FC2ブログ


7日の土曜日は雑色を歩いてきました。

雑色って?京浜急行の雑色駅の周辺です。東京都大田区。京急蒲田の一駅下り寄り。この駅の周辺の商店街も元気があるということを、昔、テレビでやっていたのを思い出し、年末の、弘明寺散歩が意外と面白かったのに気を良くして、また出かけてみたのです。

まずは自宅からバスで東神奈川駅前へ、京浜急行仲木戸駅も、その近くです。
h1.jpg
昔は、仲木戸駅は各駅停車しか停まらなかったのですが、今はJR東神奈川駅との乗り換えに考慮してでしょうか、急行が停車するようになり、結構便利になりました。

h2.jpg
上が雑色駅。今高架化工事の真っ最中です。写真は、上りホームから見た下りホーム。見事に無人と思って、よく見たら、まだ標識などが何もない。下りホームはまだ使用開始前なのですね。過渡期の風景ということになります。

h3.jpg
地平に降りて上を見るとこんな感じです。この写真を撮るために立っている場所が、以前の上りホームのようです。

h4.jpg
下り線はまだ、地平を走っています。上り線は高架化が完了しているので、雑色駅付近は単線となっているわけです。

h6.jpg
地平にある駅舎。高架化工事が終了したら、この小さな駅舎もなくなってしまうのかもしれません。

h7.jpg
駅前から続く商店街はこんな感じ。この駅の周辺では、駅の南北両方向に商店街が続いています。写真は南側。写真では解りにくいのですが、画面のいちばん奥を、京浜東北線の電車が走っています。

h8.jpg
商店街にはシロクマの親子がいて…

h9.jpg
宇宙飛行士がいて…

h10.jpg
パン屋さんがあり…

h5.jpg
肉屋兼総菜屋兼レストランがあり…

h11.jpg
手芸屋さんがあって…

h12.jpg
おもちゃ屋さんがあって…



h13.jpg
モツを売っていたりします。






いや、他にもいろいろ撮ったのですが、キリがないのでこれくらいで。

雑色駅の近くには大型スーパーもあるのですが、商店街とうまく棲み分けができているようです。正直に印象を語れば、数年前に来た時よりも、少し疲弊している感もありました。でも、いまどき、おもちゃ屋さんや、手芸屋さんが、こんな昔ながらのスタイルで健在なのは凄いなと思います。年末に歩いた弘明寺の商店街と同じように、街がシャッター通りにならない、何か理由があるのでしょう。

さて、食事をどこでするか、実は商店街をウロウしていたのですが、どうもピンとくるところがありません。ハンバーガー屋と、ラーメン屋と、ファミレスはあったのですが、ブログにも載せようと考えると、ロッテリアというわけにもいかない。ちょっと、口うるさい状態になっているわけです。

他に選びようがないので、先ほどの、肉屋兼レストランに行ってみることにしました。入り口がくたびれている感じがして、いやな予感がします。

2階に上がり、おばちゃんに「コロッケ&メンチ定食」を注文。650円。

h15.jpg










これがそれ。見てのとおり、フツ―の定食でありました。でも、最初にお茶が出た時に、アレ?って思ったんです。お茶が美味しいの。
で、定食は、衣は厚くて固いのですが、揚げたてで、これにウスターソースをダボダボかけて食べると、何だか、自分が今、どこか遠い地方の都市で食事をしているような気分になってきたのであります。本当に旅行気分。雑色旅行。そうだ雑色行こう、な~んて、そんな気分です。

誰もいなかったお店に、若い男性二人連れが入ってきました。関西弁で早口で、やかましい。二人とも大盛りメンチ定食を注文。「それならきょうのランチを頼んだ方が、お得ですよ」と、おばちゃんがアドバイス。若い二人は、「じゃ、それ」と返事します。

私は食事が終わったので、650円の支払い。奥のキッチンから、ご主人が丁寧に挨拶してくれます。「ごちそうさま」と言って、急な階段を下りて店の外へ。
この店が美味しいかと聞かれれば、答えは「フツ―」です。でも、こんなお店があっても楽しい。
また、食べ物の話かと言われてしまいそうですが、これも楽しい体験でした。


h14.jpg



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト