FC2ブログ

 リツイートさせて頂きました朝日新聞の情報に、津軽鉄道が太宰治の好物を集めた駅弁を発売する、というものがありました。太宰の好物として知られているのが、若い昆布を巻いたおにぎり。これは私も、現地で作ってもらったことがあるのですが、結構、香りが強い。これを子供の頃から食べていれば、大人になっても、ずっと恋しい食べ物になるのだろうなと感じました。あとは、小説の中に蟹が出て来るのだけれど、蟹までを駅弁に入れられるのかどうか。それからお酒、リンゴ酒なんてものも登場しますよね。

 この駅弁の情報がないかと津軽鉄道のHPにアクセスしてみたところ「ストーブ弁当」という一品が紹介されていました。竹で編んだ容器に地元の食材がふんだんに入った駅弁だそうです。

 このように、大々的ではなくても、小さな、けれども様々な動きが随時生まれるているのが、現代の地方鉄道です。これに触れるのが地方私鉄探訪の現代的な楽しみ方となるのでしょうね。

 そんなことを考えていたら、「ストーブ弁当」の後ろに、ちゃんと「だざい弁当」というのも掲載されていました。しっかり見なければ駄目ですね。こちらは食用菊の混ぜご飯をメインとして、おかずにはアスパラ、焼き魚などを並べ、ちゃんと蟹も入っています。HPには「太宰第一の好物」と紹介されています。作品中では、どの作品かちょっと解らないのですが、檀一雄を引き連れて、蟹の足をむしゃむしゃと食べて歩いた、というような一節が出ていたことを記憶しています。

 津軽鉄道は、鯵ヶ沢の尾野旅館さんに2度お世話になって以来、常に「また行かなきゃ、また行かなきゃ」と思い続けている場所(この旅館に2度目に行った時、地産のハタハタをわざわざ用意してくれたのに、食べきれなかったことが、凄く心残りになっているのです)。津軽鉄道と、鯵ヶ沢は、近い所ではないので、簡単には再訪できないのですが、本当に「今度こそ、また行かなきゃ」ですね。

 で、次に行ったら、津軽鉄道の列車の行きと帰りで、2個の駅弁を食べなければいけないということになるのかもしれません。

追記:少し思い出しました。太宰が蟹の足を食べるシーンは、太宰の作品ではなく、檀一雄の作品中に出てきたものであったようです。「檀流クッキング」あたりかもしれません。機会があったら探してみます。

 
スポンサーサイト

 ツイッタ―情報によりますと、銚子電気鉄道が新しい駅弁「鯖威張る弁当」を発売します。
 でも、車内で食べるのには勇気が要るかもしれませんし、食べているうちに、電車が終点に着いてしまいそうです。どちら行の電車であるにしても(そりゃ、犬吠駅で駅弁買って下り電車に乗り、外川に着くまでに食べ終われば、それは偉業ですが)。

 竹本社長が考え抜いたダジャレが掛け紙に描き入れられるそうです。あの社長さんはダジャレが好きです。
私がインタビューをした時も、結構連発していましたから。

 それでも、それが商品になるわけですから、まさに芸であります。


大井川鐵道さんの情報をリツイートさせて頂きましたが、限定販売のジビエが好評とのことです。
日本人も、こういう味に抵抗がなくなってきた時代なのだなあと。

9月23日にJR横浜線の小机駅で、横浜線の開業110周年を祝うイベントが開催され、記念の駅弁も販売されるというので、家から自転車で出かけてみました。買った駅弁は昼食にすることにして、少し割高な昼食にはなりますけれど、最近は例えワンオフであれ、趣向を凝らした弁当が作られることが結構ありますから、今度は「どんな手」が出てくるのかな?と、それも楽しみでした。

小机駅は大変な人出でした。駅弁の販売コーナーを見てみると、崎陽軒ともう一つ、販売テーブルが出されていました。確か、記憶では、記念の駅弁は崎陽軒が作るものだったはずですが、実際に崎陽軒のテーブルに積まれているのは、シウマイ弁当だけで、記念弁当を売っているのはもう一つのテーブルのようです。とにかく列に並びます。

0923行列
↑駅弁の列はこの先で右に曲がって続いています。

 並んでいるうちに、この列で手に入れられる「横浜線110周年記念弁当」は、NRE製ということが解りました。ちょっと、嫌な予感がしましたが、予感だけでせっかくの列から離れるわけにもいきません。ようやくのことで1個購入し、近くの公園まで行って、箱を開きます。

0923弁当_convert_20180923213231

 こんな感じ。正直に言って、ちょっとがっかりしました。これだと、記念弁当である特別な趣向が何も感じられないからです。確かに掛け紙には横浜線の写真があつらえてありましたから、それはプレミアになるでしょう。でも、それだけ?というのが、この時の第一印象でした。食べ終わり、箱の蓋を元に戻すと、箱の蓋の隅に貼られたラベルには「商品名:東雲」とありました。

 この「東雲」の意味があまりよく解らず、帰宅してフェイスブックにその旨を報告すると、すぐに「NREの弁当に、『東雲』という商品がありますよ」というレスが返ってきました。そこでHPにアクセスしてみます。

 100503-1708_01n.jpg











↑こちらの写真はNREのホームページのものです。(http://www.nre.co.jp/delivery/tabid/247/pdid/D478/Default.aspx)

 なるほど、「横浜線110周年記念弁当」は、掛け紙以外は、「東雲」だったのですね(後で会場の写真を見たら、「記念弁当」の内容を写した写真も貼り出されていました。ただ、現場ではいちいち見ませんでした)。 「東雲」の値段は864円。「横浜線110周年記念弁当」は、税込み1000円でしたから、言ってみれば、136円が掛け紙の印刷代だったということになります。

 もちろん、限定品ですから販売個数はさほどのものではないはずで、その個数×136円では、印刷代、デザイン代までは出ないでしょう。その意味では、それでも限定弁当の販売があったのは、ある程度のサービスでもあったのかもしれません。

 けれども、わざわざ駅まで出かけ(物見高い私)、行列に並んだ身としては、このやり方は、楽しいものではありませんでした。
 駅弁に限らない、お客様に買ってもらう商品を作る上で、まず最初に心がけるべきことは、お客様に喜んでもらうことであるはずです。先に「NREという名前を聞いて、嫌な予感がした」という旨のことを書いたのも、この一点があったからでした。横浜線の写真の入った掛け紙を喜ぶ人もいるかもしれない。けれども、これでは「掛け紙さえ変えておけば、鉄道のイベントに来る客は喜ぶ」と、弁当を作る側が言っているのと同じ事です。なぜ、少しでも内容を変えなかったのだろう。グリーンピースを使って、110という字をご飯の上に書いたっていいじゃないですか。その分、ほかのオカズを減らしたっていいんです。その趣向が、お客様を喜ばせるのだから。
 このお弁当を企画した人は、何故そういう風に考えなかったのだろう?小さな会社ではないから、企画担当の人が、食べることが好きである必要はないのかもしれませんけれど。

 でもなあ……




崎陽軒のえびシウマイ御弁当であるぞ、諸君。本日までの限定発売。いよいよ終了間際に、これも後学のためと購入したのである。えらい。
 ご存知のように、崎陽軒のシウマイは味が濃い。その代役を淡泊さが持ち味であろうエビシウマイ(シューマイではないぞ)に務まるのか、というのが、まず第一の疑問であったが(他には疑問はないけどね)、食してみると、これが見事に務まっておる。
 何しろ今日までの発売だから、これでお別れもう会えない、のだが、もし、再会することがあって、ノーマルシウマイ弁当か?えびシウマイ弁当か?のチョイスに迫られることがあったら、私はえびで行きますよ、えびちゃん。
 それでも、お弁当1ケ食べ終わって水を飲んだら、凄く美味しいような気がしたから、実は少し塩味が濃いのかもしれない。
 それでは、また会う日まで。でわでわ。

0913えびシウマイ_convert_20180913185410

今日はとにかく地元ネタということで、苦しい時の駅弁頼み。崎陽軒の「秋のかながわ味わい弁当」を購入してみました。秋季限定とのことで、それではどこがかながわなのかというと、「小田原蒲鉾」「三浦産芽ひじきとぶなしめじとさつま揚げの炒め煮」「三浦産マグロの生姜煮」「小田原産梅干」なのだそうで、シウマイは3個入っております。
鶏きのこごはんが美味しい。冷めてしまうと、すこしベトっとした感じにはなるのだけれど、でも美味しい。マグロの生姜煮という奴も、シウマイ弁当のいつものあのマグロから+ひと味といったところです。
 全体に、やはり女性好みの仕上げかなあ。それでもこうやって、常に目先を変えてくれる品物が登場するのは、嬉しいものです。

秋のかながわ味わい弁当_convert_20170907185302





大学4年生の時の北海道旅行では、根室のカニのように、美味しいものに何回か出会ったわけですが、昭和48年の高校2年生の時の九州旅行では、「これは美味しい」と記憶に残る食べ物とは、何も出会わなかったようです。それはもちろん、九州に美味しいものがないということではなく、そのときは美味しいものを探そうとしていなかったということなのでしょう。まだ高校生だったから食べ物に対して「鼻が効く」ようなことはなかったし、それに今考えてみると、まだ今日のように外食産業が発達していなかったのだと思います。特に地方では。

だから、立野駅前でも入ったのは、よろず屋風のうどん屋さんだったわけだし、日本食堂にも何回か入った。吉松では2回、やすだ食堂に入っています。でも、今日のように、地方都市で小洒落た店に出あうことなどは皆無だったと思います。それに、ファーストフードのチェーン店もなかった。それからコンビニも。そういった「舶来」のチェーンが現れたことで、日本の外食産業、食の事情が大きく変わり、ビジネスホテルというコストパフォーマンスに長けた宿泊施設も現れた。そうして、生活様式が変わったのに、けれども変化に対応できなかった昔ながらの商人宿や、寝台車は廃れてしまった。まあ、寝台車など、いくらでもスタイルを変えることはできたはずですが、国鉄はそれをやらなかった。別に営業成績が落ちでも、誰も責任を取る必要がなかったからでしょう。

実は、このひと月ほど、都内の地下鉄の駅をいろいろと回っていたのですが、都心から少し離れると、駅前にはほとんどといって良いくらいマクドナルドがあった。便利ではあるのだろうけれど、「どうなんだろうなー?」という気持ちにもなりました。
クライブ・カッスラーの小説の何かの一編に、主人公のダーク・ピットが、天体望遠鏡で月面を覗いた瞬間、「マクドナルドがある」と叫んだというブラックユーモアが挟まれたものがありましたが、案外カッスラー翁も、ため息をつきながら昔を懐かしんでいるのかもしれません。



最近、崎陽軒の「メガシウマイ弁当」が何かと話題になっているので、私は逆に「MINIプレミアムシウマイ弁当」を購入してみました。
 崎陽軒さんが新商品を開発するとき、いつも「シウマイを入れるか、入れないか」で社内の対立があるというのを聞いたことがあります。それはもちろん、組織としては健全な姿なのでしょう。で、まあ、今回のこれは最初からシウマイ弁当であることを謳っていますから、その過程はなしですね。めでたしめでたし。
 エビシウマイは、確かに薄味で美味しいです。駅弁のおかずには上品かな、とも思う。特製シウマイの方は、私には大きな差を感じませんでした。冷めた状態で食べる駅弁の限界かも。椎茸でも使えば、味は俄然変わるのでしょうが、勝ち過ぎてしまうのかもしれず、このあたりは迷ったろうと思います。
 写真右下の野菜の煮物が美味しい。蕗と筍。これだけ、ワシワシと食べたいぞ。
 で、量は、最近小食になってきた池口さんにも少し足りないかなという印象でした。小食の女性であれば、これくらいがちょうど良いでしょう。そんなことを書いているうちに、食べてから時間が経って、お腹の具合がちょうど良くなってきました。やっぱり、これくらいが体にも良いのかな、と思います。これくらいのお弁当がラインナップされているって、凄く贅沢な選択肢なのでしょう。定番になっても良いのかな。で、夜中にコンビニに夜食を買いに行きたくなるかどうかは、まだ、解りません。

MINIシウマイ弁当_convert_20170708194025


自宅近くのスーパーマーケットで駅弁大会が催されたので覗いてみました。最近は運輸や、流通システムの発達のお陰で、さまざまな所で規模の小さな駅弁大会が開かれるようになり、それもまた楽しみになっています。

そのスーパーには15種類くらいの駅弁が出ていたのですが、結局、横川駅の「峠の釜めし」を買うことにしました。ただし、これだけは12時前の販売開始で、すでに行列ができています。15分くらいの待ち時間で済みそうなので、列に並ぶことにし、整理券番号は17番となりました。

係の店員さんは、列に貼り付き、「最後尾はこちらです」と声を張り上げていますから、結構大変です。合間を見計らって、その店員さんに「釜めしは群馬から届けられるのですか?」と訊いてみました。最近はOEMによって、東京のキッチンで作られる地方の駅弁もありますが、「峠の釜めし」は、このシステムを使わないということ訊いたことがあるので、それをもう一度確かめるためでもあります。
店員さんの答えは
「はい。群馬から来ます。ただし、一度、川崎の配送センターに届けられて、そこからお店に振り分けられますから、結構、大変なんです」というもの。
ちなみに、私が行ったお店の「峠の釜めし」の販売個数は48個ですから、本当に限定品という趣きです。このお店からしたら、48個の釜めしの利益など、取るに足らないものでしょう。

「でも、その手間を惜しまないことが大事なのだろうなあ」と思いながら、今日は少し遅めで、少し贅沢な昼ご飯を頂きました。

kamamesi02.jpg



前回の書き込みを読んだ関西在住の友人から、「ちょうど今、阪神百貨店で駅弁大会をやっているので、勤めの帰りに寄ってみようかな。豊橋の幕の内あるのかな?」と、フェイスブックのメッセンジャー経由でメッセージを頂きました。その場では「豊橋ならいなり寿司を出す」と返事したのですが、なぜ、そのようなことを知っていたのかというと、昔、豊橋の壺屋さんの社長さんにインタビューしたとき、そのようなお話を伺っていたのです。

駅弁大会というのは、業者さんにとっては、大変に過酷なイベントであるようで、「昼食には菓子パンを食べることができれば良い方」と、その社長さん。「でも、行列ができるのを見ていると、頑張らなければと思っちゃうんです」とのことです。

豊橋駅のいなり寿司は、少し甘めですが、結構な手間がかかっているとも伺いました。駅弁通の人であれば、静岡の伊東駅のものと共に「二大いなり寿司」と評価されていることもご存知でしょう。豊橋駅のものの方が、個性が強いように感じます。

もし、阪神百貨店に出かけて、まだ売り切れになっていなければ、いなり寿司も1つ買ってみて下さい。

豊橋いなり寿司

こちらは、オーソドックスな駅弁。この幕の内弁当は、結構好きなんです。

toyohasi.jpg

どこの駅の駅弁でしょうか?「峠の釜めし」のような強烈な個性がありませんから、食べたことがないと解らない。
もしかしたら、食べている人でも、忘れてしまっているかもしれません。

正解は豊橋駅。壺屋弁当部さんの幕の内弁当です。
なぜ、私がこの駅弁が好きかというと、答えは簡単で美味しいから。見た目には地味なのですけれど、魚のフライは魚のフライの味がし、卵焼きは卵焼きの味がするという、何も奇をてらってはいないけれど、裏切られることがない、とでも言うのでしょうか。
 
 最近は、駅弁大会などがありますと、豪華な、そして個性豊かな駅弁がずらりと並んで、こちらが気圧されてしまうくらい。お値段の方もそれなりで、それは美味しいものを、コンビニ弁当よりも遙かに少ない数しか作らずに確保するためには仕方ない選択と訊きましたから、値段は問わないとして、けれども、このようなオーソドックスな幕の内弁当は、あまり見かけないようになりつつあります。

 実はこの豊橋の駅弁を買った時も、「こだま」に乗る機会があったので、しめたとばかりに豊橋での停車時間に駅弁を買った。夕食には少し早かったのですが。

 列車の速度が速くなって、駅前にはファミレスがあってというご時世で、駅弁屋さんは、どこも生き残りに工夫を重ねています。ということは、今、生き残っている駅弁屋さんは、みなそれなりに、良いところがあるというもの。それであれば、このような「地味め」の駅弁も、もっと食べてみなければいけません。

でも、それって大変なんですよね。なにしろ、1回に1個しか食べられないし。


今回の福井行では,この蕎麦にも感動したのだ。今庄の「おばちゃんの店」の,越前そばのセット。お店の名前だけ訊いていると,なんだか出来合いの総菜を売っている町おこしの屋台みたいなのだが,さにあらず。うむ。時代劇調の言葉使いは,なんだか格式が感じられて,偉そうで良いな,これからも使おう。
で,おろし蕎麦と,厚揚げの焼いたののセットなのだが,こりは美味しいよ。駐車場が満杯になるの,解ります。敦賀の駅蕎麦は美味しかったし,この店に行くことを提案してくれた地元の方お勧めの,福井駅の駅蕎麦も美味しいらしい。敦賀にはヨーロッパ軒のソースカツ丼もあるし,こりゃ,年内にもう一回行っても,食べきれないかもしれん。こうなったら,今庄,福井に通ってやるのだ。

oba.jpg



IMG_03411.jpg

敦賀駅の駅蕎麦。おろし蕎麦410円。改札口の外だけれども、駅舎内にはあるので、まあ駅蕎麦といって良いでしょう。価格もそういう設定だし。で、今まで食べてきた駅蕎麦の中でいちばん美味しかった気がする。福井の人は皆、蕎麦にうるさいらしい。それって、良い話だと思う。
 仕事で福井に行ってきました。今回の話題は、順に追って。

これも「全国で駅弁大会が開催されていた時代」には、その名をとどろかせていた千葉駅の「やきはま弁当」。
 甘辛い味付けの焼きはまの美味しさは間違いのないところだが、よく見ると小さい駅弁だし、つまみに焼きはまを食べてしまうと、その後は苦労するかもしれない。
 しかし、千葉駅の駅弁には、総じて我が道をゆく、あとのことは知らん、というすがすがしさがある。
 私の人生も、やきはま弁当のようでありたい。

IMG_9268_edited-1.jpg

私たち家族が横浜に引っ越して間もなくのことだから、もう50年以上前のことになる。横浜駅西口の駅前に、ただ一つ高いビルがあって、高島屋というデパートだった。
 店の奥のデパートに飛び乗るなり、父は「8階」と行く先を告げ、エレベーターガールに「当店には8階はございません」と応えられた。「じゃあ、一番上」と父は答え直したかもしれないが、なにしろ一番上の階に行きたかったのだ。そこで「駅弁大会」をやっていたから。そんな会話を今もって覚えているのだから、そのおっちょこちょいぶりが父らしかったのだろう。そしてその頃は、横浜駅の高島屋でも、時々駅弁大会をやっていて、なぜか駅弁が大好きな父は、催しがあれば一度は家族を連れて出かけ、幾つもの駅弁を買ったのだった。
 そのころ、つまり小学校の低学年の頃の私がいちばん好きだったのは、人吉駅の「栗めし」で、当時は今ほど駅弁が豪華絢爛になってしまった時代ではない、その彩りが、子供心にも印象的だったのだと思う。
 写真は、もう何年か前に人吉に取材に出かけた際に購入した「栗めし」。仕事で人吉に行くことができたのも、嬉しかった。何しろ高校2年生の時以来のことで、その当時は機関庫にC55がいたのだ。昭和48年の夏のことだから、もうC55は貴重な存在で、夕方になってカメラをバッグにしまった途端にC55が出てきて写真を撮ることができなかったことを、強烈に覚えている。これだけはっきり覚えているのだから、むしろ「撮れなくて良かった」のかもしれない。
 そして、その無念から30年以上が過ぎて久しぶりに出かけた人吉で、長い取材を一段落させ、少し陽が傾き始めた頃に食べた「栗めし」が、写真のもの。
 こうして今の目には、むしろ地味にさえ見えてしまうくらいなのだから、人吉の「栗めし」は、高島屋の駅弁大会で食べた頃と、あまり変わってはいないのかもしれない。

IMG_9224.jpg



これは5月末のことですが、千葉県のいすみ鉄道にお招きを頂き、新しい趣向の列車のメニューの試食をさせて頂きました。すでに「イタリアン クルーズトレイン」を運転させて人気を得ている同鉄道ですが、今度は、外国人観光客にもより親しみやすい企画として、寿司、天ぷらを車内で楽しめる列車の運転が計画されているようです。
 以下は、あくまでも当日のサンプルとして提供されたものですが、コース料理を順に紹介します。

1 豆乳エスプレッソ わかめ餡
いすみ天001
ワカメの香りをおぼろ豆腐のような食感の豆乳エスプレッソと一緒に楽しめるオードブル。不思議な味わいが、次の一皿への期待を高めてくれます。

2 先付け 二段重 旨味とまと 姫さざえの柔らか煮 鮎の一夜干し 
いすみ天002
見るからに和の世界。旨味トマトには、和菓子のような甘味がありました。

3 肉 二種 鴨肉のオレンジ煮 鶏の香味醤油 ローストナッツ添え
いすみ天003
鴨肉の柔らかさは誰もが知るところ。サラダに添えられたソースはニンジンを使って色味がつけられているのだそうです。

4 天麩羅 夏野菜   ソラ豆 アスパラ 舞茸 とうもろこし 海老
いすみ天004
それぞれの味わいが楽しい一皿です。個人的にはソラ豆が良かった。

5 伊勢海老の握り
いすみ天005
伊勢海老ならではの抜群の甘味。なんとも贅沢な握りです。

6 箸休め 蟹餡の茶碗蒸し
いすみ天001
少し濃い味の茶わん蒸しが、素敵なアクセントとなります。

7 握り寿司 本マグロ、イカ、サーモン、漬けカンパチの手巻き寿司
いすみ天007
またまた握り寿司の登場。マグロの赤身も美味しい。

8 稲庭うどん ~削りたて鰹ぶし~
いすみ天008
食べる直前に削りたての鰹ぶしがサーブされます。

9 甘味 和菓子と花のババロア 二種盛り
いすみ天009
デザートもボリューム十分。

ここに挙げたのは、あくまでも試食用のコースで、実際の運転開始時には、多少手直しがなされ、少しボリュームも減らされるかもしれません。それでも、なにしろボリューム十分で、こうしてみても、よく全部食べられたなと思います。このあたりはいすみ鉄道鳥塚社長の、どうせ楽しむなら中途半端なものでなく、という考え方が反映されているようです。

 鳥塚社長のブログには、この新しい趣向の列車の詳細は6月末以降に発表される予定とアナウンスされていましたので、そろそろかもしれません。どのような形になるのかは、まだ解りませんが、発表を楽しみに待ちたいところです。




山木さんのライブの開演時間には、まだ少し時間があるので、街を散歩して時間を潰します、と言いますが、早めに到着して、街で遊ぼうという算段です。
 写真は、先日アップしたナワテ通りの写真から、右側に回って女鳥羽川越しに見たナワテ通り。白壁の小さな建物が並ぶ向こう側に細い路地が続いています。
 私が松本に初めて来たのは、大学の2年生のときか、3年生のときです。高校時代からの友人と3人で、街を歩きました。この文章を書くために、先ほどウィキペディアを見たら、このナワテ通りは、2000年代の初めに改装したとありました。確かに、町並みがずいぶんと綺麗になりましたけれど、屋台のような小さな建物が並ぶ町並みは、私が初めて来たときから、変わっていないように感じます。さすがに当時は、ちょっと驚きましたけれど、老舗という言葉がよく似合う、和菓子屋さんや、お蕎麦屋さんが随所にあって、それが楽しかった。歴史のある街って、良いものです。

matumoto10.jpg


matumoto04.jpg
小淵沢着、11時59分。ちょうどお昼時であることを、これ幸いと、駅弁を購入。「春まん甲斐」というものです。

私が小淵沢で駅弁を購入したのは、学生時代の頃だったと思います。その時に食したのが「高原野菜とカツの弁当」で、とにかくおかずのスペースが大きいことに驚き、以来、小淵沢の駅弁のファンになってしまいました。今回も、久しぶりに「高原野菜と~」を買おうと思っていたのですが、タッチの差で売り切れ。代わって「春まん甲斐」を買うことにしました。

matumoto06.jpg

甲州牛めしと、タケノコご飯という取り合わせ。私には少し、味が濃かったかな?それでも楽しく頂けました。ここの駅弁が好きだ、と言える駅があるのは、良いものですね。何年か前にこの駅の駅弁を作っている丸政さんにインタビューしたときには、あの駅弁は、とにかく地元の名産品を活かした駅弁を作りたくて誕生したということでした。つまり、主役はレタスです。その取り合わせには、カツしかないだろう、けれどもトンカツでは冷めた時に脂が固まるので、チキンカツにしたのだそうです。
「でも、いちばん楽しかったのは、ホームでトウモロコシを茹でて売った時だった」と思い出を話す社長さん(先代)は、やっぱり、とても楽しそうでした。

matumoto05.jpg

小海線のホームに停まっているハイブリッド気動車を横目に、再び、中央本線の下り列車に乗車します。

近所のスーパーまで出かけたら、駅弁大会をやっていたので、衝動買いをする。いいなあ、衝動買い。少し高いけど、あんまり意味がない買い物かも、という後ろめたさが最初からあって、でも、その一線を越えてしまう喜び。
ま、買う相手が、プラチナではなくてイクラところが、庶民です。
釧路の「かにといくらとかきの弁当」。
本当は、列車の中で食べたい。駅弁が似合う列車で。
それはどういうものかというと、100キロ以上走って、ときどき止まり、もちろん自由席で、窓が開き、車内放送の前にオルゴールが鳴ること。
って…
頭の中が、いつまで経っても昭和40年代のままだ。

P1130872.jpg

年末の鳥羽行で、ちゃんと間隙を縫って食した伊勢うどん。数年前に鳥羽に行った時は、鳥羽駅の改札口の近くのスタンドで食したのだけれど、今回は駅の隣のビルへ。200メートルの努力だな、うん。

入った店は、店なりに工夫していて、天かすと、レモン汁をかけて食せと言う。言われたとおりにすると、なるほど美味しい。
溜まりの甘辛いタレを絡めて食す太いうどんは、A級という感じの食べ物ではないけれど、でも、こういうAマイナス級というのは、たまらなく美味しく感じることがある。今回もそうで、「半端な時間の食事は、次の食事が美味しくなくなるから、辞めようかな」と迷ったのだけれど、やっぱり食べて良かったという、これはこれで旅だから許される楽しみ。
ise002.jpg


帰宅後、ネット検索してみたけれど、家の近くに伊勢うどんの店はない。遠きにありて思うもの、というところだろうか。そのあとアマゾンで検索したら、通販用の伊勢うどんが、「今、頼めば、明日には配達できる」とあり、これはこれで「何だかなあ~」