FC2ブログ
 
 こちらは、平林寺に出かけた帰り道で、バスを1本見送って撮影した1枚。場所は東白楽です。

 以前、趣味の先輩から、「撮影旅行に出かけて、最後にフィルムが余った時に、自宅の最寄り駅でこれを消費すると良い。撮り貯めれば、結構貴重な記録になる」と教えられたことがありました。

 今は、デジタルの時代ですから、「余り」という感覚はないわけですが、帰り道に1枚でも2枚でも撮っておくと良いというのは、今でもそのまま生きている考え方だと思います。

higashihakuraku.jpg

 私は、フィルム時代は結局、「最寄り駅での撮り貯め」を実行しなかったのですが、これから始めたって構わない。これはこれで楽しいものだと思います。



Eiji Ikeguchi

バナーを作成


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



 
 新しいカメラでの撮影が楽しく、土曜日は野火止の平林寺に行ってきました。

heirinn001.jpg

 














 私がこのお寺の存在を知ったのは大学に入る前の、浪人時代のことで、長谷川きよしさんの「夢探忍(むさしの)」という曲を聴いたことでした。この曲の中に平林寺が出て来るのですね。長谷川さんは以前から好きでしたし、この曲の荒涼感みたいなものが気に入ったのです。ちょっと調べると平林寺というお寺は実在し(今日みたいにネットのない時代です。何を調べたのでしょう)、しかも、自分の志望校の沿線にある。憧れました。学校にも、お寺にも。

 幸い、翌年の春には学校に入ることができたので、授業のない午後などに、時々撮影に出向いたものです。

 今回の探訪は、あれから30数年ぶり。新しいカメラで、仕事に関係のなさそうな被写体を撮ってみたいと思ったことや、一度、私の地元の東横線からの直通で、西武鉄道の沿線に出かけてみたいと思ったことが、ここへ出た理由です。

 久しぶりで、懐かしかった。そして、変わってしまたところ、変わっていないところなど、色々見つけることができました。総じて、変わらない場所が多くあることが嬉しかった。

 学生時代のあの頃は、毎日が不安でした。それは自分の将来のことなども含めてのことですが、そのような不安は、あれくらいの歳頃の人間であるならば、誰もが抱いているものであるような気がします。けれども、その不安は、実は今でもあまり変わることがない。これはまあ、人それぞれなのかもしれませんが。

 それでは、写真の腕は上達したのかな?
 これは恐らくそうでしょう。その歩みは決して速くはありませんが、失敗の数は、着実に増えて、蓄積されているように感じます。

heirinn2.jpg


heirinn3.jpg


heirinn4.jpg


heirinn5.jpg

  こちらは、新しいカメラならではの撮影機能をいかしたもの。
 ISO12800での撮影です。ちょっと不注意で、本当は25600まで感度を上げられるのに、その1ステップ前で撮影してしまいました。まあ、こういうミスを抽出しておくことも、新しいカメラを急いで使う理由です。

hemi02.jpg

 ご覧の通り、もうすっかり暗くなっているのですが、駅の照明で通過電車を「止まった状態」で撮影できています。後方に見える駅を発車した電車も同様。伺った話では、同じ感度設定でも、新しい映像エンジン搭載機の方が、画像はきれいなのだとか。私もこの画像を、ディスプレイで大きくして見ていますが、その限りでは、高い感度設定による「荒れ」は感じません。もちろん、なくはないのでしょうが。

 写真の黎明期は、立ち姿を撮るだけでも、同じポーズでいなければならなかった。私たちが写真を始めた頃も、夜間は動くものは撮れなかった。けれども、今はこのようになっているわけです。自分の中のモノサシの設定も、どんどん変えてゆくことを、怠ってはならない時代になりました。