FC2ブログ

 現在の桜木町駅周辺は、ご存知のように「みなとみらい」地区としての開発が進み、昭和の時代とはまったく異なった未来的なフォルムの建物がずらりと並んでいます。

f:id:railtravel-navi:20081015121243j:image

まだ、国鉄がSLを動かしていた時代には、現在と桜木町駅と横浜駅の中間のあたりに高島機関区という機関車の基地があって、D51形SLが貨物列車のけん引に働いていました。まだ中学生だった当時の私は、鉄道好きの友人と一緒に何度もこの機関区を訪れ、「見学」と称して、構内で機関車を眺めたり、その姿をカメラに収めたりして、幸せな気分に浸っていたものです。名簿に名前を書くだけで、あとは「気をつけろよ」と注意されるだけで機関区の構内に自由に入ることができたこの時代は、確かに「良い時代」だったのでしょう。写真が、かつて高島機関区が所在した場所で、この写真には写ってはいませんが、この右手にターンテーブルと、それを囲うようにして建つ扇形の機関庫が建っていました。もし、この機関庫が今も残っていたら…。「赤レンガ倉庫」と対をなす、「みなとみらい」の名物となっていたかもしれません。

 6度にわたる鉄道の日関係の記述はこれにて終了。明日からは、行き当たりばったりの気ままなブログを始めます。よろしければ今後もお付き合いください。

*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト