Facebookの友人が、こんな記事があることを教えてくれました。

つくばエクスプレスで「トラブル・不祥事多発」一体なぜ⁉

 つくばエクスプレスの現状に触れ、事故が起こる可能性があるという指摘です。
結論は間違ってはいません。小さなトラブルが起こっており、将来的に大事故が起こる可能性もあるというものです。
ただ、この結論は、すべての鉄道会社について言えることであり、さらに言えば、航空会社や、バス会社や、タクシー会社についても言えることです。
 記事を読んだ感想は、「それではこの記者は、他の鉄道も取材して、その上でつくばエクスプレスを危険である」と思ったのだろうか?ということです。例えば、最近になって遅延が多く発生していると言われるJRの中央線や、東急田園都市線であるとか、限られた予算の中で文字通り苦闘を続けている銚子電気鉄道などの現場を知り、さまざまな比較を行った上でつくばエクスプレスを取り上げているのか?ということです。
 まず、そのようなことはしていないと思います。たまたま、この記者さんか、編集担当者がつくばエクスプレスを利用していて、テーマに採りあげようと感じたのでしょう。
 記事中には、「利用者が増えたのに職員は数名しか増えていない」であるとか、「ドアセンサー」の問題が挙げられていますが、将来の利用者増は、この鉄道が開業した時から見込まれていたことで、そうなっても対応ができるように、自動化であるとか、バリアフリー化が当初から進められたいたわけです。開業後のつくばエクスプレスにインタビューに行った際に、担当の方は、「当社にはバリアフリーの推進という考え方はありません。なぜならそれは、最初から当たり前のこととと考えているからです」という旨のことを仰っていたことも印象的でした。最初からシステムが整備されていたから、利用客増にも対応できているわけです。
 ドアセンサーの問題は、私は東京急行の方にお話を伺ったことがあります。同社は近年になって遅延が多くなっており、批判の対象となっているようなのですが、それはドアセンサーの作動が一因であり、特に皆が厚着になる冬場が問題なのだとのことでした。そういう比較がなされているなら、「つくばエクスプレスは危ない」という書き方はできないはずです。

 誰のために記事を書くのか。もちろん、利用者のためであるはずですが、それであれば、潜んでいる危険を不正確に指摘してはならない。それは当たり前のことで、結局は、何でもよいから煽りたいという根底の部分が見え隠れするのが、どうにも切ない限りです。聞いた話では、ネット上にニュース記事をアップしているところは、いつもアクセス数を稼ぐことに必死になっているのだとか。媒体が注目されなければ死活問題となるのは書籍でも同様ですが、どうもネット媒体は、その傾向が強すぎ、行動が短絡的に過ぎるように感じらるのですが、どのようなものでしょう?

 自戒も含めて。

念のための追記:現代の駅は自動改札機や監視カメラ、ホームドアなどの普及によって、可能な限りの省力化が進められているのは、皆、ご存知の通りです。そのことによる弊害も認められ(例えば弱者に対する人による案内が少なくなってしまう可能性がある)ますが、それは鉄道会社にとっての共通のテーマでもあります。もし、4名の増員だけでは不十分であるとするのなら、対案を書き、その根拠も記して、初めてその意見は説得力のあるものとなります。根拠なしに数字を持ちだし、利益優先などと記してみても、それが単なる八つ当たりとしか捉えられなかったとしても、仕方ないのかなと感じます。


スポンサーサイト


ここのところ、すっかりブログにご無沙汰してしまっているもので(すみません)、何か書かないと。

 何も書く気が起きないというのは、物を書いている人は皆そうだと思うのですが、忙しい時ではなく、ただひたすら落ち込んでいる時、鬱な時です。もちろん、人間である以上、そのような時は必ず誰にでもあるはずで、そういう時期を短く浅くできる人が、優秀な人間であることの、一つの指標なのかもしれませんが。
 
 最近、そうですね、ここ半年か1年くらいの間のことですが、個人的な変化としては、食が細くなったことが挙げられます。年齢的にも還暦を過ぎ、それは当然のことなのですが、嬉しさも中くらいということでしょうか。昔は簡単に食べられた「○〇と○〇のセット」のような昼食が、平らげるのに苦痛を伴うようになりました。それはたくさん食べなくても済むということで、選択メニューのバリエーションを広げる効果もありはするのですが、やっぱり、つまらないということもある。従って、中くらいということです。

 食が細くなったことを随筆に書いていたのが晩年の池波正太郎で、この人も健啖家でしたから、最晩年の「そんなに食べたら私は死んでしまう」という記事には、読み手としてはがっかりしたのを覚えています。それは書き手としては、ごく自然な心情だったのでしょうが、読み手は、そこには期待ていない。つまり、受けるためには、多少の「外面」もあった方が良いということになるのでしょうか。

 書くことの難しさは、そのようなところにあります。「書き手」としては、これは何も随筆に限らず、評論であるとか、あるいは小説のようなものまで含めて、その時の自分の価値観に司られて言葉を拾いだしてゆくわけですが、その無意識の行為は刻々と変化し続けているわけです。「食が細くなった」というのは、明白に理解できるわけですが、同様の変化は精神面にもあるはずで、そのことによって書くことまで細くなってしまってはいけない。内面的には、そうなっているのでしょうが。

 で、昨今の鉄道のニュースを見ていると、何やら暗いことばかりで、これはマスコミの諸氏が、とにかく「煽ること」ばかりを念頭にして記事を書いていることが生み出している大きな過ちとも捉えてはいるのですが、さてそのようなご時世の中で、自分が書くことをいかににして「細いものにしてしまわないようにするか」が、とても大きな課題であると、そのあたりもなんだか難しい問題だと、私の落ち込みの一つの理由になっているように感じではいます。

 自分が落ち込んでいても、書くものは面白いものにしないと、なのであります。
 やり甲斐はありますが、ひえ~。


IMG_0102_convert_20171019003047.jpg

 今、この記事を書いているのが日付が変わった後のことですから、もう一昨日のこととなるのですが、セリーグのクライマックスシリーズファーストステージの第3戦の試合を見に、横浜スタジアムで行われたパブリックビューイングに出かけてきました。
 これはスタジアムのスコアボードをテレビとして使用し、観客席で見ることができるようにしたもので、入場は無料。後から見た資料では1万2000人が集まったということですから、この季節であれば、ホエールズ時代の試合よりも多いということになります。
 わざわざ出かけたのは、私の家では甲子園の野球中継が見れないことと、最近は頻繁に行われるようになったこの形態での中継が、どれくらいの盛り上がりを見せているのかを知りたいということからでした。

 実際に球場に行ってみますと、盛り上がりぶりは想像どおりでした。スコアボードのテレビから流れる甲子園での応援に合わせて、横浜スタジアムでもファンが声を合わせて応援していました。それはもちろん、甲子園の試合会場には届くはずのないものなのですが、それでもファンが集い、応援することで、ファンが一体感を楽しみたかったということでしょう。なにしろ入場無料なのですから、球団には感謝!です。

 今、ベイスターズは、実にさまざまな仕掛けを続けて、横浜でもプロ野球人気を高め続けています。それは実に手の込んだやり方で、実際に試合を見に行っても、野球を見ているより、コンサート会場、ライブ会場にいるような感覚、充足感を味わうことができます。おかげで、チケットを取るのもひと苦労ということになってしまいましたが、それでも地元の球団が不人気球団と言われるよりは遙かに良い。それに手を替え、品を替えのアミューズメントの戦略には大いに刺激を受け、何とか自分もこのような形で仕事を展開できればと、そんな妄想に陥らされてしまうのです。
 
 球場はいつも満員。すっかり変わった横浜スタジアムの姿を見ていると、楽しいものさえ創り出すことができれば、ファンはちゃんとお金を払って集まってくれるのだということが解ります。さて、すっかり疲弊してしまった感のある、出版界、鉄道界をどうやって行けば良いのか?答えなどすぐに解りはしないのですが、何かとことんやらなければならない。ベイスターズの人気を見ていると、いつもそいう風に、思わされるだけは思わされているところです。





私たちの秋の箱根旅行の2日めの昼食は、いつの頃からか、カレーと決まっています。
ある年は、大人がスペシャルを作り、ある年は子供たちが作ることもある。今年は、市販のルーを使って甘口と辛口の2種類でした。まあ、このパターンがいちばん多い。本当に何の変哲もないものなのですが、カレーの良いところは、ご存知のように、だいたい美味しく食べられるということです。

カレー_convert_20171017000539


もう一つ、この旅行の仲間うちで決められているのは(不文律ですが)、日帰り参加でも良いし、1泊での参加でも良いし、2泊でも良い。滞在中は勝手にどこに出かけても良いし、一日中寝ていても良い。知り合いを誘っても良いし、遅刻しても良いということ。つまり、何でもありです。ということは、お互いにマナーを守るということなのですが、もう40年以上付き合っているわけですから、そのあたりのルールというか、匙加減も解って、とても楽に過ごせる。もちろん、ここに至るまでには時間がかかったわけですが、不思議なことに喧嘩にまではなったことはない。そこはとても幸いなことであったと思います。40年付き合う友達なんて、一生に1回しか作れないでしょうし。

来年は、どうなるのかな?参加できればありがたいし、2泊することができれば、このカレーを食べられる。仕事などで参加できなかったこともありますから、まあ、直前まで解らないのですが、できることなら、またカレーを食べたいものです。残った人生で、あと何回ここでカレーを食べられるかな?まあ、10回くらいかもしれません。

 10月の3連休は箱根で過ごしたわけですが、その往路には、初めて小田急ロマンスカーを使ってみました。これまでは車利用ということが多かったのですが、今回は土曜日の15時過ぎまで、新宿でクラブツーリズムの講師の仕事をしていたものですから、渡りに船という感じで特急電車の利用です。前日に、現地に先に赴いている友人には、「16~16時半の小田急に乗るから」とメールしてあります。

 講義を終え、参加して頂いた方と、少しおしゃべりをしてから小田急の新宿駅へ。駅には15時30分過ぎに到着しました。すぐに発車する特急があったのですが、これは使用車両が「EXE」でしたから、あえて出発を遅らせて、16時10分発の「はこね39号」の切符を取ります。これは50000形「VSE」。もちろん「EXE」も悪くないのですが、小田急「ロマンスカー」には地元であることもあってあまり乗る機会がないものですから、どうせなら最上位クラスの「VSE」に乗ろうという算段です。もちろん、急行に乗っても、到着時間に変わりがあるわけではなく、30分待つくらいなら、さっさと急行に乗ってしまった方が、現地には早く着くわけです。このあたりは、小田急ロマンスカーが今、どうなっているのかを見ておきたいという好奇心のようなものも働いているわけです。

 3連休の初日とはいえ、少し遅い時間ということもあってか、切符は無事取れました。新宿発車時にはほぼ満員です。
 「はこね」の停車駅は、途中、町田と海老名、小田原です。町田を出ると、車内がガラガラになりましたから、新宿から町田までであれば少しの特別料金(特急料金=370円)を払ってでも、ゆったり座って行きたいと考える人がかなりいるということでしょう。

Ok2.jpg
町田を発車した後の車内

 海老名を発車してから、車内販売のコーヒーを購入。250円なりで、新幹線のコーヒーより少し高いのですが、こちらはクッキー付きです。
OK3.jpg

 ワゴンをちょっと見ますと、小田急ロマンスカーの車内販売では、実に他品種の品物の販売が行われていることが解りました。
OK1.jpg
















 きっと、家族連れなどで、箱根に向かうとき、この車内販売でお弁当や、飲み物などを買うのは、すごく楽しいでしょうね。これだけの品数があるのだし、車内販売のワゴンも、頻繁に回ってきてくれます。
 これが「看板列車」に乗ることの楽しさなのだと感じました。「ロマンスカー」は新宿から箱根湯本まで、1時間20分あまりで到着してしまいます。ですから、車内販売をしても、どれだけの売り上げがあるのか。特にこのご時世でもありますから、その額は大きなものとはならないはずです。それでもロスが出るのを承知で、これだけの品数を扱い、車内販売が続けられている。それは小田急という会社が「ロマンスカー」の価値を、とても大切なものと考え、それが落ちてしまうことがないよう、頑張っているのだと、そう感じました。それは鉄道事業者にとって、自らの「商品」の価値を高める大切な仕事なのだと思います。
 もしかしたら、車内販売を止めてしまった方が、経営の効率は上がるのかもしれない。人のマネジメントだって大変ですから。車内に自動販売機を置いて済ませるという考え方もあるでしょう。けれども、そういった減量の連続が、現在の鉄道の、あまりにもビジネスライクな一面を生み出しているのだと思います。だから、鉄道事業者は、そういったことまで勘案して、サービスのスタイルを決定する必要がある。ヨーロッパの鉄道も、決してすべての列車が高い利用率があるわけではないのですが、食堂車などのサービスが現在も続けられている。鉄道にとって、それは当たり前のことであり、だから文化として根付くわけです。もちろん、彼の地の鉄道にしても、明日がどうなるかは解りませんが。

 コーヒーを楽しめたこともあって、箱根湯本にはあっという間に着いてしまったという感覚になりました。もっと乗っていたいのに、もうお終い?という感じです。
 まあ、久しぶりのロマンスカーはとても楽しかったので、今度はロマンスカーに乗るために、新宿から小田原か箱根湯本まで小旅行をしてみたいなと、今はそんなことを考えています。お金もさほどかかるわけではないし、これは是非、実行したいところです。

OK4.jpg
箱根湯本駅ホームにて

OK5.jpg
箱根湯本で折り返しを待つ50000形「VSE」。まだ夜の6時なのですが、この季節はもう真っ暗です。






遅くなりましたが、大井川鐵道10月6日発のプレスリリースです。
今年12月の「きかんしゃトーマス」関連イベントのご案内です。情報量が多いので、少し読みづらいかもしれませんが、じっくりご覧下さい。(一部、当方で文章の割愛・着色などを行っています)

--------------------------------------------------------------

2017年10月6日

きかんしゃトーマス公式イベント Day out with Thomas
大井川鐵道 きかんしゃトーマス号 クリスマス特別運転2017 予約方法のお知らせ

大井川鐵道株式会社(本社 島田市、代表取締役 前田忍)は、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(本社 東京都千代田区、代表取締役 長谷川仁、以下SCP)がマスターライセンスを所有する「きかんしゃトーマス」の公式イベント 『 Day out with Thomas 』 を、2017年12月16日(土)~25日(月)までの計7日間 実施いたします。
クリスマスの特別運転は今年で3回目。例年に続き、クリスマス運転だけの特別な装いをしたトーマスとなかまたちに注目です。

以下、まもなく受付を開始するご乗車の予約方法についてご案内いたします。
(1)クリスマス特別運転の見どころ
☑ 実施期間中は「きかんしゃトーマス号」「ジェームス号」の両便を運転、千頭駅で待つなかまたちに会いに行きます。
☑ 千頭駅ではトーマスフェアを開催。人気キャラクターの「ヒロ」や「パーシー」のほか、遊覧運転で活躍する「ラスティー」、「いじわる貨車」「いたずら貨車」など元気いっぱいのなかまたちにもご注目ください。
☑ 「バスのバーティー」も特別な装いで新金谷⇔千頭を走行します。お楽しみに!
☑ 従業員一同、冬の寒さを吹き飛ばす心温まるおもてなし・サービスを心がけます。ご期待ください。

(2)イベント概要
運転日
2017年12月16日(土)・17日(日)・18日(月)・22日(金)・23日(土・祝)・24日(日)、25日(月)

運転本数
トーマス号 7往復のべ14本
ジェームス号 7往復のべ14本
バスのバーティー 14ツアー
※片道がバスのバーティーもしくはトーマス号に乗車するツアー形式です

運転区間
トーマス号・ジェームス号 新金谷駅(静岡県島田市) ⇔ 千頭駅(静岡県川根本町)
バスのバーティー 新金谷駅前 ⇔ 千頭 音戯の郷前

運転時間
トーマス号 新金谷駅発10時38分 → 千頭駅着11時54分
千頭駅発14時10分 → 新金谷駅着15時27分
ジェームス号
新金谷駅発10時00分 → 千頭駅着11時13分
千頭駅発13時39分 → 新金谷駅着14時53分
バスのバーティー
新金谷駅前発10時20分 → 千頭 音戯の郷前着12時00分
千頭 音戯の郷前発13時40分 → 新金谷駅前着15時30分

乗車料金
トーマス号・ジェームス号 大人1名(片道) 3,000円 小人1名(片道) 1,500円
バスのバーティー(ツアー料金) 大人1名(中学生以上) 7,200円 小人1名(1歳~小学生) 5,700円 乳児1名 500円

新金谷車両整備工場見学
開催日 トーマス号・ジェームス号・バスのバーティーの運転日に準ずる
開催時間 9時~11時30分 (入場受付は11時まで) 15時~17時00分 (入場受付は16時30分まで)
入場料金 小学生以上1名500円 (SL缶バッジ付き)
内容 出発前・帰着後のトーマス号やジェームス号の様子を目の前で見ることのできる貴重なお時間です

千頭駅トーマスフェア
開催日
トーマス号・ジェームス号・バスのバーティーの運転日に準ずる
開催時間 10時~16時
入場料金 小学生以上1名500円
※大井川鐵道の列車以外でお越しのお客様は、駅入場料として別途150円必要です。
内容
■トーマスとなかまたち大集合(ヒロやパーシーたちとの再会)
■トーマス号・ジェームス号の迫力満点の転車作業
■ラスティーの遊覧運転(千頭駅構内 およそ300メートルを走行します ※1回 300円)
■トーマス・パーシー・バーティーのバッテリーカー ※1回 200円

(3)ローソンチケットでの抽選受付について 〈トーマス号・ジェームス号〉
商品名 きかんしゃトーマス号・ジェームス号
料金 (1) 往復乗車チケット 大人1名 6,500円 小人1名3,000円 ※トーマスフェア入場券付 (2) 片道乗車チケット 大人1名 3,000円 小人1名 1,500円
決済方法(1) クレジットカード決済のみ
(2)クレジットカード及び店頭決済
受付期間
(1) 2017年10月10日(火)12時00分~2017年10月16日(月)23時59分 ※最速先行
(2) 2017年11月17日(金)12時00分~2017年11月19日(日)23時59分
申込URL
http://l-tike.com/event/thomas/ ※申込みにはローソンチケットへの無料会員登録が必要
※お一人様一回限り、最大8枚まで申込み可能

(4)バスのバーティーの予約について
運転日 2017年12月16日(土)・17日(日)・18日(月)・22日(金)・23日(土・祝)・24日(日)、25日(月)
運転区間 大井川鐵道 新金谷駅 ⇔ 川根本町千頭・音戯の郷前
乗車定員 Aコース・Bコース 各16名
行程
往路 新金谷駅前発10時20分 → 千頭 音戯の郷前着12時00分
復路 千頭 音戯の郷前発13時40分 → 新金谷駅前着15時30分
販売方法 募集型ツアー
ツアー内容 
Aコース 往路 バスのバーティー 復路 きかんしゃトーマス号
Bコース 往路 きかんしゃトーマス号 復路 バスのバーティー
ツアー代金
大人(中学生以上)1名 7,200円 小人(1歳~小学生)1名 5,700円 乳児1名 500円(座席なし)
※乗車記念グッズ付き
申込方法
大井川鐵道公式ホームページ「申込フォーム」よりお申込みください。
※応募多数の場合は抽選申込となります
受付期間
2017年10月10日(火)12時00分~10月17日(火)12時00分まで

(5)お問合せ先
フレンドツアー バスのバーティーについて
大鉄観光サービス フレンドツアーセンター
TEL: 0547-46-3134 (平日9時~17時30分、土曜9時~16時30分、日・祝休み)
列車運転・工場見学・
トーマスフェアについて
大井川鐵道営業部 SLセンター
TEL: 0547-45-4112 (平日9時~17時) ※休日なし


わが秋のツアーは、還暦過ぎたおっさん達がコテージで雑魚寝するのだが(今年は寝ている間にかけ布団が奪われた奴もいたから、可哀相である)、何を食べているのかというと以下のようなもので、「それってキャンプじゃない。居酒屋」と言われたことがあるのも、無理はないと思う。
 なにしろ、「食料を見つけたら、誰にもことわらず勝手に料理を作って良い」という不文律というか、正確にはそれすらもない無法地帯となるのだが(当然、調理に失敗したら自分で全部食べる)、何年もやっていると、ちゃんとそれなりのものになる、と言うか、観光地で高いお金を出して何やらを食べることが、とても無意味に感じられるようになる。もっとも、ジャンクフードが登場することもありはするから、ロシアンルーレットみたいなものか。慌てて食べると、後からもっと美味しいものが出てくることが常で、作り手も、人を欺くことに楽しみを見出しているのだろう。楽しい関係である。来年も行けるかどうかは、もちろん、解らないけれど。

001_convert_20171010173824.jpg

002_convert_20171010173908.jpg

003_convert_20171010173944.jpg



いつもお世話になっているクラブツーリズムさんで、「日本を旅するように学ぶ」シリーズの中で、私も講座を開催します。10月7日に開催された第1回は告知できませんでしたが(すみません)、引き続き11月18日(土)と、12月9日(土)にも講座を開催します。場所は、新宿アイランドウィングです。御用とお急ぎでない方は、遊びに来て下さい。

-----------------------------------------------------------------------------

ようこそ 奥深い鉄道の世界へ

明治初期に開業し、長い歴史の中でさまざまな形に発展してきた日本の鉄道の魅力を、テーマごとに紹介します。

催行:10名 受付:1名から(11月分は、催行が決定しています)

コース番号 E0504-096
受講料   1500円(各回)
時間    13:30~15:00
開催日   第2回 11月18日(土)話題の観光列車
      第3回 12月9日 (土)身近な鉄道遺産

Scan_20171010.jpg


お申し込み・お問い合わせは 03-5323-6822
(受付時間 月~金 9:15~17:30 土・日・祝は休業)

連休を学生時代の友人と箱根で過ごしました。もう40年も同じイベントが続いているのは、ゆっくり何となく話し合うことに、お互いが価値観を見出しているということの証明なのでしょう。最近は本当に食事もお酒も、昔に比べてずいぶんと量が減ったのですが(とはいえ、まだ凄い量だとは思うけれど)、でも、皆、ちゃんと集まっています。
 私たちの世代は、体力の下り坂と、社会の下り坂がシンクロしていることが辛いのだけれど、じゃあ、その中で何を見つめて生きてゆくのかという問答が楽しい。もちろん、明快な答えなど、なかなか見つかりはせず、禅問答みたいになるのですが。
 ま、そんな楽しみが残されているのが、出世もせず、お金持ちにもなれなかった者だけの、特権なのかもしれません。

P1140449_convert_20171009201547.jpg



1泊2日の取材先から家に帰り着いたら、新刊の「著者献本分」が到着していました。
こちらはイカロス出帆さんの本社納本分なので、書店店頭発売まで、まだ数日の間があります。

 いつも本ができるのはとても嬉しいことなのですが、また、悪口言われるのだろうなあ、などと、今から悲しい気持ちもちょっぴりあります。何しろ、最近の突っ込みは、それはし烈でして…。それでも、自分の仕事に確実な足跡を残せることが、出版という仕事のいちばんの楽しさなのでしょう。学生時代に、初めて「色校」というやつを見て、自分はこの仕事をやりたいと思った、あの時の気持ちは忘れようがありません。
 また、アマゾンから、自分の本のセールスがたくさん来ます。お手柔らかにお願いしたいものです。
 
 書店で見かけられたら、是非、手に取ってご覧下さい。

zannenn_convert_20170930224641.jpg