FC2ブログ

 第1回のこの欄にも書きましたように、わが国で初めての鉄道は、明治5年10月14日(太陽暦換算)に新橋~横浜間に開業しました。この頃、東京駅はまだ作られてはおらず、新橋が首都・東京のターミナル駅に選ばれ、横浜は港があるということから、一方のターミナルに選ばれました。よく知られているように、当時の横浜駅は、現在は桜木町駅と名前を変えています。明治の新政府は、鉄道を新しい時代の基幹産業と考え、まず東京と大阪を結ぶ路線と、東京と横浜を結ぶ路線の建設を急いでいます。東京と大阪を結ぶ路線は、もちろん日本の東西の中心都市を結ぶ路線としてですが、東京と横浜を結ぶ路線は、あくまでも幹線とは別の、港への連絡を果たす支線と考えられており、横浜が終点。最初に新橋~横浜間が建設されたのには、幹線建設のための「練習ラウンド」的な意味合いもあったようです。

<明日へ続く>

*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト