5月30日

最初、この週末を利用して関西方面に取材に出かけることも考えていたのだけれど、今の体調(というか不規則な睡眠時間の連続)で出かけたら「そりゃ、死にまっせ」とのアドバイスももらったので自重。確かに,朝からいくらでも眠れた。正解でしたな。

そんなわけで一日があっという間に夕方になり、晩御飯をかねて横浜駅西口へ。

書店で本を物色していると、鉄道書のコーナー(最近、あちこちの書店に作られるようになった)で女性が鉄道の本を立ち読みしている。なかなか美しい人です。

これって、最近の「鉄道ブーム」が後押ししての風景なのでしょうね。ちょっと信じがたいような感じ。高速道路の真ん中にお地蔵さんが建っているような(で、あとからもう一度そのコーナーを覗いたら、別の女性がいた)。

ブームはありがたいことです。もし本当にこれで女性が少しでも鉄道趣味に定着してくれれば、趣味人口が倍、とは行かないまでも、1.5倍くらいにはなってくれるかもしれず、もし本当にそうなれば、本を作る上で、もっといろいろなことができるようになるのですから。

以前、一緒に仕事をしたことがあるアナウンサーが「僕は鉄道の趣味に女性が入ってくることは、信じたくない」というようなことを、ビールを飲みながらですが、仰っていて、その純情さ、硬派であることがこの趣味を育んできたという一面は絶対にあると思う。かく言う私も、F1の放送で、古館さんがロータスのことを「走る阪神タイガース」と形容した時は、すごく嫌な気持ちになったもの。

でも、ブームは素晴らしいことだし、あとはこのちょっぴりのブームの後に何が残るかが、今の私たちが問われることなのだろうなとも思う。女性が鉄道に興味があるのは、やはり車両の形態分類ではなく、鉄道が持つ抒情性だとか、凛とした部分だろうから、そのあたりをもっともっと紹介していかなければいけない、つまり私たちが勉強しなければいけないのかなとも思う。さあ、どうなるのか。

帰宅後、パソコンのウィルスソフトをインストールし直し、部屋の掃除(これはまだ続行中。当分続く)をして、買ってきたチャンドラーの文庫本を読む。このストーリー、ちょっと格好が良すぎる。若いバーテンダーが、50を過ぎた男のようなセリフを連発してはいかんよ。

でも、本当この小説のような世界があったら、いいだろうな~あ。




*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト

                                   江ノ電 電車旅行ゲーム

鵠沼駅

電車は走るよ。ガタンゴトン。

f:id:railtravel-navi:20091231111456j:image


江ノ島駅へ   

                                   江ノ電 電車旅行ゲーム

三叉路


極楽寺駅から、駅前の道を鎌倉方向へ。道はすぐに緩い坂道を上り、三叉路に出会います。

f:id:railtravel-navi:20100101120339j:image



さて。

三叉路を左に行く


三叉路を右に行く


極楽寺駅へ戻る

前回出題のクイズの答えはこちらです。↓


f:id:railtravel-navi:20090409124705j:image


鹿児島本線折尾駅。駅が開業したのは明治24年。当時の私鉄・九州鉄道の駅として開業した駅で、現在の駅舎が建てられたのは大正6年。北九州地区にある古い駅舎というと門司港駅のものが有名ですが、この折尾駅もなかなかどうして、十分な風格があります。この折尾駅は、日本で初めての立体交差駅としても知られており、上の階に鹿児島本線の、下の階に筑豊本線などのホームが設けられています。

折尾駅は駅の改良工事着工がアナウンスされているそうで、計画が実行されれば、現在の駅舎は今年の秋には取り壊されてしまうそうです。保存運動も始まっているようですが、鉄道会社は保存には消極的なのだとか。維持にお金がかかるのでしょうね。

でも、個人的には、この駅舎が姿を消してしまうのは、あまりに惜しいと思います。なんだかの形で保存されれば本当に嬉しい。最近になってできた「未来的なフォルム」の駅舎よりも、折尾駅のような風格のある建物を見ている方が、よっぽど心が癒されるように感じます。このような古いものは、一度姿を消してしまえば、2度と蘇ることはありません。復元したとしても、それは復元に過ぎません。このような古いものが残っていること、その古いものに、私たち自身が生きている間に出会えたことに、もっともっと喜びが感じられても良いはずだと思います。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

                                   江ノ電 電車旅行ゲーム

お饅頭屋さんの角


道を辿ってゆくと饅頭屋さんがある角に出会いました。これも由緒のありそうな構えですが、残念なことに、今日はお休み。角を曲がって進みます。

f:id:railtravel-navi:20100101123211j:image



進む

世の中全体もそうですが、今出版界は未曾有の不況といわれています。

この状況を乗り切るために、各出版社が採用している手段が少量多品種生産です。このあたり、いずれゆっくり書かなければいけないと思いますが、そのようなこともあって、私たち出版人は、仕事に追われまくっています。それはもちろん、仕事がないよりも100倍も200倍も有り難いことには違いないのですが。

まず、そのような言い訳を書いてしまいましたが、今週もなかなか自由な時間が取れません。先週、金曜日の昼までは悲惨な状況が続くというような予測を書いたような記憶がありますが、その言葉が今週もそのまま活かされる状態が続いています。嬉しいね。

で。

またまた机の前に座りきりです。でも、新しいネタを仕入れないと、ブログが澱んでしまいかねません。そこで窮余策。クイズの出題であります。下の写真の駅はどこでしょう?九州です。

回答は次回に。現地を知っている人には、もちろん、超簡単な問題ではありますが。


↓有名駅弁があることでも知られている駅です

f:id:railtravel-navi:20090409121630j:image



*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

                                   江ノ電 電車旅行ゲーム

由比ヶ浜駅


由比ヶ浜駅に到着です。

f:id:railtravel-navi:20100101125353j:image


この駅で途中下車して、駅前の道を山の方に向かって歩く


この駅で途中下車して、駅前の道を海の方に向かって歩く


電車に乗って、次の和田塚駅へ向かう

5月24日

2日続きで江ノ島方面へお出かけ。昨日、江ノ島まで来たのに、夕食にラーメンなど食べてしまい、そのことが少し悔いになったので、そのリベンジです。とはいっても、自宅から江ノ島までは25キロで、途中、藤沢まではバイパスがつながっているので、さして時間はかからない。群馬の方がよっぽど遠い(←あたりまえだけれど)。

ちょうど昼時だったので、混んでいるだろうと諦めていたのですが、腰越の「しらす屋」さんの前を通ったら、行列がわずか5人だったので、慌てて車を駐車場に入れ、走ってお店へ。親子丼を頼みます。


↓しらす屋の親子丼

f:id:railtravel-navi:20090524123610j:image


親子丼といいましても、その内容は、生しらすと、ヒコイワシの刺身のどんぶりです。せっかくなので生しらすを食べようと思って注文したのですが、でも回転寿司などに出てくる生しらすって、苦いことが多くて、あれが本当に美味しいのかなあ、イワシもクセがあるし…と、思っていたのです。

けれども、食べてみますと、生しらすに苦みはまったくなく、ヒコイワシもクセがありません。これは美味しいです。どんぶりと一緒に出てくる味噌汁にはミツバが入っていて楽しい彩りとなり、小魚が入った小鉢も食べ応えがあります。

つまり、これくらい、気を遣ってくれているからの行列なのでしょう。これで950円はお得。自宅からそう遠いわけではないのだから、もっとちょくちょく、ウィークデイに来ようと思いました。雨模様だから、行列が短かったのでしょうね。前回来た時は40分くらい待たされたのですが、きょうは10分足らずでした。

そうして考えると、こういう人気の場所には、雨の日にこそ、もっと出かけてみるべきなのかもしれません。たしかに傘をさして歩くのは鬱陶しくはあるけれど、空気はきれいだし、人が少ないので、思わぬ発見にも出会えます。

食事を終わって江ノ電を2~3カット撮影。電車もがらがらでした。こんな時は良い席に座れます。


↓江ノ電

f:id:railtravel-navi:20090524130156j:image


撮影を終わって、もう一度「しらす屋」の前を通ると、行列がまったくなくなっていました。なんだか損をしたような気分になりました。


↓小動(こゆるぎ)からのきょうの海

f:id:railtravel-navi:20090524125359j:image




*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

夕方から江ノ島に行ってきました。

今回はキスデジタル(初代)を持っての撮影です。たしかこのカメラは有効画素数は600万だったかな。

最近のコンデジに比べれば半分の数値です。


↓まず江ノ島入口

f:id:railtravel-navi:20090523195259j:image


ISO感度は1600相当にしています。やっぱり荒れが目立ちます。そうすると、先日のコンデジの写真だって、そう悪くはないのかもしれない。「普通の人」であれば、十分に満足するのではないでしょうか。

次は海。


↓やはり荒れが目立ってしまう

f:id:railtravel-navi:20090523195915j:image


荒れ荒れの画面を見ていると、新聞の写真みたいで、ストレスが溜まります。

次はISO感度を400にしてみました。


↓これくらいなら「見れる」と思います

f:id:railtravel-navi:20090523200829j:image


こういう「静的」な写真は、やはり画質がものをいうようです。

同じくISO400相当で…


↓江ノ島駅

f:id:railtravel-navi:20090523202504j:image


これはもう、先日の写真とは雲泥の差が感じられます。やはり超高感度での撮影というのは、あちこちに無理があるようです。先日はフォトショップで黒を潰して画面を「締め」ましたけれど、今回の江ノ島駅の写真は、少しハイライトを暗くした程度。シャドウを明るくすると、夜景なのに締まりがなくなるように感じます。もう1枚分岐器の写真。ハイライト、シャドウともに手は加えず、少しコントラストを高くしました。


↓分岐器(つまりポイント)

f:id:railtravel-navi:20090523202650j:image


やはり、デジタルカメラでも撮影の基本的な部分は変わらないようです。それでもコンデジも悪くないと思ったのは、いたずらする気持ちで写真を撮る気持ちになれることでしょう。遊びの感覚。身も蓋もないような言い方をすれば「お腹が空いていればインスタントラーメンだって美味しい」ということでしょうか。ただ、ずっと記録を残しておきたい写真を撮るのであれば、デジイチにしておいた方が、後悔することが少ないとは思います。現状では。

もちろん、デジイチもコンデジも、これからさらに進歩するでしょう。凄い勢いで。

私が今回試したことなど、すぐ無意味になるのでしょうね(←経験から)。


*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

                                   江ノ電 電車旅行ゲーム

江ノ島電鉄鎌倉駅



江ノ島電鉄の鎌倉駅は、どちらかといえば駅の裏手と呼びたくなる側に、瀟洒という言葉がよく似合うこじんまりとした建物を構えています。

今日の、江ノ電の旅は、これでおしまいです。

3つのお土産は手に入れられましたか?

もし、まだ足りていないようであれば、駅の反対側の小町通に、最後のショッピングに出向いてみましょう。

f:id:railtravel-navi:20100101140410j:image



3つのお土産を手に入れているのでJRの鎌倉駅へ。さあ帰宅


小町通へ