かしてつ1

鹿島鉄道の鉾田駅駅舎です。入口部分の飾りが,なんとなく怪しい(笑)。
良いものですよね。ちゃんと,個性と主張を備えている建物。ときどき,建物には知性が宿っているんじゃないか,と思える時があるのですが,この駅舎も,なかなかどうして悪くない。とても優しそうです。

かしてつ2

この駅で作っている鯛焼きが美味しいという噂でしたので,購入しました。たしか,このあと,食べた。
鯛焼きマイブームは,たぶん,銚子電気鉄道観音駅の二番煎じだったかとは思いますが,でも,良いじゃないですか。自慢できるものがあるということは,素晴らしいことです。町だって,人間だって同じ事。自慢できるものは,自分で努力して磨くものだもの。

かしてつ3

鉾田駅の駅舎は,その後解体されたようですね。
今はもう,鯛焼きはないのかな?



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
季節の変わり目ではございます。
風邪など,お召しになりませぬよう。

にゃ02




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月28日出題のクイズの答えです。

こちらです。

002.jpg


北海道の東根室駅。日本でいちばん東にある駅です。
ご覧のような,ホームが1本だけの小さな駅ですが,日本でいちばん東といっても,最果ての駅というような雰囲気ではなく,住宅街の中にぽつんと建っているのが面白い。
それでも,この日も,霧でした。根室の町には霧がよく似合う…という言葉は,今,私が言ったところですが,これまでにも4回くらいはこの町に来ていますが,そのうち3回は霧が出ていたような気がします。

本当は,この町で2~3日過ごしてみたい。別に豪華な食事も,スイートルームもいらない。
ただ,ぼんやり過ごしてみたい町です。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

小湊鉄道,いすみ鉄道など,非電化私鉄の話が出ましたので,もうひとつ,非電化私鉄の写真です。

かしま1

2007年の春に廃止された鹿島鉄道。駅名は,あれ?ここ,どこだったっけな?
ともあれ,鹿島鉄道の風景です。

撮影した時は,とにかく気動車が来たので撮ったという,駅ドリの写真。まあ,退屈な写真ではありますけれど,でも,こうして見ると,ムチャクチャ格好良いと思いません?

かしま2
↑ 車内です

鹿島鉄道は廃止されてしまったので,もうこのような光景を見ることはできません。もちろん,今日まで鉄道が存続していたとしても,この車両は老朽化によって置き換えられてしまったかもしれませんが,ともかく,鉄道がなくなってしまったのであれば,このような,鉄道のある情景に,私たちが出会える可能性はなくなってしまったわけです。

そうして考えると,やはり,鉄道を失ってしまうことは,私たちにとって,大きな痛手なのだと。そう思えます。
鉄道が未来に引き継がれるべき財産であるとするならば,それを私たちの代で簡単に失ってしまうことは,何としても避けたいものです。

かしま3
↑ この写真の場所は解ります(笑)。鉾田駅



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
クイズです。
写真の駅は,どこでしょう?行ったことがある人はすぐ解り,行ったことがない人には全然わからないかも。

ヒント:5月の撮影ですが寒かった。特急はもちろん止まりません。と言うか,特急は運転されていないですね。快速列車も通過します。

ヒントその2(これを言うと一発で解っちゃうかな):日本一 の駅です。

IMG_9961-01.jpg




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントの中に,「小湊鉄道の車両は1形式」というようなことを書いたので,車両の写真を。

こみなと車庫

現在14両が使用されているキハ200形です。国鉄キハ20形に準じた設計ですが,車内はロングシートで,トイレもありません。前面がヘットライト2灯であるせいか,キハ20形よりも京成電鉄の電車を思わせる雰囲気になっていますが,きれいな塗り分けで,これからもっと人気が出るかもしれません。

↓ こちらは五井駅近くの本社の脇に保存されているSL
こみなとSL

主にディーセルカーが導入されている前に使用されていた機関車で,この中には日本鉄道(明治時代の私鉄で,現在の東北本線,常磐線,高崎線などを建設した)で使用されていたものもあるという,結構貴重なものです。
この3両の機関車は,五井駅近くの同社本社の脇に保存されています。「いつでも自由に見学して下さい。見学の際には事務所の方に,ひと声かけて下さい」とのことです。

この記事を書くにあたり,色々と調べてみたところ,やはり今は色々と変化もあるようです。
本当にまた行ってみたい。

その時には「あさりめし」も要チェックですね。

↓ 上総中野駅にて
こみなと終着駅




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



(ここ1~2日,ブログの展開が早くなっております。もし未読があるようであれば,25日発信「千葉のトンカツ弁当」まで遡り,逆に読まれ,各コメントにつきましても,フォローされることをお薦めします)

そのような訳で,小湊鉄道といすみ鉄道の終点であり,接続駅である上総中野駅です。

かずさなかの

こんなことを書くと叱られますが,あさりめしと里山カレーのコラボレーション。

車両がいなくなると,こんな感じです。

かづさなかの2

向こう側が,小湊鉄道のホーム。手前がいすみ鉄道。いすみ鉄道は国鉄から引き継がれた第三セクター鉄道ですが,国鉄時代には,もっと線路があったのでしょうね。一方,小湊鉄道は,安房小湊まで線路を延ばすことを目的に設立された会社。とにもかくにもここで他社線と接続することで,外房へのアクセスルートを完成させるという望みは,一応,かなった形とはなっているのですが。

ホームには,こんな駅名標が建っていました。

かづさなかの3

いいですよね。この駅名標。
どこがって?下に書かれているようろうけいこくは,小湊鉄道の駅だし,にしはたは,いすみ鉄道の駅なんです。
終着駅の駅名標というと,片側が空欄になるものですが,ここでは,ちゃんと小湊鉄道といすみ鉄道がコラボレートしているのですね。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


みなさんから寄せられているコメントも,ちゃあんと全部読まないと,ブログの展開が解らなくなってまいりましたっ!

跨線橋の上の駅弁売り,英語で言うと何なのだろう?
A lunchBox seller on the pedestrian bridge.
とか,言うのだろうか。

どうでもいいですね。

その,五井駅の,跨線橋の上の駅弁売り場の写真がありました。

こみなとえきべん

写真を見ると,ちゃあんと,あさりめし300円と書いてあります。記憶は正しかったのだ。

で,ここで問題となるのがですね,あさりめし300円 の下に 小湊鉄道(株)と書かれてあることなのです。

小湊鉄道は,お総菜屋さんでもあったのか?というのが,今回わき上がった疑問。まあ,いすみ鉄道だってカレーを作っているのですから,何も不思議ではありませんが。

どうでもいい?

地方鉄道は,やはりどんなところにも,人の温もりがあって良いと思いました。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



それでもって,先日の写真は,箸でパッケージが隠れておりましたので,改めてパッケージに登場してもらいます。

とんかつ弁当アップ

あまりアップにはしない方が良いのかもしれない…。

でも,商品の中身とは,文字どおりテイストがあっているようにも思えます。

以前,ある駅弁屋さんに,こんなことを聞いたことがあります。

「ウチの看板商品は,もう定番として認められているものだけれども,あまりにもパッケージのデザインが古くさい。そこでデザイナーに相談に行ったんだ。そうしたらデザイナーさんから「この駅弁は,このデザインの垢抜けないところが良いんだ」と言われて,デザインを直すのをやめたんだ」

と,いうことでした。
おそらく,このトンかつ弁当も,そのような考え方なのでしょうね。もう,この弁当はこの路線だと。

そういうことを,駅弁屋さんがすべて解って,計算した上で,路線をキープしているのか。
あるいは何も考えていないのか。その答えは…?

読者の皆さんにおまかせします。
(でも,絶対,前者だと思う…)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



カレーの味の報告の予定でしたが(笑)、せっかくhmdさんから駅弁に関するコメントを頂きましたので、予定を変更して、もう一つ、安い駅弁を紹介させて頂きます。

こみなと1
↑ あさりめし

五井駅のあさりめし300円です。これは安い。
実は、今回する写真は少し古く2005年の夏に撮影したものなのですが、これを購入した時も、300円という値段は「ほんまかいな?」もので、今、これを書くにあたり、ネットで、この駅弁が存続しているのかを調べましたら300円とあった。コンビニ弁当も顔負けです。私は、駅の跨線橋の通路でこれを買った記憶があり、JRの駅の弁当でも、小湊鐵道の駅の弁当でもないような、そんな曖昧さも良いところです。

この駅弁を携え、これは途中の上総鶴舞駅で食しました。
↓ こんな駅です。
こみなと2

関東の駅百選に選ばれているだかで、確かにローカル色の豊かな良い駅でした。取材に訪れた時は、この駅で2時間半あまりを過ごすよう、わざと乗り継ぎを悪くして行ってみたのですが、まあ、ヒマでした(笑)。ただ、私と同じ「愚行」をしている人が、その日には2人いて、その人達は駅舎の中のベンチでひたすら寝ていた。本当に、何をしに来たのだか?あ、そうか、寝に来たんだ。

私が駅にいる間、やはり車で駅に来て、記念写真を撮って帰っていった人もいました。でも、あの時、駅で時間を過ごしたからこそ、この駅のことが、駅で食べた超リーズナブルな駅弁と共に、忘れ得ぬ思い出となっていることは、疑う必要がなさそうです。


こみなと3



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ