FC2ブログ

 10月14日は「鉄道の日」です。以前は「鉄道記念日」と呼ばれていましたが、今は「鉄道の日」に改められました。なぜ、この日が記念の日なのかといえば、明治5年10月14日に日本で初めての鉄道が新橋~横浜間で開業したことに由来しています。

 当時を振り返ってみると、まだこのときには太陽暦は施行されてはおらず、この日は太陰暦では9月12日に当たっています。同じ年の12月になってわが国でも太陽暦が施行され、これに換算すると、この日は10月14日にあたることから、この日が記念の日となりました。

 当初はこれよりも3日早い太陰暦9月9日の鉄道開業が予定されていましたが、あいにく当日が暴風雨となり、開業が3日延期されました。当日の気圧配置を調べてみようとしたことがあるのですが、まだこの頃は気象庁も開設前で、どうも詳細なデーターは残っていないようです。

 雨のせいで日本の鉄道の歴史は3日短くなったということにはなりますが、実はこのときはすでに、品川~横浜間で鉄道が仮開業を済ませており(仮開業は同年の大陰暦6月12日のことでした)、正式開業の延期はさほど問題とはとらわれていないようです。現代では、開業記念式典は、部分開業であれ営業運転の開始日、あるいはその前日に行われるのが一般的ですが、昔はその路線が全線開業を果たしたときに規模の大きな式典が行われていますので、「全通祝い」的な意味合いもあったのかもしれません。

<明日へ続く>

*池口英司に学ぶ写真の撮り方コーナーやおトクな鉄道旅行情報を網羅した「鉄道旅行なび」はこちら*

スポンサーサイト