本日(31日)は、横浜市の中央図書館に雑誌の借り出しに行き、天気が良いので、日ノ出町駅から黄金町駅まで、線路際を歩いてみました。以前に、このブログで仲木戸駅から横浜駅まで、横浜駅から戸部駅までを歩いたのに続くものですが、戸部駅~日ノ出町駅の間は、トンネルがあることもあって、今回はパス。日ノ出町から黄金町まではわずかな距離ですが、大岡川に沿った興味深い風景を見ることができる区間でもあります。

出発点は日ノ出町駅。気がつかないうちに駅名が掲げられた大きな標識が建てられていました。もっとも、支柱部分には錆びも見え、ごく最近に建てられたというわけでもなさそう。私が気がつかなかったというだけのことです。
hino1.jpg



駅の下り寄りにはガーダー橋が架かっています。橋桁に行き先を書き入れるのが京浜急行昔ながらのスタイル。以前は、ここに南房総と書かれていたこともあり、それは京浜急行で久里浜まで行き、そこから東京湾フェリーに乗船して、金谷からさらに館山方面へ向かうことができるということを示したものでしたが、子供心には、それが大きな夢となったものです。
hino2.jpg



日ノ出町駅~黄金町駅まで線路に沿って流れる大岡川は、横浜市内を流れる川として代表的なもので、戦前までは水運にも積極的に利用されていたようです。その後は汚れが目立つ川となっていましたが、近年になって浄化、再利用の動きも顕著化してきました。また、このあたりは桜の名所としても知られ、花が咲く時期には、多くの屋台が並ぶことでも知られています。
hino3.jpg

下の写真も川を再利用するための方策の一つ。モーターボート用の桟橋が造られています。
hino4.jpg

線路は、高架橋を連ねて黄金町駅方面に続いています。ここに線路が敷設されたのは昭和初期のことで、現在の京浜急行の南側を建設した湘南電鉄によってこの区間も線路が敷設されました。ただ、開業年次が古いことから、線路の条件が良いとはいえず、しかし作り直すこともできないので、スピードアップのネックになっていると本で読んだことがあります。高架下には、アンティークショップも入居。古い品物を並べるのには、高架下というのはお似合いのロケーションかもしれません。

hino5.jpg

今では珍しくなった感もある、スレートの建物も建っています。
hino6.jpg

これはわき水。上に見える解説によると、元々は埋め立て地であった関内の近辺の水は決して良質とは言えなかったが、野毛の麓に湧く水は良質のもので、横浜港に寄港する外国の船にも供給されたとあります。そういえば、横浜の水は美味しいと、その昔多くの人が語っていました。このあたりの水が、その発祥ということなのでしょうか。最近は、水までもペットボトルのものを飲むのが当たり前のようになっており、「横浜の水は美味しい」という自慢も忘れかけていたところでした。
hino7.jpg
















海が近いこともあって、大岡川に架かる橋の欄干の上でも、多くのカモメが羽根を休めていました。
hino7B.jpg






これは交番。屋根上のモニュメントは町の見張りなのでしょうか。
hino8.jpg
















高架下には、こんな絵も。添えられた説明を読むと小学校4年生の作だとか。いや、立派なものです。こういう絵が、落書きのようなものでなく、町の中に飾られていると、町全体に活気が生まれるような機がします。鉄道会社も、もっと色々なところで、魅力作りをして欲しい。それが時代のニーズに応えてゆく方法なのだから、と、なんとなくそんなことも感じました。
hino9.jpg

絵の傍らを通り過ぎると、やがて黄金町駅に到着。遙か昔には、この黄金町駅付近は、良く言えば庶民的、悪く言えば、ちょっと怖いような場所でもありました。けれども、それも今は昔。大岡川の流れに沿ってプロムナードが造成された今日では、昔の面影を見つけるのは困難になってしまいました。そういえば、黒澤明の名作映画「天国と地獄」では、犯人の山崎努がこのあたりの一画から、丘の上に建つ三船俊郎の豪邸を眺め、羨む気持ちが誘拐事件を起こすという筋書きが使われていました。今回の散歩では、映画に使われた場所を見つけることはできませんでした。
hino10.jpg














スポンサーサイト
 
 お昼前から急に天気が良くなり、いてもたってもいられなくなりました。
 そこで、京浜急行の線路の脇を歩いてみることにしました。実はこの企画、以前にも仲木戸から横浜まで歩いているのです。それはいつか調べてみたら、2012年10月のことで……。
 あれから3年近く経ってしまっている…。
 のですが、前回の続きです。「線路の散歩」といっても、線路の中を堂々歩くわけではなく、線路に沿って、駅から駅までを歩き、何かを見つけてみようという、それだけのものです。当ブログでは「沿線」でカテゴリー分けしてありますので、よろしければ前回もご覧下さい。さて、横浜を出発です。
 すっかり近代的な姿になった横浜駅東口を後に、横浜中央郵便局の脇を西の方向に歩くと、右手にすぐ京浜急行の線路が現れます。このあたりでは帷子川(かたびらがわ)が、堀割のように延びていて、京浜急行の線路は2度、川を渡ります。

横浜戸部02



すぐ右手が横浜駅。この鉄橋の左手で、京浜急行の線路は京浜東北線の線路の下をくぐります。すぐその先で2つめの鉄橋。
これは、先日夜景の写真をアップさせて頂いたのと同じ場所。夜と昼ではまったく雰囲気が違います。

横浜戸部04


乳母車を止めて、子供と一緒に電車を見ているお母さんもいました。

横浜戸部05










このあたりでは京浜急行の線路はマンションのすぐ裏手を走っています。

横浜戸部06










京浜急行の線路は、ここからこう配を登って、しばらくの間、高架線tなって走り続けるのですが、基本的な構造は線路がここまで延びてきた昭和初期から変わっていないようで、線路の改良をしようにも、抜本的な大改良はできなくなってしまっているようです。線路n両脇には建物が密集してしまっていますし、運転を長期にわたって中断しての工事というわけにもいきません。似たような事例は他にもあるのですが、沿線の都市が著しく発展してしまった現代の鉄道の難しさが、こんなところにもあるようです。

で、ガードの写真を撮っていたら、こんな時に来るなよな、黄色い京浜急行。

横浜戸部07














さらにその先。右手は横浜では老舗に入る「角平(かどへい)蕎麦店」

横浜戸部08



そのすぐ先の線路に、古い階段がつながっている場所があります。解りますでしょうか。奥の側にスロープになっている部分が階段です。

横浜戸部09

実はここが、昭和18年まで使用されていた平沼駅の跡です。ホームに上がることはできませんが、京浜急行でも保存活動を続けていて、昔の姿がとどめられています。帰り道の電車の中から見た平沼駅跡は、このような感じ。

横浜戸部14










 普段、何も気にしにて電車に乗っていると、なんとなく通過してしまうわけですが、少し鉄道の歴史にも興味を持っておくと、電車に乗ることが面白くなってくるものです。それにしても、横浜を出て、数百メートル(ウィキペディアには0.7kmと書かれてありまいた)の距離に駅があったわけですから、昔の電車は現在の路面電車と同じような間隔で、駅が設けられていたということになります。その先には、こんな風景もありました。

横浜戸部11


横浜~戸部間というと、線路の脇までマンションが密集しているというイメージもありましたが、小さな戸建てが密集しているところもあるのですね。電車に道路にと、少し音がにぎやかかもしれませんが、音に慣れてしまえば、案外住みやすいかもしれません。なんといっても、横浜駅まですぐの場所です。その先で、また川を渡ります。
自分が知らなかっただけ、といえばそれまでですが、こんな静かな風景も残っているのですね。

横浜戸部12


その先が戸部駅です。今日の散歩はlここまで。
ガードに駅名と行先案内を書くのも、京浜急行のスタイル。行先に「南房総」と書かれているのが(信号機に隠れてしまっていますが、右端に書かれているのが「南房総」)、京浜急行ファンとしては、「ぐっと来る」ところです。これは久里浜からフェリーに乗って、金谷から南房総に向けるというもの。私の記憶では、昭和中期からこの案内が書かれていました。クルマの台頭で、フェリー経由のこのルートも、昔ほどの神通力は備わっていない感もありますけれど、昔ながらのスタイルにこだわるのも、京浜急行流。そんな気がします。

横浜戸部13


下の写真は、やはり帰りの電車から見た鉄橋の風景。お母さんが乳母車を止めて電車を見ていた鉄橋です。電車の中からだと、ほんの一瞬にしか見えないものですね。でも、窓の外には、小さなドラマがたくさん転がっています。

横浜戸部15











前回に続き、京浜急行の神奈川新町駅から、仲木戸駅に向けて歩きます。とはいっても、わずか1km弱の距離を2回に分けてしまうと、残りはほとんどないのですけどね。(ノ∀`)

神社から少し歩くと公園がありました。ゲートボールを楽しんでいるグループがいます。
新町21
そういえば、最近、ゲートボールって、あまり見ない気がします。ゲートボールのコートだったらしい場所が、雑草だらけになっていたりして。やはり、流行、廃りがあるのかなあ。全盛期は「長島茂雄のゲートボール」なんていう本も出版されていましたけれど。でも、どんな内容だったのだろう?長島茂雄のゲートボール…。

公園の脇にもお寺がありました。本当にお寺の密集地帯。
新町22

公園を振り返ってみると、これはコスモスかな。きれいなものです。もっとじっくり狙えば、案外、面白い鉄道写真が撮れるかもしれない。本当に、遠くまで行かなくても、楽しめるものがあるものですね。
新町23

さらに行くと、線路と道路の小さな立体交差。橋脚がレンガ積みです。それだけでなんだか嬉しくなって、写真を撮ってしまいました。レンガって、人の心を和ませてくれる力があるように感じます。
新町24

その先がもう、今回の終点の仲木戸駅。駅前広場の反対側がJRの東神奈川駅です。最近になって改装されて、高級食品スーパーの成城石井が入居するお洒落なビルになりました。でも、こういうビルに入るテナントって、みなチェーン店ばかりでつまらない。そろそろ何か、反動みたいなムーブメントが起きると良いのですけれどね。消費者の立場としては。
新町25

そんな駅前広場の一角にも、旧・東海道の歴史を紹介する看板が建っていました。これも今回初めて気がつきました。いつも急いで通過するばかりですからね、ここは。
たまには無目的に歩いてみるのも、良いものですね。
新町26


所要で京浜急行の神奈川新町駅の近くまで出かけました。そこでついでに、神奈川新町駅から、先日の散歩の起点にした仲木戸駅までの間を歩いてみることにしました。

新町01
今回のスタート地点の神奈川新町駅です。ホームは島式2面4線ですが、連絡通路は地下道になっています。

新町02
ホームはこんな感じです。車両基地(新町検車区)が隣接していることもあって、特急も止まります。私は、小学校時代は、この駅の近くに住んでいたのですが、特急が止まることを、すごく誇らしく感じていました。

新町03
踏切から、反対側を見るとこんな感じ。遠くに電車が止まっているのが見えますでしょうか。そこが隣の仲木戸駅です。距離にして1キロ弱。すぐ近くなのですね。

新町04
こちらが車両基地の風景。結構、格好よく見えます。車両基地としては狭い方なのですが。

新町05
駅のすぐ脇が国道15号線。箱根駅伝の選手も走る道ですが、まあ、雑然とした都会の道路です。国道15号線は「第一京浜国道」という呼び名もあり、山側に並行して「第二京浜国道」(国道1号線)も走っているのですが、「第一京浜」の方が、トラックも多く、産業の道路というイメージが色濃くなっています。

新町06
国道に沿って、少し歩くと、お寺がありました。明治期には領事館として使う、使わないで揉めたというようなことが案内看板に書かれていました。このあたりはもう、東海道の神奈川宿の一角。江戸の旅人は、このお寺が見えたあたりで、ほっとしたのかもしれませんね。

新町08
山門から境内を覗いた眺めです。きれいなお寺です。鎌倉まで行かなくても、良いところがあるじゃん、なんて思いました。

新町07
そのお寺のすぐ裏手には神社があります。やっぱり、結構な歴史のある神社なのだとか。まあ、神社だからそれも当たり前なのかもしれませんが、お寺や神社が数多く残っているところは、さすがに元・宿場ですね。

新町09
神社の入口です。結構「明度差」の大きな風景なので、実を申せば、フォトショップで調整しまくりの絵なのです。

新町10
神社の中には大楠が立っていました。いいものだと思います。

新町11
きつねです。結構凛々しい。

新町12
振り返ると、鳥居のすぐ向こうを電車が通過していきます。「そこだけは周囲の喧噪が嘘のように静かな一角となっている」なんていう描写がよくありますけれど、さすがに電車が通過すると、騒音だらけです。でも、電車が姿を消すと、本当に静か。大きな木が騒音も吸い取ってくれているような気がします。小鳥の声も聞こえるし。有名神社と違って、観光のコースなどにはならないのでしょうが、自分が住んでいる町の、家の近くにこんな場所があったら良いでしょうね。それもあるからこそ、お寺や神社が遠い昔から、人々の暮らしに欠かせない存在になってきたのでしょう。1000年後はどうなっているのだろう?なんて感じましたけれど。



引き続き、仲木戸駅から神奈川駅に向かって歩きます。このあたりは小さな踏切がたくさんあったりすて、ちょっと迷路に迷いこんだような気分。別に、きれいな鉄道写真が撮影できるポイントがあるわけではなく、だからこそ、今まで無縁の場所でもあったわけですが、とにかく目的を持たずに歩いてみると、何かを見つけたくなるものですね。そんな気持ちになれることも、発見といえば発見です。

nakakido21.jpg
何でもない踏切ですが…

nakakido22.jpg
やがて線路に沿って、緩い坂道を登ります。右下に京浜急行の神奈川駅があり、ちょうど電車が停車中。右手には寺院があり、その裏手の小高い丘の上から、明治の官設鉄道建設時に、埋め立て工事を請け負った高島嘉子右衞門が、工事の様子を監視したとも伝えられています。もっとも、今そこに登ってみても、明治以降に埋め立てられた土地にはビルが建ち並び、海を見つけるのは困難です。

nakakido23.jpg
神奈川駅前には、小さなショップがありました。こんな発見も歩いてみてこそ。だいたい、地元に住んでいても、神奈川駅などで下車することは希ですものね。でも、こんなお店と仲良くなれば、ちょっと嬉しいかも。こんな出会いは大切にしたいものです。

nakakido25.jpg
神奈川駅の脇にある、青木橋の上から、東京方面を見たところです。右が神奈川駅で、駅舎は京都の清水寺を参考にしたデザインなのだとも。ちょっと訥々ではありますけれど、平凡な駅舎で済ませないのは嬉しいところ。やはり旧東海道に面した駅だからなのでしょうか。

nakakido26.jpg
こちらは、青木橋上から、横浜方を見たところ。写真奥の、信号機が並ぶあたりに、官設鉄道が神奈川駅を設けたのだそうです。その後、そのすぐ下り寄りに現在の横浜駅ができたことから、神奈川駅は廃止となりましたが。

青木橋を渡って、今度は線路の北側を、横浜駅方向に向かって歩きます。緩い下り坂が始まった先に、何の変哲もない三叉路があります。
nakakido27.jpg

その先には、緩い登り坂が…
nakakido28.jpg

実はこの坂道こそ、安藤広重が「東海道五十三次」で描いた神奈川宿の、海に面した坂道なのだそうです。つまり、江戸時代は、この場所が波打ち際だったわけで、ずいぶんと埋め立てをしてしまったものですね。広重の神奈川の図は、全編の中でも一二を争うほどきれいではないかと、これは地元民のひいき目ではありますけれど、それほど魅力的なものだと思っています。

今は、この坂道を通り過ぎるだれもが、そのようなことに気づかず、去ってしまうようで、何だか、凄くもったいないことのように感じました。

nakakido29.jpg

ここのところ、いささか部屋に籠もりっぱなしでしたので、新しいネタ探しも兼ねて、日頃は電車に乗って移動してしまう線路の脇を歩いてみることにしました。題して「線路の散歩」。もちろん、軌道内を歩くわけではありません。

さて、その第1回をどこから始めるか?仕事の行き帰りに下車することも多い、JRの東神奈川にしてみました。ここから京浜急行に沿って、横浜まで歩いてみることにします。
naakakido01.jpg

昨年だかに、東神奈川駅に隣接して新しいショッピングビルができ、駅周辺の雰囲気はがらりと変わりました。ビル内に食品スーパーの「成城石井」が入ったりしたおかげで、雰囲気はぐっと都会的に。でも、どこか画一化されたような気もします。

nakakido02.jpg
改札口から続くペデストリアンデッキを渡った反対側には、京浜急行の仲木戸駅があります。この駅も各駅停車が止まるだけの小さな駅だったのですが、最近になって急行が止まるようになり、特に羽田空港に行く時など、重宝しています。自分が利用する駅や路線が便利になるのは、画一的ではあっても、でもやっぱり、凄く嬉しいものです。

nakakido03.jpg
地上に降りて見た京浜急行はこんな感じです。仲木戸駅は高架なのですが、両隣の神奈川、神奈川新町とも地上駅で、どちらにも急な勾配があります。東神奈川の駅前に入るこの道路をクリアーするためのだけに高架にしたのでしょうか?新子安も似たような位置関係なのですけれどね(そちらは踏切です)。高架化は、慧眼とも言えそうだし、運転のネックと言えるのかもしれません。

nakakido04.jpg
京浜急行の線路の海側です。このあたりには、数多くのお寺があり、車内からは墓地が見えるのが印象的な一画です。すぐ脇を走る国道15号線は、ほぼ旧東海道をトレースしていて、このあたりから、現在の横浜駅の山側にかけて、神奈川宿が続いていたので、お寺が多いのも当然のことなのでしょうね。

nakakido05.jpg
意外と高い位置にあるという印象です。

nakakido06.jpg
少し、横浜寄りに歩いたところに、線路をアンダークロスする道路があります。このあたりもJRと京浜急行の線路が接近しています。

nakakido07.jpg
さらに少し歩いたところに「慶運寺」というお寺がありました。住宅街の中にある、なんの変哲もない、小さなお寺という印象ですが…

nakakido08.jpg
ここが旧フランス領事館の跡地でもあるそうです。このお寺の別名は「うらしま寺」。浦島太郎が竜宮城から持ち帰ったと伝えられる観音像が保存されているのだとか。近くにある「浦島小学校」は、私の母校で、中学校に進んだ時は、その名前をずいぶんからかわれたものですが、でも今では悪くない名前だとも思います。

nakakido09.jpg










石碑の台座部分のアップ。亀というよりほ乳類のような顔をしている気もしますが。でも、愛嬌があります。

nakakido10.jpg
脇を流れる川には、個人の住宅に渡るためだけのような、小さな橋も架かっています。

nakakido11.jpg
その反対側。上に見えるのが京浜急行のガード。車内からは見逃してしまいそうな風景です。
今は、失礼ながら、バラック然、どぶ川然とした眺めではありますけれど、でも、この流れがきれいだったら、けっこう風流を楽しめるのではないでしょうか。私は、住んでみたい気がします。

ふだん、電車で通り過ぎるところを歩いてみると、色々な発見に出会えるものですね。


本日は鉄道模型の書籍の制作の打ち合わせで中野へ。ふと思いついて、立川経由で行ってみました。

途中、2~3箇所で途中下車。いやー、風が冷たかった。天気が良かったのはありがたかったけれど、気持ち良く野山に飛び出せるようになるには、まだ少し時間がかかるのかもしれません。それでも、空ではヒバリが鳴いているようでしたけれど。

↓通りかかりにあった神社

f:id:railtravel-navi:20110303114834j:image

多摩川の川原も、とにかく風が冷たかった。それでも、遠くに山が見えたりすると、またあそこに行こうと、気持ちだけは元気になれます。

↓貨物列車の通過

f:id:railtravel-navi:20110303105121j:image


でも……、寒かった。