FC2ブログ

 今日からは、旧・横浜駅についても触れてみることにします。

 現在は桜木町と名前を変えたこの駅が、日本で初めての鉄道のターミナル駅として開業したのは、明治5年5月7日のこと。これは当時施行されていた太陰暦によるもので、現在施行されている太陽暦に換算すると6月12日のこととなります。現在は「鉄道の日」に指定されている10月14日は新橋~横浜間に鉄道が開業した日ですが、これも太陽暦換算での日付。太陰暦換算では9月12日となります。6月12日と10月14日ではずいぶんと日にちが違いますが、新橋~横浜間の鉄道開業に先立って、品川~横浜間が先に仮開業を果たし、この日が旧・横浜駅の開業日となりました。

 「旧・新橋駅跡(その1)」でも触れたように、新橋~横浜間に鉄道が建設されたのは、横浜に港があり、海上運輸との連絡が見込めたことと、この地は平坦で、追って建設される予定の日本の東西を結ぶ幹線建設の「予行演習」にも好適と見込まれたことがありました。したがって新橋~横浜間の路線はあくまでも、一支線に過ぎず、横浜から先の延長は予定されていなかったことから(このため横浜駅は、現在の場所になるまでに2度の引越しを行っています)、新橋~横浜間の開業に際して用意された10両の機関車も、すべて小型のものばかりでした。

<明日へ続く>

*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト