青梅線に来ました。写真は鳩ノ巣駅。もう少し早く着いていれば、良い写真が撮れたでしょうね。ちょっと残念。まあ、家に篭っているより良かったかなあ。

でも、寒い。都心より寒さに、芯があるぞ。

やっぱり、家にいた方が良かったのか?

では、良いお年を。

f:id:railtravel-navi:20101231171439j:image

スポンサーサイト

おしつまったこの時期は、さすがに仕事の催促もなく、「冬休みの宿題」はいろいろとあるのだけれど、今日はのんびりさせて頂きました。昨日までは、「新春は1月3日から平常通り営業しています」と仰った、量販店みたいな編集さんもいて、仕事ができる人は、予約が早いです。

私はといえば、ここ2~3日は、iPhoneのシステムアップに時間を割いており、OSの更新だとか、アプリのダウンロードだとかばかりやっていました。

今日(正確には昨日)は、いろいろダウンロードしているうちに「湯けむり温泉郷」という、温泉旅館の育てゲーにはまってしまい、気がついたら6時間くらいプレイしていた。お陰で、今、首は痛いし(ずっと下向いているからね)、目はショボショボしてディスプレイの文字は二重に見えるし、温泉旅館の拡張に打ち込んでいると、早死にしてしまいそうな気がします。

でも、このソフトもよくできている。まず、好みの名前をつけてシンプルな建物を建て、それを徐々に建て増しして、お風呂や、食堂や、お土産物店や娯楽室を作ってゆく。若いOLさんをターゲットにしたいなら洋室、年配の人をターゲットにしたいなら和室を重点的に作る。宣伝をして、環境の良い部屋は料金を高くし、経済的に余裕が出来たら、さらに拡張するなり、高級路線に切り替えたりと、いろいろな選択肢が用意されている。その中をお人形さんのようなお客さんが勝手に動き回り、勝手にお金を使ったり、勝手に満足したりするという具合。ゲーム中には、温泉専門誌というものが登場し、プレイヤーが作った温泉旅館を評価して、相応の賞金もくれる。この展開は、プレステのソフトにもなった「テーマパーク」の温泉版というところだけれど、こちらのゲームの方が、あれよりも少しほのぼのとしている印象。

私、この手の、切りのない育てゲーは結構好きで、これまでにもずいぶんやったなあ。「テーマパーク」「タワー」「A3」…。「シムシティ」「シムアース」あたりは不思議と縁がなかったけれど、他にもきっとずいぶんいろいろあるはず。費やした時間の累積を思うと怖くなるけれど、それは見ないでおいて。

それにしても。こうして振り返ってみると、昔(と言っても25年くらい前)のソフトの多くには、どこか間の抜けたところがあって、でも、今にしてみれば、そこにも味があった。最近のソフトはグラフィックは凄いが、シナリオには妙味がない。

きょうはまった単純なアプリには、パソコンに初めて出会った頃の懐かしさみたいなものも感じられて、それもあって、あれだけはまってしまったのだろうなあ。そういえば、相田洋さんのルポルタージュ「新・電子立国」には、あの頃の事が詳しく書かれていた。あの頃は、私たちも、それからソフトの作り手も、皆、パソコンという新しいツールとの出会いに夢中になっていた。遊ぶ方も、作る方も、眠るのがもったいなかった。相田さんの本の中には、札幌のハドソンソフトは、会長が鉄道好きでC62にちなんで、会社の名前がつけられたとか、徳島のジャストシステムは、初めてシステムが売れた時に、ご夫婦で号泣したとか、そんなことも書いてあったっけ。

あの頃のことをもう一度思い出すことができて、また、頑張ろうと、気落ちを新たにできたのだから、きょうのゲーム代だって、安いものでした…

↑というのは、今、無理矢理こじつけた言い訳です。わが最愛の旅館「旅の宿 大三元」は、まだまだゲーム中の専門誌からの評価が低くて困っているのだ。臥薪嘗胆。捲土重来。とか何とか。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

*池口英司へのコンタクトはこちら

自分が一人になれる時間を、書店で過ごすくらい楽しいことはない。

次にどの本を読むか、あれも読みたいし、これも読みたい。

この頃の毎日は、新聞の折り込み広告にも、数の子や蟹が登場して、たまにはこういうのを買い込むことも確かに、心が弾むことだとも思う。お正月の準備だものね。

で、私の準備はといえば、本日はスーパーで買い物をし、それは出来合いのおせち料理とかではなくて、調味料とか、蕎麦とか、フランスパンとか、サンドイッチスプレッドだとか、そのようなもの。ひと工夫すれば、美味しいものがいくらだって作れる。

それから、これは家の中のどこかに絶対にあるのだけれど、スタインベックの短編集の文庫本。書店に出向いて、これを買いました。先日、図書館で、チャンドラーの本も借りてあるので、このあたりの小説らしい小説を、正月にはゆっくり読んでみようと思っているところ。

スタインベックの「朝めし」という短編は、文庫本でわずか5ページの長さしかないことが解った。この長さで、あっと驚くオチなどない、けれども何度読んでも、心を洗われる思いになれる短いストーリー。

このような作品を、どんどん書けるようなれるなら、それがいちばん良いのだけれど。

まだ冷蔵庫の中にソーセージが残っていたので、再度、カリーブルストに挑戦。

f:id:railtravel-navi:20101228121009j:image

だいぶ慣れてきた。今回は付け合わせにマッシュポテト。ジャーマンでしょ?

ソーセージはシンプルにソテーしても、あるいはボイルでも美味しいけれど、一手間のプラスで、味わいがずいぶんと艶やかになります。

冷蔵庫で思い出したけれど、モデルバーンさんのヨーロッパツアー。スイスのあるホテルをチェックアウトする時に、フロントの女の子から聞かれたことが「Did you use Reizouko」というもの。

この問いかけは、最後の言葉がわからなくて、答えられなかった。すると、周りにいた仲間が、「冷蔵庫を使ったか?って」と教えてくれたけれど、「え~、冷蔵庫なんていう英単語、俺、知らないよ~」と言ったら、この日本語は意味が通じたようで、女の子も笑っていました。英語で冷蔵庫というのは、フリーザーではないそうで、そこで難しい英単語ではなく、そこだけReizoukoにしたのでしょうね。

まあ言葉というものは、どこの国であれ、お互いに意志があれば、最後には通じるものですが。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

打ち合わせを兼ねた夕食を終え、遅めに東京駅に戻ると、もう掲示板には「サンライズ」の発車時刻が表示されていました。

でも、昔は、こればかりでなく「銀河」だってあったし、大垣夜行だってあったし、いや、夕方には「さくら」「富士」「みずほ」「はやぶさ」「あさかぜ」などが、次々に発車してゆくゴールデンタイムがあったわけだし、上野駅であれば、「八甲田」「十和田」「はくつる」「ゆうづる」「越前」、いや、もう切りがなかったわけですけれど、次から次に長距離夜行列車が入線しては駅を出てゆく。そんな時代がありました。

打ち合わせをした編集の人は、実家が北海道にあって、昔は、帰省ももちろん列車。「はくつる」の指定が取れなくて、これが「ゆうづる」ならまだ良いけれど、「あけぼの」しか残っていないとなると、計画の見直しせざるを得なかったのだとか。「あけぼの」だと、青森到着がずいぶん遅くなってしまいますからね。

そんな思い出話をできるのも、考えてみれば、私たち世代までなのかなあ、なんて話をしましたら「今は、夜行バスでしょう。今、歩いて通ってきたバスターミナル。ざわざわしていましたよね。夜行列車が発車する前のホームも、あんな雰囲気だったと思います」との答え。

それだとすると、今、バスに乗って帰省している若い人たちは、将来、今の時代を懐かしむことになるのかなあ。もっとも、将来もバスは残るでしょうけれど。

彼の今年の北海道への帰省は、行きは飛行機で、帰りは新幹線とのこと。「昔は、列車で北海道に行けて、楽しかったでしょう?」と聞いたら「大変でした」とも。そうでしょうね。今はもう、青森からなら3時間台。それでも、まだ「もう一度八甲田に乗りたい」という気持ちが消えないのは何故だろう。

もう、暮れも押し詰まっているせいでしょう、遅い時間の東京駅はすいていました。

出かけたついでに、鶴見線の大川駅に寄り道してみました。

ご存じ、首都圏最後の旧型国電クモハ12形が運転されていた所。現在は205系が乗り入れていますが、運転本数が極端に少なくなっており、休日は、1日3往復のみの運転。朝、8時半過ぎに駅につきましたが(車利用です。すみません)、駅はもちろん無人で、次は18時過ぎの最終列車まで、運転はありません。

↓駅構内、雑草が生い茂っています

f:id:railtravel-navi:20101226085251j:image

私たちが鉄道を好きになってから、つまり中学生ぐらいになって、自分でも動けるようになってから、この駅ではよくホッパ車が留置されているのを見たものです。隣接する日清製粉の工場の製品である小麦粉が、各地の工場に発送されていたのですね。

↓留置線の跡

f:id:railtravel-navi:20101226085305j:image

ウィキを見たら、貨物鉄道の駅としても、まだ廃止にはなっていない模様。留置線の跡と書きましたけれど、まだ「跡」と言い切ってはいけないわけですね。でも、もう運転されることはないのだろうなあ。

↓駅近くの引き込み線の踏切も埋められています

f:id:railtravel-navi:20101226085221j:image

クモハ12形を見にきた時、あるいはもう少し後になってからであれ、ここに来ると大概貨車の姿を見ることができて、あるいは運が良ければ入れ換えや、DE10形が引く短い編成の貨物列車を見ることができた。もう、そんなこともできないのかな。

昔の、活気ある時代を見ることができた私は幸せであり、そのすばらしさを語っていかなければならないわけですが、難しくなったものです。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

土曜日の朝くらいのんびりしようと思って、ファミレスの朝食バイキングに行ってみました。

もちろん、バイキングだから、取り放題ではあるけれども、何もかも取って並べると、かえって浅ましい情景になると思い、控えめに。

f:id:railtravel-navi:20101225085333j:image


しかし、こうして見ると、なんだか貧相だな~。実際にはそんなこともなくて、パン食主体にすることもできるし、ソフトドリンクバーもある。お値段も699円ですから、自分で用意しても、すぐにそれくらいは行ってしまう可能性があるし、なにより、食後もコーヒーを飲みながらゆっくり新聞を読むという楽しみがあり、コストパフォーマンスは悪くないと思います。もっとも、私の家からはこの店まで11kmほどあり、食後ゆっくりして、家に帰ると、そろそろ昼ご飯のことを考えてもよい時間になるという…

その一点は折り合いをつける必要がありますが。

最近は、ビジネスホテルでも朝食バイキングの所が多く、宿泊費5000円クラスだと、まあまあの品揃え。7000円クラスになると、お粥や蕎麦などが用意される場合もあり、10000円クラスだと、コックさんが目の前で卵を焼いてくれるという、そんなクラス分けがあったりします。

やっぱり、朝ご飯を楽しむというのも、考えて見れば、旅にとっては大きな要素で、美味しい朝ご飯に出会えると、爽快な気持ちになれる。これまでの旅の中で良かったのは、どこだろう?

間違いなく最高だったのは、伊豆のある旅館で(名前を忘れてしまった)、宿の人が、朝、港へ行って鰺を手に入れてくれた。これは文句なし1位。

2位は、いろいろありそう。今年の春に行った津和野の旅館は、量が(朝から)凄かったし、去年の夏の山陰の民宿も良かった。富良野のペンションは、和食に牛乳がついて、北海道らしくもあり、給食みたいでもあり。そういえば、「北斗星」と「トワイライトエクスプレス」の朝ご飯も負けていないと思う。ただ、乗るのが、いつも取材なので、あんまり楽しめていない。これはこちらが悪い。

文学に出てくる朝食の最高峰は、スタインベックの「朝めし」だろうか。この作品に登場するメニューは、たしか、トースト、コーヒー、ベーコンだけなのだが、とにかく、美味しそう。

そうか。書き手がしっかりしてさえいれば、メニューはなんであれ、美味しそうになるのだ…。

きょうの私のブログでは…、失格だな、これは。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

横浜市内の鶴見まで打ち合わせに出かけたついでに、京浜急行の鶴見市場駅で途中下車してみました。

f:id:railtravel-navi:20101224150818j:image

ほめられた写真じゃないので、小さめ。でも、もう少し早い時間に行って、カメラもきちんとしたものであれば、もう少しきちんとした写真が撮れそう。iPhoneしか持っていなかったのが残念。残念って、胸のポケットに入れていた受話器で撮影しているカメラマンも、褒められたものではないけれど。

駅前に出ます。


f:id:railtravel-navi:20101224150310j:image


鉄道模型専門店。はやぶさ健在。このお店には、子供の頃から何回来ただろう。まあ、それほどの数ではないけれど。

子供の頃から、ずいぶんと、このお店のおばさんに叱られた。模型の作り方などで。昔の小売店というのは、それがお客さんでも、子供でも、叱る時は叱った。今は?量販店のおねーさんは、そもそも商品知識がないから、叱ることも、おだてることもできない。それもご時世。

お店の中を覗くと、今でもHOの車両が並んでいる。きっと、また買い物に来よう。子供の頃には、ここに並んでいる車両が欲しくて欲しくて。でも、高くてとても買える値段ではなかった。あの頃は。

懐かしいのは、京浜急行の駅案内の看板が掲げられていること。これは昔のタイプ。電光式で、夜はこれが光るのですね。今使われている案内看板は、ただの看板になってしまったけれど、昔は国道沿いの、駅の入口などに、この看板が立っていて、夜は光っていたわけです。私は京浜急行が好きだったから、この看板でさえ、自慢したい気持ちになる存在でした。

そして↓が、鶴見市場で一番有名な場所。毎年必ずテレビに登場します

f:id:railtravel-navi:20101224145804j:image

駅のすぐ近く。さて、何でしょう?コンビニの写真を撮ったわけではありません。

ここが、「箱根駅伝」の鶴見中継所です。写真の場所は上り車線ですが、下りであれば、毎年1月2日の9時頃に、ここが写されるわけです。私は、1年のうちで1月2日がいちばん好き。開放感があって。

また、鶴見中継所がテレビに登場する日が、もうすぐやって来ます。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

*池口英司へのコンタクトはこちら

カリーブルスト第2弾であります。

ソーセージをカレー粉で炒め、軽く焼いたロールパンに挟んでみました。タマネギはパブリカと炒め、テストに生のものも少々挟んでみました。

f:id:railtravel-navi:20101223181426j:image

ドイツパンなどと違って、パンが「軽い」ので、全体的なフィーリングも軽い。サクサク食べられてしまう感じ。美味しいけれど、少し物足りない感じも残る。キューリのスライスとマヨネーズも入れたくなる。

と、いうことは、ソーセージを重厚なカレー味に仕上げたければ、タマネギにはこだわらず、カレー粉だけでない少しまったりとしたカレーソースを作って、その中でこねくり回すのが良いのかもしれない。

でも、これはこれで、朝ご飯、昼ご飯などには好適かも。

今日は、予定していなかったギャランティが6000円入ってしまったので、つい気が大きくなり、スーパーで香辛料などをお買い物。返す刀で、モデルバーンさんにご紹介頂いたカリーヴルストを作ってみることにしました。

↓で、完成

f:id:railtravel-navi:20101222193526j:image

レシピはネットに出ていたもので、モデルバーンさんに紹介して頂いたものとは少し違う雰囲気。でも、名物と呼ばれるほどのものなら、レシピなど何通りもあるはずなので、気にしなくてよし。

一応、上のものは、タマネギをみじんに刻んで透き通るまで炒め、さらにカレー粉とパブリカを加えて炒め、香りが立ったところでトマトケチャップを追加してさらに炒め、ソーセージはソテー、熱くなったソーセージに先ほどのソースをかけ、最後にカレー粉をもう1度まぶす、というもの。

これはもう料理のうちに入らない。ジャガイモ1個皮をむくのより早く完成します。

これは美味です。パーティにうってつけという感じですし、ビール、ワインにも合うでしょう。私は一口食した後に、実はもう一回カレー粉をまぶしたのですが、それをしなくても、このトマトソースも美味しいです。万能選手という感じで、ボイルした鶏にかけても美味しいでしょうし、ショートパスタでも良いかも。タマネギは火を通し過ぎない方が良いかもしれません。これであれば、失礼ながら、マクドナルドのハンバーガーに入れてみても、かなり美味しくなるでしょう。一緒に食べようと思ってロールパンなども用意しておいたのですが、先にソーセージだけ、食べてしまいました。ごちそうさま。次は、もっとカレー粉よりの味にしてみよう。

しかし、クローゼやオリバー・カーンは、毎日こんなものを食べているのでしょうか。それならガタイも大きくなるだろうなあ。お茶漬けで勝てるか?ザックジャパン。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*