FC2ブログ

 その仕事に出会ったのは、いつのことだったろう?少なくとも10年以上前で、恐らくは12~13年前のことではなかったかと思う。ある玩具メーカーの社長さんから連絡があり、鉄道の玩具を売るための会議をしたいということだった。もう時効ということにさせて頂いて書いてしまうと、「ブリキで作った鉄道の玩具が大量に売れ残っているのを、倉庫で見つけた。それをどうするか?誰に聞いても、捨てるのが結局いちばん安上がりという。でも、私は、何とかしたいのです」というのが、社長さんの弁。会議室には、私の他に、デザイナーさんであるとか、他のメーカーの方であるとか20人くらい集まっていたと思う。私は鉄道の実物に知識があるアドバイザーといったところ。その会議でずいぶん色々な意見が出たのは、社長さんの進行がうまかったことと、それから気合いではなかったのかなと思う。

 会議が終わって解散し、少ししてまた連絡があった。「商品化する。ついては各パッケージに入れる短い解説を書いて欲しい」とのこと。簡潔なものと、絵本の解説のようなタッチと、2種類を書いてメールし、判断を仰いだ。すぐに社長さんから携帯に電話があり、どちらが選ばれたのかは忘れてしまったけれど、「これでお願いします。それから池口さんの顔写真を送って欲しい。解説文に似顔絵を添えるから」とのことだった。

 しばらくして商品の見本が送られてきた。箱を開けて驚いた。個々の車両は1両ずつシュリンクされ、壁に吊るせるように工夫されたパッケージの厚紙の部分には、「昔、子供だった大人たちへ」であるとか「私、ブリキなんです」というポップなコピーが、商品ごとに幾つかパターン変えて、ゴシック体で大書きされていたのだった。私は1回で放免されたけれど、あの後に、デザイナー、コマーシャルコピーライターは、相当に打合せを重ねたのではないかと思う。そうでなければ、これだけ思い切った商品にはできなかったと思う。その後に聞いた話では、販路も通常のルートではなく生協に出されたといい、製品は完売となったとか。

 私のところに届いたサンプルは、結構、いろいろな人にプレゼントしてしまい、写真のものが貴重な生き残り。これを見るたびにあの時を思い出す。物を売るには、少しの工夫を惜しまずに注ぐこと、という貴重な教訓と一緒に。でも、これが「最後の1両」じゃないのだな。部屋の中のどこかにもう1両、新幹線が残っている。だから、この1両を見ても、そんなにおセンチにはならずに済んでいる。もちろん、パッケージの中に入れられていた私が書いたコピーと、線画によるコミカルな似顔絵も確認済み。ただ、これはもったいないことに紛失してしまった。今、見直してみると、きっと私の似顔絵も、ずいぶんと若いのだろうと思う。

IMG_1720_convert_20181209203717.jpg



スポンサーサイト

ビジネスジャーナルに執筆しました"本物の豪華寝台列車でオリエント急行のフランス料理を楽しめる、東京・木場のレストラン!が掲載されました。
幾度か、このブログにも報告させて頂いています木場のフランス料理レストラン「アタゴール」で、シェフの曽村さんにお話を伺って構成した記事です。

この時のインタビューは4時間。曽村さんには、3000字の原稿には長すぎる時間を割いて頂き、食材を冷蔵庫にしまう時の順番であるとか、「料理人を教育する時、まず最低限のことと英会話を教えるべきなのか?それともトイレの掃除からさせるべきなのか?」というような、どこにも記事になりっこないような話題にまで、教示を頂きました。これは、私のこれからのバックボーンとさせて頂けるのだと思います。そして、ライティングビジネスという仕事の役得みたいなものも、存分に感じたのでした。

「これはオフレコね」という但し書きつきで、昨今の「鉄道の食」に対するご自身の感想も、ずいぶん伺いました。オフレコなのですが、少しだけ漏らしてしまうと、要は「必要なことは、美味しいものを作って、お客様に喜んでもらうことだけでしょう」ということでした。

わずかなことしか紹介できなかったかもしれない記事ですが、よろしければ、ご覧ください。

IMG_0088_convert_20181206090609.jpg


短い記事2本を執筆させて頂きました「鉄道ファン」1月号の見本誌が自宅に届きました。
記事1本は、「鉄道ファン誌に見る『ヨン・サン・トオ』と題し、宮田寛之さんにお話を伺い、彼のダイヤ改正に対する当時の目線を検証しました。インタビューと言いながら、最後は私自身の印象も書きましたが。

もう1本は情報コーナーに、映画「かぞくいろ」の試写会のインプレッションを記しています。
有村架純さん、國村隼さんが、肥薩おれんじ鉄道の運転士を演ずる「Railways」シリーズの第3作です。映画は月末に封切りとなります。

RF201901.jpg

記事を執筆しましたスタンダーズ刊「首都圏沿線格差2019」の見本誌が自宅に届きました。
 格差などというタイトルがついておりますが、内容はそれほどシニカルではありません(と、書いた人が言うております)。山手線、根岸線などの路線ごとに、さまざまな小話で誌面を埋めていきました。3名+編集さんで執筆を分担し、私の提案で、地元の路線を書くという方向で進めたら、私に山手線だとか、東海道線が割り当てられた。みんなそんなにド郊外に住んでいるのかー。私の所にしても、前町内会長は、「横浜のチベット」と言っていたのだぞ、ということで、書店で立ち読みなど、してみて下さい。
Scan_20181114_convert_20181114160609.jpg



 これはもう先週のことなのですが、一部の記事を執筆させて頂きました実業之日本社刊「航路・旅客船の不思議と謎」の見本誌が自宅に届きました。
 鉄道以外の記事の執筆は結構久しぶりで、楽しくもありました。もちろん、専門的な知識を持ちあわせているわけではありませんから、図書館にも通い、造船会社に勤務していた学生時代の友人にも話を聞いた。面白かったのは、最近の船は皆自動化・無人化が進んでいるが、法定設備として、コンパスと、銅鑼の携行が定められているのだと。教えてくれた友人も「使う時、ないんだけど」と言っていましたが、なんだか微笑ましい話でした。

Scan_20181102.jpg






本日は午後イチから、鉄道模型に関するシンプルな記事を執筆。ぴったり4時間で、ぴったり6000字。こういう記事は、楽しくかけてはかどる。当然、推敲と書き直しは、まだ必要だけれども。
 もっとも全盛期の松本清張、梶山季之は月産2000枚と言われていたから、毎日1万5000字くらいはコンスタントに書いていたことになる。それからすれば、まだまだというところ。

もっとたくさん「書けるように」なりたい。ならないといけない。

記事2本を執筆させて頂きました月刊「鉄道ファン」の見本誌が自宅に届きました。
 
 1本目は宮田寛之さんと共に巡る保存機関車。今回は雨の青梅鉄道公園です。このシリーズ、行き帰りに宮田さんに色々とお話を伺っているのですが、記事にしない話の方が情報は多いくらい。これもいつかフィードバックしないと。取材当日の雨を、宮田さんはE10の涙雨だよ、と仰っていました。

 もう1本は、大井川鐵道本線の車両動向。大井川鐵道に入線したものの、まだ運用に入らず、ファンをやきもきさせている車両があるのではないか?という疑問から記事が生まれました。同社広報の山本さん、車両課の中村さんに、本当にお世話になりました。新金谷に足を向けて寝られないのであります。たぶん、私の家の向きからすれば大丈夫なのですが。

書店で立ち読みでもしてみて下さい。
1022RF_convert_20181022125626.jpg



記事を執筆させて頂きました洋泉社刊「JR東日本最強の秘密」の見本誌が自宅に届きました。
 本を開いてみますと、FB友人の杉山さんも名を連ねていたり、そうそうたる陣容です。ビビります。今回は編集さんにも細かくディレクション頂きました。深謝。こちらの気持ちを先まわりして考えて頂ける編集さんは、私たちにとっては、本当に嬉しい存在なのであります。この感覚、ライターの立場にならないと、解らないかもしれないけれど。ありがとうございました。
 
 書籍の内容はというと、これチャキチャキにビジネス書です。その意味でも、なかなか新鮮。私も、皆さんの記事を読んで勉強させて頂きます。はい。

IMG_1582[1]



昨日の「踊り子列伝」から1日違いという形ですが、文章を執筆しましたメディアックス刊「みんなの鉄道 北陸本線」の見本誌が自宅に届きました。執筆にあたっては、もちろん、昔のことを色々調べるわけですが、昔の北陸には実にさまざまな私鉄があったことを、改めて知らされました。それから、国鉄北陸本線が、何度も路線改良をしていること。
 そういうことを、改めて学びながら記事を書くわけで、恵まれた、そして楽しい仕事だと思います。
 その楽しさを、きちんと誌面に反映させられたかどうか。
 これはまあ、いつも、いつまで経っても、自信半分、不安半分といったところです。

1003北陸

本文記事を執筆させて頂きましたイカロス出版刊「踊り子列伝」の見本誌が自宅に届きました。
 横浜に住んでいる者にとって、185系「踊り子」は、それこそ毎日のように見ている列車なのですが、その歴史を振り返ってみると、案外、JR発足後に細かな動きがあったことに気づかされました。定期券で乗車できるようになったのは、いつからか?などという小さな設問が、色々と多かったのですね。
 それでも、現代の水準から比べてみると、やはり185系というのは、至るところが国鉄的。「騒ぎ」が始まる前に、もう一度乗っておきたい列車です。

I-439002.jpg

今回、久しぶりに船の旅について、短い原稿を書かせて頂いた。最近は、書くことが鉄道ものに集中していたから、急ぎ造船会社に勤務している高校時代の友人に電話をかけて話を聞こうとしたりら相手がヨーロッパにいて、そそくさとメールに切り替えたりなどと、大いなる刺激を楽しめたのだった。

 で、なんでもまた池波正太郎の本が出て来るのかというと、全国の名旅館を紹介した、この上下2冊のガイドの中に、沼津湾に浮かぶフローティングホテルが出ていたからである。ブックオフで衝動買いした2冊が、思わぬところで、少し役に立ったのだった。

 この本には他に、金谷ホテルであるとか万平ホテルなどの、庶民にはそうそう行けないようなホテルが次々と登場し、そこで池波さんは一夜を優雅に過ごしているのだが、書籍の中であの池波さんが絶賛した旅館のいくつかが、今は跡形もなく、いやまあ跡形くらいはあるのだろうけれど、消えてしまっているということを、ここに書きたくなったのである。

 情報であるとか、老舗という謳い文句であるとか、ベストセラー作家のお墨付きというものは、何なんだろうと考えさせられる。まあ、今はそれくらい、世の中の移り変わりが早くなっているということなのだろうな。だからこのような本が少なくなり、ネット情報が隆盛になるということなのだろうけれど、このあたりはニワトリと卵の関係みたいなもので、よく解らない。

 フローティングホテルの名は「スカンジナビア」というもので、一時期、それなりに流行ったらしい。けれどもバブル崩壊と共に閉鎖に至り、生まれ故郷のスウェーデンへの回航中に沈没してしまったそうな。なんだか、大戦末期の日本の空母みたいな運命である。これは本当に跡形がなくなってしまたことになる。

0903池波_convert_20180903110738


いつも執筆などでお世話になっていますメディアックス刊行のDVD BOOK「みんなの鉄道」シリーズの最新刊が発売されました。
今回は千葉県の鉄道を特集し、付録のDVD3枚にはJR、銚子電気鉄道、小湊鉄道の3本の路線の映像が収録されています。

また、今回は、この6月までいすみ鉄道の社長でいらした鳥塚亮さんにも、同鉄道でのご自身の9年間について振り返って頂きました。そしてさっそく、ご自身のブログでも、採りあげて頂いております。まだ、私の手元には見本誌が届いておりませんが(いつも遅い地域なのです)、是非、書店で手に取ってご覧下さい。私も、鳥塚さんの手記を早く読みたいと思っています。

0828ちば




旅の情報サイト「トラベル・ジェイピー(たびねす)」に寄稿しました『長野・上高地から涸沢へ。アルピニスト憧れの散策路の歩き方』が掲載されました。涸沢までは、家族連れがたくさんいましたし、子供たちに「俺はこの風景を見せたかったんだ」と話していたお父さんもいました。その気持ち、とても良く解ります。

涸沢までの道のりは、長いですが、急峻な坂はなく、時間をかけて確実に歩けば、誰もが付くことができる、標高2300mの別天地です。

K51_convert_20180818174231.jpg

旅の情報サイト「トラベルジェイピー(たびねす)」に寄稿しました『箱根登山鉄道塔ノ沢駅から明星ヶ岳へ。駅から手軽なハイキングを楽しもう』が掲載されました。
https://www.travel.co.jp/guide/article/33825/

夏の、華やかな旅を誘う記事がずらりと並ぶ中で、私のものは、ただただ地味であります。でもまあ、こんな記事があっても良いでしょうと、少しは思います。

0814T23_convert_20180814200621.jpg


「ビジネスジャーナル」に寄稿しました『SL列車「きかんしゃトーマス号」にあり得ないほど乗客が殺到しているワケ』がアップされました。

今年で4年めとなる大井川の「トーマス」。私たちには、もうすっかりお馴染みになった感がありますが、大井川鐡道でのあゆみについて、改めて同社の広報の方にお話を伺いました。私が取材に出かけたのは、今年の運転初日でしたが、凄い人出でした。

0808IMG_2331_convert_20180808094842.jpg
(c)2018 Gullane [Thomas] Limited.


一部の記事の執筆を担当しましたメディアックス刊「みんなの鉄道DVDBOOK 懐かしの新幹線」の見本誌が自宅に届きました。
 しかし、こうしてみると、0系は愛嬌がある。ペットとして座敷の中を走り回っていてくれれば凄く可愛いのではないかと思います。好物をあげると、尻尾を振ったりして。
 新幹線の歴史は、車両史、政治史も含めて散々研究され、記事も多数発表されているのですが、史料に頼らない研究が、そろそろあっても良いのかなと、これは今思いました。
 ともあれ、結構ボリューム感のある誌面となりました。書店で見かけたら、ぜひ、立ち読みでチェックしてみて下さい。

02Scan_20180501_convert_20180508073843.jpg


 制作のお手伝いをさせて頂きました目メディアックス刊「みんなの鉄道 113系・115系」の見本誌が昨日、自宅に届きました。
 今回、執筆をしていて感じたのは115系が旧形国電になったのだなということ。かつての飯田線、身延線、富山港線、小野田線の時のような「燃え方」が今の自分にできるとは思いませんが、これを機に、新潟交通、蒲原鉄道、「きたぐに」が消えて以来ご無沙汰している新潟に、久しぶりに出かけてみてもいいかなと思いました。「祭り」が始まらないうちに。

Scan_20180330_convert_20180331085044.jpg


記事を1本執筆させて頂きましたイカロス出版「あずさ列伝」の見本誌が自宅に届きました。

学生時代の最後の年に、友人と松本に遊びに出かけてこの町が気にいって以来、中央東線と「あずさ」は、いつも気になる存在でした。もっとも、学生時代、あるいは社会人になりたての頃は、急行の「アルプス」の利用も多かったのですが、何度乗っても飽きることがなかったのがこの路線で、それは今も変わりないようです。
 
Scan_あずさ20180328_convert_20180329225538

ここのところ、「旅日記」というブログのタイトルに背くようなネタばかり続いていますが…。
 それでも、仕事では、以前ほどではないものの、ちょくちょくあちこちに出向いています。
 月曜日は、名古屋に日帰りの取材でした。本来であれば、自費でもよいから一泊して、現地で何かを取材するべきなのかもしれませんが、預かりものもあったので、うっかりそれをなくすこともできません。知多半島の取材先から名古屋駅へトンボ帰り。
 それでも、ただ帰ってしまうのももったいないので、せめてもの旅の楽しみとして、名古屋駅の百貨店で、味噌煮込みうどんを食べることにしました。

 何回めだろう?地方に出かけると、そこで何を食べるかは、大きな楽しみであり、悩ましい問題でもあります。いきつけの店にも行きたいけれど、新規開拓もしてみたい。たかだか一食のことですが、悩みであることは変わりません。

 池波正太郎など、全国に「通った店」があって、なんだか弘法大師伝説みたいですが、どういう風に店選びをしていたのだろう?謎です。そういえば、駅弁を、もっとも小憎らしく描写したのも池波先生でありました。このブログにも書いたかと思いますが、「長野に行ったら必ず食べる駅弁がある。それは横川駅のものだが、釜めしではない、普通の幕の内弁当の方である」というもの。別に、味がどうのこうのという描写はないのですが、食べてみたくなる。

 私もそのような文章を書けるようになりたいし、でも、最近はそのような文章に出会う機会もなくなってきていて、ニーズがなくなってきたのかなあ?と悩んでみたり、

 でも、○〇まとめなどという記事よりも、アクセス数稼ぎのために扇情的な見出しのついた中身のない記事よりも、「私には食べたい駅弁がある」というエッセイの方が、個人的には、よっぽど「励みになる」のですが。

180326みそにこみうどん_convert_20180328000636

制作のお手伝いをさせて頂きました交通新聞社刊「新しい東急電鉄の世界」の見本誌が自宅に届きました。
 一度、本を手に取ってみて、しばらくしてからこのスキャニングのために表紙を思い出そうとしたのだけれど、全然できない。まあ、本は机の上にありましたから、すぐに見つかりましたけれど、どうもまだ、東急というと「食パン型ステンレス電車」のイメージが抜けない。そんなわけで、この表紙が思い出せなかったわけであります。ええ。

 今回は巻末の駅のガイドの執筆のみとなってしまいましたが(巻き返さなきゃ)、それでも、全線全駅を歩いてみると、いろいろな発見がある。最近は、田園都市線が叩かれてばかりですけれど(例えば、これはずいぶん前のことですけれど、列車遅延の理由などを社内の人に伺ったら、そもそもの原因は乗客の側にある不可抗力的なものが相当にあるのだと、その例を教えて頂けました)。報道の側は、叩いて、アクセス数稼ぎを狙うような、そんなことばかりしていないで、もっとネタを探して欲しいと、それは強く感じました。

 残念だったのは池上駅の改修がもう始まっていて、あの懐かしい雰囲気の駅舎をもう一度撮れなかったこと。もちろん、便利になるのだから良いことなのですが。なんでも、予算の目途が、素早く、立ったようです。

東急の世界_convert_20180308225528