こちらは、東神奈川駅東方から見た駅の方向です。ずっと昔に白幡踏切という踏切があった場所。今は跨線橋が架けられていて、その上から撮ったものです。
 私が4歳の時に、東京からこの写真を撮った場所の近くに引っ越してきました。だから、すごく懐かしい場所ではあるのですが、最近も同じ区内に住んでいることから、しょっちゅうこの近くを通るようになり、懐かしさみたいなものは消えてしまいました。最初にこの場所で見ていたのは、当然73系電車であり、踏切では、貨物列車もずいぶん見た記憶があります。今はもうここを貨物列車が走ることはありませんから(貨物専用線を走って、東戸塚付近~羽沢~生麦付近というルートを走っています)、今、子供がここに引っ越してきても、家の近くで貨物列車を見ることはできない。それでもまあ、こうやって電車が留置されているのを見ることができ、すぐ隣に京浜急行の新町検車区もありますから、やはりここに住めば、鉄道を好きになるとは思いますが。

26233393_1064174827059170_3427594085995283484_o.jpg
夕暮れの東神奈川駅付近(画像クリックで拡大します)





スポンサーサイト

 こちらは、少し前(といっても2月中ですが)に撮影した横浜・元町の、本通りから1本裏手にある通りの風景。
写真としては、この通りの方が、絵になる題材は多いように感じます。
写真の撮り方って、無限にあるわけですから、元町だけを考えてみても、一生かかっても撮りきれないという考え方だって成立するわけですよね。そう考えてみると、こういう町が、家から比較的近い所にあるのは、恵まれていることだと思います。

20180214元町_convert_20180222224140
雑貨屋さんなど、魅力あるお店が並んでいる一画(画像クリックで拡大します)





 昨日は横浜駅の近くで打合せ兼雑談。終わったらば、そろそろあたりが暗くなり始めていました。記念に1カット撮影。「昔は、このあたりにSLがウヨウヨいたんだよ。全部D51だったけれど」と、心の中でいつもの思い出話をひとくさり。
20180221横浜駅東口01_convert_20180222042211
今は水が流れているあたりは、かつては線路で埋められていた記憶があります(画像クリックで拡大します)。












取材をさせて頂きました「鉄道ファン」の4月号が自宅に届きました。今回は相模鉄道の20000系と、建設中の羽沢横浜国大駅を取材させて頂いております。報道陣の昼食にシウマイ弁当が出たという、あの時です。
 相鉄20000系は、乗り入れ用の通勤車。全体に細かく造り込まれた印象で、相鉄としても、いろいろなテスト的要素を盛り込んでいるのかもしれません。これは遠い将来のことになりますが、この電車の運用距離が伸びた時に、トイレとグリーン車が造られることになるのかにも注目したいところです。
 羽沢横浜国大駅は、一部軌道の敷設が始まっていました。駅舎の一部なども姿を見せはじめており、地元民としては、早く造ってよ~という感じです。駅が営業を始めれば、自宅から自転車でこの駅まで来て、隣の駅が武蔵小杉になるそうですから、東京に向かうメインルートになりそうです。
 今回はちらりとだけ、相鉄20000系のインプレッション記事の中でモデルも務めておりますが、、、おじいさんになったなあ、俺。まあ、年齢相応ということでしょう。いつまでも髪がツヤツヤ黒々では、むしろ気持ち悪いものね。これからはもっと老けることにして、恰好の良いひひ爺さんになろう。

RF201804_convert_20180221071818.png


sotethu20000_convert_20180221071921.jpg


hazawa_convert_20180221072618.jpg







遅くなりましたが、大井川鐡道2月19日発のプレスリリースです。
(一部の文字は当方で位置を変え、あるいは着色してあります)

-----------------------------------------------------------
          プレスリリース  2018年2月19日

3月10日(土)、3月11日(日)はSLフェスタ in 千頭
重連運転・SL大集合など大鉄にどっぷり浸かる2日間 ~ 新商品も続々

大井川鐵道㈱<静岡県島田市>は2018(平成30)年3月10日(土)、3月11日(日)の2日間、千頭駅をメイン会場にみなさまへのご愛顧感謝を示す「SLフェスタ in 千頭」を開催いたします。
3月10日は大井川鐵道の創立記念日<創立:1925年3月10日>。「SLフェスタ in 千頭」は創立時の瑞々しい原点に立ち帰り、来場者お一人お一人に100パーセント以上の満足を、200パーセント越えの楽しさを感じていただけるよう精一杯の真心で実施してまいりたいと思っております。詳細は以下のとおりです。


●SLフェスタ in 千頭 実施概要
実施日
2018(平成30)年3月10日(土)、3月11日(日) 両日とも10時00分~16時00分
メイン会場
大井川鐵道千頭駅(川根本町千頭) 駅入場料金 1名 150円(マイカーでお越しの方)

●イベント内容
タイトル   実施日 実施時間
SL重連運転  3/10  新金谷駅発10時38分  
内容
蒸気機関車を2両連結する重連運転。今回はC10-8とC56-44が共演します

タイトル   実施日 実施時間
SL大集合    3/10  13時45分~14時00分  
内容
ダイヤの隙間をぬってSL3両が横並び。迫力の汽笛吹鳴もあり、谷間にこだまする音々にも耳を傾けてほしい

タイトル    実施日  実施時間
急行奥大井号   3/10   金谷駅発 9時41分  
         3/11   千頭駅発 15時20分  
内容
多客期運転の臨時電車。ヘッドマークを誇らしげに掲げ、観光シーズン到来を宣言します


タイトル   実施日  実施時間
EL単機回送   3/10   千頭駅発 16時00分  
SL単機回送   3/11    千頭駅発 16時00分
内容
撮り鉄のみなさん、シャッターチャンスですよ。ポツンとさみしそうに1両で走ってゆく?違う! 明日への力強い助走なのだ

タイトル    実施日  実施時間
SL運転体験   3/10    14時20分~16時00分  
        3/11   9時30分~12時00分 
             13時00分~15時30分
内容
SLを運転できるかな?大丈夫、ベテラン運転士のサポートがあるから。当日、整理券配布にて受付します(体験料 ひとり8,000円)
      
タイトル         実施日 実施時間
井川線DB機関車転車体験 3/10 10時00分~12時00分             3/11 14時00分~16時00分 
内容
井川線の隠れキャラ、重さ8トンのディーゼル機関車を千頭駅の人力転車台に載せて向きを変えてみましょう。一人じゃ無理っぽいからご一緒になったみなさんで力を合わせて
           
タイトル      実施日   実施時間
お絵かき貨車     3/10・3/11 10時00分~16時00分  
内容
貨車がキャンバス。チョークを使って自分の思いを思いっきり描こうよ

タイトル     実施日    実施時間
井川線機関車展示 3/10・3/11 10時00分~16時00分  
内容
川根両国駅構内で実施。井川線ディーゼル機関車DD100形、DD20形を展示します

・一部のイベントについては入場料金のほかに体験料金、乗車運賃・料金が発生します
・このほかにも千頭駅前広場や音戯の郷会場では各種イベントを実施しています
・千頭駅前広場 軽トラ市、大道芸&ミニコンサート
・音戯の郷会場 立川真司の鉄道ものまね(3/10のみ)、木製鉄道玩具・プラレールプレイランド、赤石太鼓演奏

SLフェスタ in 千頭に関するお問い合わせ先
大井川鐵道㈱ 企画部 (電話 0547-45-3818 平日のみ 9時00分~17時10分)

●SLフェスタに合わせ 辛さの盛り上がるカレーを登場
昨年、グループ会社となった㈱天神屋と大井川鐵道㈱のコラボレーション企画商品
第二弾が登場。
第一弾はSLの黒をテーマにした「SL黒カレー」でしたが、第二弾として井川線アプト式 赤カレーが登場します。

商品名
大井川鐵道×天神屋 井川線アプト式赤カレー
価格
540円(税込)
発売予定日
2018(平成30)年3月10日
特徴
・井川線の車両に多く使われている赤基調のパッケージデザイン
・赤は唐辛子に代表されるような辛さの象徴
・第一弾 黒カレー比 90倍の燃え上がるような辛い味
・辛さ 黒カレー比90倍というのは井川線アプト式鉄道区間の勾配(90パーミル)に由来します。90パーミルは日本の普通鉄道では最も急な勾配です。
・辛いものの苦手な方はお召し上がりをご遠慮ください

●さらにさらに新商品が次々に発売となります

大井川鐵道㈱ 商事部では熱心な大鉄ファンから大鉄ビギナーまで幅広い層のみなさまにお喜びいただけるよう新商品を開発しています。今回のSLフェスタ in 千頭に向けて以下の4商品が新発売となります。


商品名  単価(税込)
SL定規  300円   
商品情報
・長すぎず、短すぎないサイズ(16センチ)
・現在、営業用に使っているSLで最も古いC10-8をデザイン(1930年<昭和5>製造)
・SLは繊細かつ豪快です。細い線から太い線までお持ちの方の思い通りの線をひくことができます

商品名     単価(税込)
SLボールペン  540円  
商品情報
・長さ 13.5センチ、太さ 1.2センチの使いやすいボールペン
・SL定規と相性抜群、セットで使うと事務処理効率化に役立ちます

商品名          単価(税込)
C56-44 トートバック  1,944円  
商品情報
・1936(昭和11)年製造のC56-44をデザイン
・横40センチ、縦39センチ、マチ9センチ、手持ち長さ57センチ、綿素材
・収納力が高く、持ち手を肩にかけてふだん使いに最適
・車両は1点、1点 手刷りプリントで機械では出せない独自の風合いがあります

大井川鐵道㈱ 商事部ではこの先、もと南海電車21000系 ティッシュケースやSLナンバープレート入りカメラストラップなど大井川鐵道ならではという商品開発、販売に取り組んでまいります。この先、続々と登場する新商品にご期待ください

商品に関するお問い合わせ先
大井川鐵道㈱ 商事部 (電話 0547-45-2230 9時00分~17時00分、年中無休)

先日の、ニューグランドホテルの夕景を撮ったあと、もう1枚、中華街の夜景を撮っておりましたら、見事に風邪をひきまして、いやー、その週に締め切りが2本あったから辛かった。風邪を理由に原稿を遅らせるのは、絶対にいやなので、ごほごほいいながら、原稿は書きましたが、そんな時は、治らないものですね。まあ、年齢も年齢だから、仕方ないのだろうけれど。

朝陽門_convert_20180217221715
中華街「朝陽門」の夜景(クリックで拡大します)

こちらが、風邪をひくはめになったいわく付きの1枚ですが、考えてみれば、中華街の門の写真など、地元にいるとなかなか撮らないもので、まあ、本当に良い記念にはなりました。この門も、当然のこと、これまでに何回か改修されているはずですが、こうやってじっくり見てみると、なかなかどうして、悪くないものです。こんな平凡なカットでもコツコツ撮るのも、それはそれで楽しいもの。
そういえば、アジェという写真家は、パリの消えゆく光景をコツコツと撮り、「パリの古い情景はすべて撮った」と公言していたのだとか。その数、8000カット。それも組み立て暗箱というクラシックカメラでの撮影ですから、その手間、仕事量たるや、気が遠くなるほどですが、負けないように、というのはもう無理でも、そういう偉業を成し遂げた先達がいたということは、忘れずにいなければなりません。



本日は、横浜市中区で打合せのついでに、ホテルニューグランドの1階カフェ「THE CAFE」を撮影。しかし、陽が延びてきたお陰で、こんなカットを撮るのに、ずいぶん待たなければならなくなった。寒いし。
 あと3か月すれば、またこの界隈が人で賑わう季節になる。
ニューグランドザカフェ_convert_20180205230055

1月31日に締め切りがあり、没頭しておりました。
2月1日は、ようやく自由にできる時間ができたので、天気は雨だったのですが、横浜・ランドマークタワーの展望フロア―に出かけてみました。「雨の日割引」ということで入場料が3割引。それに展望フロア―内にあるラウンジのワンドリンクが無料サービスになるとのことで、考えようによってはずいぶんお得です。撮影には、やはり、少しディスアドバンテージがあるかもしれません。

左下が「汽車道」、右上は、なぜか照明が点灯していた横浜スタジアムです。

横浜夜景201802_convert_20180204131204

c188_convert_20180129215741.jpg


 このお遍路を始めた初期に見つけて、けれども入れないままでいたお店。その時は店の前にワゴンを出して、カレーおにぎりを売っていました。
 今回、ようやくの入店。カウンターだけの本当に小さなお店で、定員は8人くらい?奥まで入れなかったのでよく解らないままです。
 写真は、何という名前だったかな?中辛のカレーです。豚バラと野菜各種がゴロゴロと入っています。料理の名前を覚える必要はなし。このお店のメニューは「辛口」「中辛」「マグロ丼」の3種類だけですから。それにしても何故マグロ?ロスが増えそうな気がしますが、まあ、楽しいからやっているのでしょう。こういう小さなお店は、楽しさがなくなったら即アウトでありまして、だから、逆に言えば、なんだかの楽しさがあるから、生き残っている。「見よう見まね」などではないのであります。
 付け合わせに福神漬けなどを置いているカレー屋さんは多いのですが、このお店はカウンターの上に、煮物と和え物の大皿がど~んと置かれている。なんだか居酒屋みたい。それから嬉しかったのは、食べている途中で、お店の人がカレーソースをどんどん追加してくれることです。わんこそばならぬ、わんこカレーであります。ワンワン。食べている途中で、熱いカレーソースが追加されるのは嬉しいぞ。ワンワン。
 隣の人のお皿を見たら、ハンバーグが乗っている。そんなのどこにも書いてないじゃんと思って店を出たら、入り口の所に「本日のスペシャル ハンバーグカレー」とありました。これは復讐しなければいけません。本当であれば、こういう「不親切」は腹立たしくなるのですが、今回はむしろ、嬉しくなりました。「よ~し。また来てやるぞ」って。
 それからお店の外のワゴンには、カレーおにぎりの他に、「カレー恵方巻」というのもありました。もう、何でもやって下さい。

昨晩の夕食。チャーハン。これで普通盛りである。30年前は、一週間に1回くらいはここに来て、時には大盛りチャーハンも食べたのだ。
 有楽町に務めていた経験のある人は、きっと知っているだろう「交通飯店」である。交通会館の地下。このビルの上の方の階には「交通大飯店」というのもあって、そちらは立派な中華料理店なのだが、「交通飯店」は地下1階のしがないラーメン屋なのだ。
 でも、ここのチャーハンは美味しいのだぞ。まず、パラパラに美味しく炒めてある。それから、小さく刻んだハムがたくさん入っている。この15人も入れば一杯になってしまう小さな店が、しかし30年以上「持っている」のは、もしかしたら、この刻んだハムのお陰ではないかと、結構本気でそう思っている。毎日、せっせと刻むのかなあ。
 そして私が有楽町に勤めていた時には、まさか、そのチャーハンなどまで写真に撮ることになるなどとは想像もしていなかった。ポジの時代だったしね。それから、その1枚の写真のデータ量が、1枚のフロッピーの何倍も大きなものであることも、想像など、なにもできなかった。だいたい、使っている撮影の道具は、受話器だし。

こうつうはんてん_convert_20180125000443