FC2ブログ

5月24日

2日続きで江ノ島方面へお出かけ。昨日、江ノ島まで来たのに、夕食にラーメンなど食べてしまい、そのことが少し悔いになったので、そのリベンジです。とはいっても、自宅から江ノ島までは25キロで、途中、藤沢まではバイパスがつながっているので、さして時間はかからない。群馬の方がよっぽど遠い(←あたりまえだけれど)。

ちょうど昼時だったので、混んでいるだろうと諦めていたのですが、腰越の「しらす屋」さんの前を通ったら、行列がわずか5人だったので、慌てて車を駐車場に入れ、走ってお店へ。親子丼を頼みます。


↓しらす屋の親子丼

f:id:railtravel-navi:20090524123610j:image


親子丼といいましても、その内容は、生しらすと、ヒコイワシの刺身のどんぶりです。せっかくなので生しらすを食べようと思って注文したのですが、でも回転寿司などに出てくる生しらすって、苦いことが多くて、あれが本当に美味しいのかなあ、イワシもクセがあるし…と、思っていたのです。

けれども、食べてみますと、生しらすに苦みはまったくなく、ヒコイワシもクセがありません。これは美味しいです。どんぶりと一緒に出てくる味噌汁にはミツバが入っていて楽しい彩りとなり、小魚が入った小鉢も食べ応えがあります。

つまり、これくらい、気を遣ってくれているからの行列なのでしょう。これで950円はお得。自宅からそう遠いわけではないのだから、もっとちょくちょく、ウィークデイに来ようと思いました。雨模様だから、行列が短かったのでしょうね。前回来た時は40分くらい待たされたのですが、きょうは10分足らずでした。

そうして考えると、こういう人気の場所には、雨の日にこそ、もっと出かけてみるべきなのかもしれません。たしかに傘をさして歩くのは鬱陶しくはあるけれど、空気はきれいだし、人が少ないので、思わぬ発見にも出会えます。

食事を終わって江ノ電を2~3カット撮影。電車もがらがらでした。こんな時は良い席に座れます。


↓江ノ電

f:id:railtravel-navi:20090524130156j:image


撮影を終わって、もう一度「しらす屋」の前を通ると、行列がまったくなくなっていました。なんだか損をしたような気分になりました。


↓小動(こゆるぎ)からのきょうの海

f:id:railtravel-navi:20090524125359j:image




*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト