じ> 乗車定員 1 便あたり 16 名

行程
往路 新金谷駅前(10 時 20 分)→川根本町千頭 音戯の郷前(12 時 00 分) 復路 川根本町千頭駅前(13 時 50 分)→新金谷駅前(15 時 30 分) 販売方法 募集型ツアー

ツアー内容
① 往路(新金谷→千頭) バスのバーティー 復路(千頭→新金谷) きかんしゃトーマ ス号またはジェームス号 ② 往路(新金谷→千頭) きかんしゃトーマス号またはジェームス号 復路(千頭→新 金谷)バスのバーティー

申込方法
大井川鐵道公式ホームページ oigawa-railway.co.jp にある申込フォームよりお申込みく ださい。応募多数の場合は抽選となります ※お申込み方法の詳細は大井川鐵道 HP にてお知らせいたします。

ツアー代金
大人(中学生以上)1 名 6,900 円 小人(1 歳~小学生)1 名 5,500 円 ※幼児(未就学児)1 名 500 円
問い合せ先
大鉄観光サービス フレンドツアーセンター(電話 0547-46-3134) 受付 / 平日 9:00~17:30、土曜日 9:00~16:30、日・祝日は休み

2. バスのバーティーは展示もあります 新金谷駅出発前と帰着後は新金谷車両整備工場内でバスのバーティーの展示を行っております。出発前や 一仕事終えて帰ってきたトーマス号やジェームス号とバスのバーティーが何やら会話をしている様子を見ることができますよ。ぜひお立ち寄りください。(整備工場入場には小学生以上の方、1 名 500 円の入場料が必要 です) また、千頭・音戯の郷前では走ってきてほっと一息つくバスのバーティーの姿をご覧いただくこともできます。

3. もし、実現できたらすばらしい・・・ バスのバーティーは新金谷⇔千頭、大井川沿いの道路を走ります。道路には一部区間で大井川鐵道の線路 と併走するような箇所がありますが、もしかしたらきかんしゃトーマス号・ジェームス号とバスのバーティーの 「夢の共演」が実現するかもしれませんね。物語の世界が現実になったら・・・ワクワクします。

----------------------


大井川鐵道が、SL列車用の客車として、JR14系客車(座席車)4両を導入します。14系座席車は、元々は特急用として開発された車両ですから、本来であれば蒸気機関車とは不釣り合いということになるのですが、それでは客車にはどのようなものが残っているのか、ということを勘案すると、製造年次の古いものはいずれも老朽化が進んでおり、14系の導入も、現代の乗客に一定の居住性を提供するということまで考えるのであれば、当然の選択ということになるのだと思います。

以下、プレスリリースをコピペ(一部割愛しています)します。

-------------------------


大井川鐵道 24 年ぶりにSL 客室車両を導入

末永い SL列車運行のために。J R北海道様より14 系客車を 4両導入

大井川鐵道(静岡県島田市)は主力の SL 列車に牽引される客室車両(客車)の陣容を増強するために JR 北海道様より 14 系客車 4 両を導入し、6 月 11 日(土)、新金谷に搬入されます。 当社は SL 列車運転を中心とした観光鉄道事業を行っておりますが、今回の導入はみなさまにご乗車いただSL 列車用客車の品質向上を図るとともに、現在保有する旧型客車にかかる負担を分散させ、末永い SL 列車運行を行うことを目的としています。なお、SL 用客車の導入は 1992(平成 4)年以来、24 年ぶりのこととなります。詳細は以下のとおりです。

1. 14 系客車の概要 国鉄時代の 1971(昭和 46)年より製造された特急・急行用客車。床下のディーゼル発電機により冷房が完備さ れており、水洗トイレも設置されています。

2. 今回、当社が導入する4両の客車について
車両番号 スハフ 14 502 スハフ 14 557 オハ 14 511 オハ 14 535 サイズ 長さ 20.8m 高さ 4.6m 幅 2.9m 重さ 38 トン 車内設備 1 両定員 64~72 名。国鉄時代は優等列車用に製造されたためリクライニングシートを装備
JR 時代
JR 北海道と JR 東日本が青森⇔札幌間を夜行急行列車「はまなす」として運転していたが、 2016(平成 28)年 3 月の北海道新幹線開通に伴い、用途廃止となっていた客車

3. 当社に搬入される日時、場所 2016(平成 28)年 6 月 11 日(土) 午前 8 時 新金谷構外側線

4. 北の大地を駆け抜けていた名車両。これからは静岡の川根路(かわねじ)を快走します 今年 3 月まで北の大地を駆けぬけていた名車両は、偶然にも今年の「きかんしゃトーマス号」運転初日、6 月 11 日に大井川鐵道へやってきます。走行は 2017(平成 29)年 6 月開始を目指します。しばらくお待ちください。14 系客車は大井川鐵道でも北海道時代と変わらず快走し、快適な乗り心地を提供することとなるでしょう。

-----------------------

 こういう話は「某」などと書いてもつまらないので、真岡駅と駅の名前を書いてしまいますが、昨日の昼食は、この駅の駅舎の中にある立ち食い蕎麦となりました。メニューも多くなく、ごく普通の立ち食い蕎麦です。駅前にこれといった食べ物屋さんを見つけることができず、少し歩いた先に餃子屋さんがあった記憶があるのですが、仕事の約束の時間まで間がなく、他に選択肢がないのです。
 カウンターの前に置かれているテーブルで、汁があまり熱くない350円ナリの天ぷら蕎麦を食べていると、若い男性がやってきて、ただ「うどんで」と、注文をします。青いワイシャツを着ていましたから、この鉄道の職員さんなのかもしれません。
 少しして、その男性がテーブルに運んできたうどんには、ワカメも天ぷらもたっぷりと入っていて、メニューにはない茹で卵まで入っていました。これが賄いなのでしょうね。
「いろいろと入っていて、良いですね」と話かけると、男性は
「いつも、作ってもらっているんです」と、答えてくれました。
すごく嬉しそうな笑顔でした。



大井川鐵道6月3日発のプレスリリースです(遅くなってすみません)。
井川線の駅の名を一つ変更し、これに合わせて地域とのイベントを展開。鉄道が沿線地域を含めた活性化を打ち出すスタイルで、このスタイルがこれからの鉄道会社の使命となってゆくかもしれません。誰かが無理をするのではなく、皆が自然に一つの方向を向くことができる枠組みが出来上がれば、日本の社会が確実に変わってゆくと思います。
以下、コピペです。

-------------------------

 大井川鐵道井川線(静岡県川根本町~静岡市葵区)にある「奥大井湖上駅」はダム湖に突き出した半島状の場所に存在し、湖に浮かぶように見えることから「不思議な駅」さらには乗降客数が少ないことから「秘境駅」と言われています。 そんな「奥大井湖上駅」が大変身。愛称に「奥大井恋錠駅」(読み方はおくおおいこじょうえき)を採用。恋人の日である 6 月 12 日 (日)より愛称に連動した錠と記念切符のセットを販売します。
奥大井湖上駅は静岡県が県民から広く募集した「恋愛・結婚・子宝」にまつわる噂のスポット「ふじのくにエンゼルパワースポット」に登録されており、同駅では何度も結婚式が行われております。さらにホームには幸せを呼ぶ鐘「ハッピー・ハッピー・ベル」があることからも恋人たちが「愛を確かめ合う場所」「永遠の愛を誓う場所」となっております。ここで意中の人の心を恋錠でがっちりロックするのはあなたです。詳細は以下のとおりです。

1. 奥大井湖上駅について
駅名 奥大井湖上(おくおおいこじょう) 所在地 静岡県榛原郡川根本町梅地字山椒打 84-3 一日平均乗降客数 58 名(平成 27 年度) 一日列車発着本数 上下 10 本(定期列車のみ)

2. 意中の人の心をがっちりロックする「愛の恋錠」について
ネーミングについて 駅名「奥大井湖上」→「奥大井恋錠」 ※だじゃれです。駅名は変えません 商品内容 ハート形南京錠 1 個(鍵は 2 個付き)、奥大井恋錠と印字された記念品(切符)2 枚がセットになっています

発売開始日
2016(平成 28)年 6 月 12 日(日)
※ブラジル・サンパウロ地方ではこの日に恋人同士が写真たてに写真を入れ、交換する習慣があることから恋人の日とされる

発売箇所
大井川鐵道千頭駅、奥泉駅、新金谷駅前プラザロコ売店 発売単価 950 円(消費税含む)

問い合せ先
大井川鐵道 南アルプスアプトセンター (電話 0547-59-2137 平日 9 時~16 時 30 分)

3. 恋錠の飾りつけについて
お求めいただいた恋錠はお二人で名前を書いて奥大井恋錠駅の指定場所に飾りつけをしてください。筆記具は発売箇所 にもご用意があります。飾りつけ期間は 3 年をめどとします。 飾りつけ期間を過ぎた恋錠については川根本町でお堂さんと親しまれている「水川阿弥陀堂」(川根本町有形文化財指定) に奉納します。地元では水川阿弥陀堂を参拝すると「良縁に恵まれる」と言われています。

4. 購入特典
愛の恋錠の記念品(切符)を川根本町内の店舗・観光施設でご提示いただくと特典を受けることができます(1 枚につき 1 回)
店舗・施設名
千頭温泉 旬 入浴料 500 円→400 円
Ren 自家製シフォンケーキ 500 円→400 円
Café うえまる ハート形 のティーバッグ 1 つプレゼント
もりのくに 入館料 昼 1,000 円、夜 800 円→昼 800 円、夜 640 円
寸又峡・晴耕雨読 あられ 1 袋 50 円引き
寸又峡・翠紅苑 入浴料 600 円→400 円
接岨峡・森林露店風呂 入浴料 540 円→400 円

本リリースに関するお問い合わせ先:大井川鐵道㈱ 経営企画室 TEL:0547-45-4124
ooikoi.jpg
(写真提供:大井川鐵道)


若桜鉄道から,6月の便りが到着しました。
長いです。
けれども,以前はひっそりと毎日何も起こらなかったような地方鉄道から,これだけの情報発信が行われるようになったというのは,素晴らしいことです。
いま,日本の鉄道は,一生懸命明日の姿を模索している路線と,会社は潰れないと考えている路線の2つに分かれつつあるように感じます。それぞれの路線の10年後がどのような姿になっているのか。タイムマシンがあれば見に行きたいものです。

以下,頂きましたメールのコピペです。


========================================================
目次

南阿蘇鉄道の復旧義援金
南阿蘇鉄道復興祈念切符、再入荷・販売中
6月、7月のSL展示運転 & 車内販売 & すなば珈琲振る舞い
若桜駅のSL C12が美しい黒になりました
6月4-5日 船岡ほたるまつり開催
6月4-5日 第11回 木村鉄道社員旅行 2016初夏編
6月11日 恋山形駅3周年記念イベント【リアル恋福列車の旅】参加者募集
6月11, 12日 よこすかYYのりものフェスタ2016!
7/29 今年もニクロードウォークやります!
隼駅鐵道展示館は4月〜11月の第3日曜日にオープン
大阪(なんばOCAT)ー若桜間がなんと 1,600円!
10月9日-12月18日 定期観光バス Gバス原風景コース
秘密基地のようなゲストハウスBase8823
隼駅から観光施設を巡る無料シャトルタクシーの試験運行中!
若桜鉄道facebookページ。6700いいねを越えました!

========================================================
南阿蘇鉄道の復旧義援金
http://www.mt-torokko.com/info/index.cgi?mode=dsp&no=54&num

若桜鉄道と同様に南阿蘇鉄道は国鉄路線を地元が引き受けた小さな鉄道会社です。熊本地震で被災し全線運休中。地域の足・観光資源として地域ぐるみで復旧の道を模索されています。ぜひ応援をお願いたします。

南阿蘇鉄道関連のニュース
マイナビニュース http://news.mynavi.jp/series/railwaynews/019/
TBS http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2771400.html
復興祈念切符 対応大忙し…南阿蘇鉄道支援(由利鉄に注文殺到)
http://www.yomiuri.co.jp/local/akita/news/20160511-OYTNT50183.html

========================================================
南阿蘇鉄道復興祈念切符、再入荷・販売中
お待たせいたしました、再入荷しましたので若桜駅にて販売しております

発売箇所:若桜鉄道(若桜駅)
弊社では通信販売は行っておりません。由利高原鉄道さん、いすみ鉄道さん
にご用命願います。
価格:1部1,000円(税込)
うち700円が南阿蘇鉄道への支援に充てられます。
このほか、寄付も承っております。
http://wakatetu.com/press/20160425/

========================================================
6月、7月のSL展示運転 & 車内販売 & すなば珈琲振る舞い

【日程】6月12日、6月26日、7月10日、7月24日
6月5日 14:00-16:00は すなば珈琲ふるまいのみ行います

★若桜駅構内のSL展示運転
(若桜駅構内展示運転、トロッコ乗車、転車台体験など)
SL運行時間 1回目11:00 2回目13:30 3回目15:15
都合により時間が変更となる場合がございます。ご了承下さい。
http://www.infosakyu.ne.jp/wakatetu/karenda.html

★山陰唯一!若桜谷観光号にて車内試食販売実施
郡家駅発10:05(鳥取駅発9:45)
試食だけでもOK! 若桜鉄道もりあげ隊とのおしゃべり、八頭町の名産品をお楽しみいただけます!

★若桜駅にてすなば珈琲ふるまい
若桜駅にて 10:30-15:00
鳥取名物すなば珈琲を若桜駅にてお楽しみいただけます!

========================================================
若桜駅のSL C12が美しい黒になりました

現役を退いた後、古い塗装も残り修繕が必要だったC12は、
このたび美しく塗り直されました。

========================================================
6月4-5日 船岡ほたるまつり開催

因幡船岡駅前から歩いて1分足らず、蛍を鑑賞いただけます。
ぜひお越しください
【日時】:6月4日(土)、6月5日(日) 19:00-
※見頃は20時前後がおすすめです。
バザー:やきとり、フランクフルト、ポテト、ソフトクリーム

========================================================
6月4-5日 第11回 木村鉄道社員旅行 2016初夏編
鉄道アイドル木村裕子さんが企画したツアー、若桜鉄道でオリジナルプランを実施

【主な内容】
 4日 智頭急行
 5日 若桜鉄道
・SL運転体験(全員片道)、12系客車の中でお昼ご飯、隼駅散策、ムーンライトはやぶさ見学

【詳細・お申込み】
申込フォームをご記入いただきFAXにて、ご送信ください。
http://www.knt.co.jp/ec/2016/kimura2016/20160604.pdf

※必ずFAXにてお申し込み下さい。近畿日本ツーリストの他店舗店頭及び横浜支店へのご来店での受付は致しておりません。
※若桜鉄道ではお問い合わせにお答えできませんのでご了承ください

========================================================
6月11日 恋山形駅3周年記念イベント【リアル恋福列車の旅】参加者募集

今や鳥取県はピンクブーム!
智頭急行さんが恋山形駅3周年記念イベントと臨時列車の旅を開催されます
ホリプロマネージャーの南田裕介さん、鉄道文化人の豊岡真澄さんも登場!

恋山形駅3周年記念イベント
【時間・会場】 10:10-  恋山形駅
・恋ポストお披露目式
・智頭急行、若桜鉄道グッズの販売など
-----
リアル恋福列車の旅(要予約)
恋山形駅→平福駅→大原駅(臨時列車運転)
平福の街並み散策、大原基地見学 など

問い合せ: 0858-75-2595 智頭急行
詳細: http://site5.tori-info.co.jp/p/chizukyu/event/205/

========================================================
6月11,12日 よこすかYYのりものフェスタ2016!

首都圏の皆様、お久しぶりでございます。
若桜鉄道は今年もよこすかYYのりものフェスタに参加します!
なお、今年度は会場が変更となり若桜鉄道の出店は三笠公園となりますのでご注意ください!
日時:2016年6月11日(土)〜12日(日)10:00~16:00
※荒天中止
会場:JR横須賀駅・ヴェルニー公園・三笠公園・海上自衛隊横須賀地方総監部ほか (若桜鉄道は三笠公園)
アクセス:三笠公園へは京急線「横須賀中央駅」から徒歩約15分・「横須賀中央駅」から「横須賀中央・三笠循環バス」で約4分
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.cocoyoko.net/event/norimono-fes.html

========================================================
7/29 今年もニクロードウォークやります!

昨年大変好評をいただきましたニクロードウォーク、今年もやります。
若桜駅を起点に、夜通し29(肉)料理を食べながら、国道29号を29キロを夜通し歩きます。
今年はR9ナイトウォークとも鳥取駅前で合流し交流大パーティーを開催(希望者のみ)!
参加には事前の申し込みが必要です。
開催日:7月29日(金)~30日(土)
参加費:1名1,500円
お問合せ:鳥取・因幡観光ネットワーク協議会 0857-50-1785
申込み先:(一社)鳥取市観光コンベンション協会 0857-26-0756
申込書・詳細
http://shoku-ryoku.tottori.to/pdf/1605nightroadwalk.pdf

========================================================
隼駅鐵道展示館は4月-11月の第3日曜日にオープン

鉄道模型のジオラマや様々な鉄道グッズが公開されています。隼駅にはライダーの皆様が次々と訪れ、賑やかです!

========================================================
平成29年3月31日まで 大阪(なんばOCAT)ー若桜間がなんと 1,600円!
宝塚IC、西宮北IC でも利用可能

日本交通高速バスが若桜町の助成を受けて、なんと半額の1,600円で運行中です!
大阪から若桜に行く最短・最安ルートですのでぜひご検討ください。
http://www.nihonkotsu.co.jp/information/wakasasen/hangaku_wakasa_nakahara.html

========================================================
10月9日-12月18日 定期観光バス Gバス原風景コース
毎回大好評の鳥取県東部地域一押しの観光地を巡るGバスツアーが今年も開催されます!

鳥取駅・郡家駅発 八頭若桜谷をめぐる『Genfukei(原風景)コース』は10月9日-12月18日の毎週日曜日に運行。バスだけでなく若桜鉄道遊覧列車にもご乗車いただき、美しい八頭若桜谷の風景と自然、実りの秋を満喫頂けます。
一日楽しみバス代、遊覧列車代、お弁当、砂の美術館入館料なども全部入ってなんと4,000円!
お得な上に、お帰りの際は鳥取空港までお送りします。

詳細・お問合せ
鳥取市観光コンベンション協会 電話0857-26-0756
http://www.torican.jp/news/%E9%B3%A5%E5%8F%96%E5%9B%A0%E5%B9%A1%EF%BD%87%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC

========================================================
秘密基地のようなゲストハウスBase8823

鉄道利用の方も泊まれますので、若桜鉄道にお越しの際はぜひご検討ください。
Barは宿泊者以外でもご利用いただけます。
http://torikumi.co.jp/base8823/

========================================================
隼駅から観光施設を巡る無料シャトルタクシーの試験運行中!

運行期間:5月1日から10月30日までの日曜・祝日
観光シーズンを迎え、隼・大江地域の各観光施設を巡回する無料シャトルタクシーの試験運行を八頭町が実施中。
http://www.town.yazu.tottori.jp/item/5789.htm#itemid5789

========================================================
若桜鉄道facebookページ。6800いいねを越えました!

ピンクSL以来、いいねがどんどん増え、ついに週400のペースになりました。
https://www.facebook.com/wakatetu

========================================================
長文を最後までご覧いただきありがとうございます。

ピンクSLは「とくダネ」,「羽島慎一モーニングショー」,「あさイチ」など全国ネットで紹介いただき、YAHOO!ニュースのトップにもなったこともあり大変な人気で、GW期間中に昨年1年分を上回るご来場をいただきました。また、智頭石油株式会社様より軽油200リットルの寄贈をいただきました。また、5月は年度が動き出した事もあり多数の知人が若桜鉄道を訪ねていただきました。皆様に感謝申し上げます。
--------------------------------------------------------